店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL準決勝 

代わりにお仕事してくれんじゃろかい

兄ちゃん 「バルサvsミランは…」
ボル 「我々の予想に反し、引き分けでした」
「その手があったか、バルサよ」
「でも、良く考えたら、一番ありがちかもしれません」
「そうかもね」
「何か、ラーション出たくさいです」
「ラジオで結果聞いただけだから、何にも分からん」
「兄ちゃん。ボクのご飯の用意を早くして下さい」
「おっ。もうそんな時間か」
「ごーはーんっ!ごーはーんっ!」
「はいはい。後は今晩のスポーツニュースで確認しましょう」
「ごーはーんっ!ごーはーんっ!」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Pump It  by   Black Eyed Peas

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「なんかさ、かっこいいじゃん。トラックもワシの好きな曲『Misirlou』だし」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2 Blog Ranking

5月5日は亀田の日 

寝るのはいいスけど、人の足元じゃなくて、自分のベッドにしてもらえんスかね

兄ちゃん 「けふはよき日におじゃる。麿は満足におじゃる」
ボル 「帝におかれましては、 なにゆえその様にご機嫌うるわしゅうに御座りまするか?」
「君まで付き合わなくよろしい」
「アラ。もう終わり?」
「興毅、大毅にプライドのオープンウェイト。目白押しだった」
「お姉ちゃんは『興味な~い』って、
隣の部屋で『少年ヤンガス』やってました。
お陰でボクはあっちに行ったりこっちに行ったり忙しかった」
「興毅兄ちゃんは、ホント風貌や言動に似合わず、賢いボクシングをする」
「ほほう」
「相手のパンチも良く見えているみたいだし。目がイイんだろうな」
「今日は褒めてますね」
「この一戦で広く蔓延している『人気先行』的なイメージの払拭が出来たとは思えんが、今日は彼の(父ちゃんの)思い描いた通りの試合ではなかったでしょうか」
「相手の役不足感がなんとも…」
「まぁ、でもしゃぁないんじゃないかな。
彼は世界戦まで勝ち続けなきゃいけない運命だから。
左右のストレートも随分と綺麗で上手くなってきてますよ」
「次はタイトルマッチです」
「一発勝負は、あくまで可能性半々なので、
勝つ可能性、負ける可能性どっちも50:50です。
ブン回したラッキーパンチ一発で終わっちゃう事もあるので…」
「はい」
「次戦勝って、防衛を続けていく事が出来れば、
周囲の批判的な声も少なくなるでしょう
ワシは期待しています。ボクシングの将来の為にも…」
「はぁ。今日は長くなりそ」
「何か?」
「いえいえ」
「弟の大毅君ですが…」
「はいはい」
「『はい』は一回でよろしい」
「はい!」
「まだまだ荒削りですね」
「そうですか」
「でも、あのボディーは効きそうだなぁ」
「あれは苦しそうでした」
「最初の一発目のボディーで、もう、効かされてるよ。あれは…」
「『効かされている』?」
「あぁ、ごめんなさい。独特の言い回しです。
意味はニュアンスで感じ取って下さい。"Don't think.Feel!"って事で…」
「何となく分かりました」
「相手選手も試合途中で効いてないふりしてたけど、
選手が効いてないふりしてる時は大体効いている証拠なので…」
「ははは」
「勢いだけじゃなく、もうちょっとテクニックと精神を磨かないと。
メキシコあたりの老獪な選手と当たった時、
上手くいなされそうな危うさがありますね」
「まだ若いので、これからって事ですね」
「そ~ですねっ!」
「『いいとも』かよっ!」
「…。『プライド』ですが」
「はい」
「"TK"良かったよ~」
「あぁ、あの『岩石岩男』みたいな人?」
「なんて失礼な!『世界のTK』ですよっ!」
「失礼しました」
「この試合、この大会に賭けた想い。観てて涙が出てきた」
「ロートルファンの…」
「やかましいっ!」
「は~い」
「藤田の逆転勝利も劇的でした」
「あれはボクもびっくりでした」
「諦めなければあんな事もあるんだなぁ」
「あれも一種ラッキーパンチですか?」
「ん~。その判断は正しくもあり間違いでもあるなぁ。
もうトンプソンは、あの時点でスタミナ切れてたからね
必然が導いた偶然って感じかなぁ」
「ん~。分かった様な分からない様な」
「あと、洋介山は、これからも総合やるんなら、
一辺ボクシング捨てて総合のトレーニングしなきゃ駄目だなぁ」
「折角やってきたボクシング捨てるのはもったいないですね」
「いやいや。何年もトレーニングしてきて体に染み付いたものは、
そう簡単に体が忘れちゃくれませんて。
あの体格だし、完成したら強くなりそうですよ。
年齢的な事もあるし、あまり悠長に構えてはいられませんが…」
「は~、疲れた。今日はこの辺で勘弁しちゃぁ頂けませんか?」
「えっ。まだまだ語り足りないんですが…」
「もう、おわりっ!閉店ガラガラァ!」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Enae Volare Mezzo  by   Era

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「『ロシアン・ラストエンペラー』エメリヤーエンコ・ヒョードルの入場曲です」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2 Blog Ranking

