店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

So What. 


兄ちゃん
「いつの間にか、コメントのタイトルがおかしくなっている件。
テンプレのHTMLを見直してみたけど、どこがおかしいのか発見出来ません。
記事のタイトルの取得って<%topentry_title>で良いんだよなぁ…。
どっか変更した訳じゃぁないのに表示がおかしくなるのは不可解だ…。
あ、兄ちゃんです。」
ボル
「そんな事、ココで話してても何の解決にもなりません。
然るべき所に聞くのが一番早いかと…。
あ、ボルです。」

「東京は今日も雨。そしてすっかり寒くなって参りやした。
皆さん、お風邪など召してませんでしょうか?」

「ここの所、ホントに寒くなりました。
ボクはまるまるになって寝てます。」

「君は毛皮を羽織っている様なもんだから、
寒さなんて大した事ないだろうに…。」

「夏は暑く、冬は寒く…。これも結構厄介なもんなのです。」

「( ´_ゝ`)フーン。そんなもんかね。
ま、そんな話は兎も角…。
最近、昔読んでいた本を、時間のある時に改めて読んでおりまして、
以前抱いていた印象と又違う感じがするワシの受け取り方の違いが、
『実に面白い』。」

「湯川教授かっ!
んで、今は何読んでるんですか?」

「『白痴』。ドストエフスキーの。」

「あらまた随分と高尚な…。」

「これがさ、よしゃぁ良いのに上下巻一辺に図書館で借りてきたもんだから、
期限までに読み終わりゃぁしない。上巻読んだ所でタイムアップ。
返却期限です。」

「あらま…。」

「次は何を借りようか思案中。
まともに行けば下巻を借りたい所だが、
続け様に『下巻を又借りたいんですが…』とは、流石に言い辛い。
そっちはほとぼりが冷めた頃改めて読む事にする。
『カラマーゾフの兄弟』にするか、『罪と罰』にするか…。
はたまた、ニーチェ、キルケゴール、カフカ、サルトルか…。」

「ユング、カントも良いですな。」

「ふ~む。本の世界は奥が深い…。
じっくり考える事に致しましょう。」

「お勧めの本があれば、コメント欄にご一報を…。」

「それでは今日はこの辺で…。」

「また、お会い致しましょう。」



今日の一曲


by


ボル
「して、その心は?」
兄ちゃん
「今日の記事の内容。
興味の無い人にとってはまさに『それがどうした』って事で、
マイルス・デイビスの『So What』(笑)
ただ、今日ピックアップしたいのはマイルスではなく、
ベースのポール・チェンバース。
この曲、何かとマイルスとサックスのジョン・コルトレーンが脚光を浴びますが、
既にバンドを脱退していたにも拘らず、
このアルバムの為だけに呼び戻されたピアノのビル・エヴァンスと、
ベースのポール・チェンバースによるオープニングが全ての様な気がします。
当時、コレを聴いた人達に、
次世代のジャズ『モード』の時代を予感させるオープニングだったでしょう。
管楽器出身者らしいメロディアスなベースラインが、本来の彼の真骨頂。
以降、『モード』や『フリ-・ジャズ』とは一線を画したチェンバースですが、
後に『ベース・オン・トップ』と言う傑作アルバムを世に出す事になります。
ワシの愛聴盤の一つです。

この時代のジャズミュージシャン達には色々な逸話があり、
この小さなスペースではとても紹介しきれません。
彼もそんな時代のミュージシャンらしく、
酒を飲み、そして麻薬の常習者だった様です。

アーティストが"クスリ"に溺れる…。
『生みの苦しみ』を知る者の端くれとしては、
何となく気持ちが分かる様な気がします…。」

「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

スポンサーサイト
そういえば、読書なんて最近してないな・・・
寝てるか、遊んでるかの毎日かも?

遊びもほどほどにしなくては・・・

フットサルもお見せできるほど上手くないのです!
元気だけはあるけどね!!

では、お仕事がんばってね~
[ 2008/09/30 20:39 ] [ 書き直したいの ]
【カラマーゾフの兄弟】は有名ですよね~。
でも、そんな事言ったら
ドストエフスキー自体が有名か(汗)

最近、音楽&映画好きな上司が
かなりの【貸したがり屋さん】で
DVDやビデオを大量に持ってくるんです。
一応、共働きの主婦としては
そこまで時間に自由はないわけで・・・
有難いですが苦しいです凹
映画も名作な古いヤツよりは
新しい駄作を漁るほうが好きなので
微妙な展開に。
音楽、特に洋楽にいたっては
新しいものは勿論
古いものも、まったく興味がないので
名前1つ覚えられんです。

しかし、先日
モータウン25周年だか
なんだかのビデオを見ていたら
ツボにハマる曲と出会いました~。
カントリー系で、男性が歌っているやつなんですが
アルコール依存症の歌なんです。

・・・何が言いたいのか
解らんくなったので、ではでは退散。

[ 2008/10/03 17:41 ] [ 書き直したいの ]
その辺りなら、一般的には人気がないようなので(^^;…Book Offとかで105円で売ってたりしますよ。
勿論図書館ならタダですが、時間制約がありますもんねぇ。
[ 2008/10/10 05:33 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。