イングランドvsパラグアイ 

ボルin兄ちゃんのTシャツ

兄ちゃん 「昨日の『イングランドvsパラグアイ戦』の、
だらしの無い試合内容に憤懣やるかたない思いの兄ちゃんです」
ボル 「まぁ、予選ですから…」
「それにしても何アレ。
前半の早いうちに点が入っちゃったもんだから、
その後気合が入らずミスばっかりのイングランド…」
「でも、倉内君がディフェンスで、
制空権を牛耳っていました。
FWなのに…」
「倉内君でかいね。
試合前オーエンと並んでたトコが映ってたけど、
オーエンが子供に見えた」
「対するパラグアイは?」
「あんだけイングランドがミスしてくれているのに、
一点も決められないパラグアイはもっとダメだ」
「大沢親分から『喝』を頂きそうです」
「目立ってたのは、
ガットゥーゾを髣髴とさせる風貌のパレデスだけだ」
「どこにでも顔出してましたね」
「『オイオイ、このパレデスっての、一体何人いんの?』って思った」
「ルーニーがいないとダメなんですかね」
「チラベルトがいないとダメなんですかね」
「チラもういないから…」
「光陰矢の如し」
「ところで今日は、
兄ちゃんの好きなオレンジ軍団の試合があるのでは?」
「お姉ちゃんが、もう寝てしまっていて、
見られませんでした…」
「それは残念。
あ。今、試合結果見たら、オランダ勝ったくさいです」
「そいつぁ良かった。
トータルサッカーの幻想を追い求めるワシは、
ジャパンの次にオランイエを応援致します」
「今更『トータルサッカー』もないと思いますが…」
「まぁ、ジジイのたわ言だ。許せ」
「さぁ、明日は日本の初戦です。
オージービーフに勝てるでしょうか?」
「『勝つに決まってんでしょー!』」
「松木…」
「あの人程、心強い解説者はいません。
ポジティブすぎる…」
「ポジティブ、重要ですよ」
「その通りだ、ボル君。
サッカー好きな人は当然の事、興味の無い人も、
明日の22時、ドイツの方角に"念"を送って下さい。
さすれば道は開かれん」
「それにしても今日は、
日曜日だというのに忙しかったですね」
「入院前にやる事山積み…。疲れた…」
「また、体調を壊さない様にして下さいね」
「確約は出来ません…」
「して下さいね!」
「…。善処致します…」
「さて、今日は寝ますか」
「そう致しますか」
「おやすみなさい。zzz…」
「早っ!皆様、おやすみなさい。良い夢を…」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
My Girl  by   Tenptations

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「今日、CD聴いてて『♪マイガ~ル♪』の所が、
『♪マイゴ~ル♪』に聞えたので…。そんな理由かよ!」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2 Blog Ranking

いよいよ… 

今日は画像ナシです(by ボル)

兄ちゃん 「さて、今更ではありますが、
開幕致しましたワールドカップ。
夜の更新は無理なので、忙しい中、昼更新」
ボル 「本日は日本vsオーストレィリアでございます」
「勝って欲しいね。っつーか、勝つでしょう!」
「そうですね。そう願いたいです」
「でも、実はクロアチアよりもオーストラリアの方が、
手強いとワシは踏んでるんだよね」
「それはなぜ?」
「日本て、単純な攻撃を繰り返しやってくる相手は、
苦手だったりするんだよね。」
「ビドゥカに合わせて来るって事ですか?」
「なんでもかんでもビドゥカビドゥカじゃぁないけど、
最後はソコに合わせて来るっていう印象があるんだよね。
過去の試合を見る限り…」
「勝てるでしょうか?」
「それでも勝つしかないんですよ。
『初戦は大事』うんぬんは抜きに、
同日クロアチアはブラジルと当たっているわけですから…。
二戦目を精神的優位な状態で戦えるアドバンテージは計り知れません」
「がんばれ日本!
ところで兄ちゃん的に注目は他にありますか?」
「オランイエ」
「オランダですね。
兄ちゃんオランダ好きですねぇ」
「前にも書きましたが、『トータルサッカー』の、
完成形を見てみたいのです。
最近のオランダは、『そんな事忘れたよ~ん』な感じですが…」
「後は?」
「スウェーデン」
「どして?」
「ラーションが好きだから」
「それだけ?」
「それだけ!」
「他に注目ないですか?」
「ブラジル」
「あぁ、今大会は『ロナウジーニョの大会』って、
言われてますからねぇ。」
「ワシの注目はそこじゃぁないのよ」
「というと、昔から好きなロベカルですか?」
「違う」
「女の子のアイドル、カカ?」
「何が悲しゅうて、
ワシよりイケメンを応援せにゃぁならんのだ?」
「じゃぁ、何ですか?」
「スタンド」
「スタンド?
マジシャンズ・レッドとか、シルバー・チャリオッツとか?」
「ちっがーう。客席」
「あぁ、そっち。また、なんで?」
「ブラジルのサポーターの女の子達、テレビで観た事ない?
いいでしょ、アレ」
「出た。スケベオヤジ」
「オヤジはスケベなもんなんです!」
「全国のオヤジの反感買いますよ」
「いんや。口では紳士気取っても、
オヤジの80%はスケベで出来ています」
「そんな、バファリンでも50%なのに…」
「という訳で、ワシは日本vsブラジルが、今から楽しみです」
「勝手にして下さい」
P.S
兄ちゃん 「ところで、明日から入院のワシ。
更新は携帯からになりそうです。ノート直らんかった…」
ボル 「残念」
「という訳で、記事は短めでワシの独り語り。
コメ返し及び、皆様のブログに訪問してのコメントは、
出来るかどうか微妙です」
「ボクのファンのカワイコちゃん達、ごめんね」
「でも、携帯から皆様の所には、
お伺いさせて頂く所存でおります」
「兄ちゃんを見捨てないでね」
「そんな冷たい人達じゃぁないですよ。
…ないですよね?」
「だれに言ってんですか?
これからもボクと兄ちゃんを宜しくお願い致します」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Passion  by   Nick Wood

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「言わずと知れた、
キリンビバレッジ日本代表応援キャンペーンのテーマソング。
乗せられてるみたいで悔しいけど、
こういうの聞くと、やっぱ上がるよね」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2 Blog Ranking
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。