店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十二歳 


兄ちゃん
「前の記事が7月8日投稿と言う事は、2ヶ月以上経ってしまっております。
ども、ご無沙汰です。」
ボル
「相変わらず、そこいら中にシッコをしています。ボルです。
お久し振りです。」

「もういい加減更新しないと、ワシ自身ここの存在を忘れそうなのと、
今日、約一名のリアルな知り合いに、このブログの存在をお話したので、
体裁を整える為に、
新規の記事を書いてみようと思って筆を取りまして御座います。」

「いつまでも『スポンサー広告』じゃ、カッコ悪いしね。」

「さて、昨日の24日、お姉ちゃんのお誕生日でした。
昼の仕事が終わってから二人で銀座をブラブラ、おデートをしてきました。」

「『銀ブラ』ですね。」

「何をする訳でもなくても、銀座は良いですね。
好きな街なので、歩いているだけで楽しいです。華やかだし…。
お姉ちゃんは、色々買い込んでましたけどね。
ま、お誕生日って事で良しとしましょう。」

「何をプレゼントしたんですか?」

「それは、内緒。」

「なんだそりゃ。」

「まぁ、時間があればお話したい所ですが、
残念ながら今日はここまで。」

「短っ!」

「以前の様に、じっくり長編の記事を書きたいねぇ。
ま、その内その内…。」

「と言う事らしいので、今日はこの辺でお開きです。」

「Y下さん。読んで頂けたら、コメントよろしく。(笑)」

「では皆さん、次の記事でお会い致しましょう。
さいなら~。」



今日の一曲


by


ボル
「して、その心は?」
兄ちゃん
「昨日、締めに行ったカラオケで歌ってきました。(笑)
ビデオの最後に本人からのメッセージが入っていてビックリしました。
『歌って頂き有難う御座います』と…。
彼の詩にしては珍しく『応援ソング』になっています。"彼なりの"ですが…。
例によってファンク全開のイントロ、ワシの様な好きな人間にはたまりません。
彼の声質と日本のレコーディング事情もあって、
歌が始まると、なかなかファンクには聞こえ辛いですが…。
昔の曲の様な、男のドロドロしたずるい部分を赤裸々に歌った歌詞を、
又書いて欲しいなぁ、とワシは思っておりますが如何でしょう。」

「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

スポンサーサイト
なんだい、なんだい!
私だって兄ちゃんの更新を
首長くして待っていたのに
Y下さんの為には書けて
私のためには記事書いてくれねぇ~のぉ?(泣)

お元気なようで。
お仕事の方はいかがですか?
順調っすか~??

お姉ちゃん、お誕生日おめでとうございますv-254
銀ブラかぁ。
渋カッコイイなぁ。
誕生日プレゼントが気になります。
[ 2008/09/25 13:16 ] [ 書き直したいの ]
>姐さん
兄「コメント早っ!(驚)」
ボ「早速の書き込みありがとです。」
兄「いや、ほら…、姐さんの為に記事なんか書いたら、
  ハマジ氏が焼きもち焼くでしょ。
  ワシの姐さんへの愛は届いていないのかしら…。(笑)」

ボ「女性は言葉にして欲しいものだって言うじゃない。」

兄「まぁ、そこそこ元気ですよ。
  仕事はどっちも中途半端な感じで、
  決して"順調"とは言えませんがね。」


ボ「ボクもプレゼントの中身が気になります。」
兄「内緒。」
ボ「ケチ。」

兄「銀座、良いよ。
  ビラー号で和光の前に乗り付けてお買い物なんて、
  格好イイじゃない。」

ボ「和光は只今外装工事中です。」
兄「そうだった…。失敬。

  『コメントタイトル』へんちくりんだね。
  後で時間があったら、テンプレ直しておきます。」
[ 2008/09/26 06:51 ] [ 書き直したいの ]
兄ちゃんお久しぶりですぅヽ('▽`)ノ

お元気そうでよかったよかった、ボル君。。
あ~んど兄ちゃん(* ̄m ̄)プッ

家のぽーさんもマーキング王でとっても
困ってますよ。自己主張が激しいんですかね~。
殿様ですからね~~~、家のは。

ブラブラをラブラブと一瞬読んだ私は・・・。
ま、そっちでもオッケー☆⌒d(´∀`)ノですよね。
姉ちゃんの誕生日のプレゼント、私も気になるなぁ。

[ 2008/09/26 13:52 ] [ 書き直したいの ]
兄ちゃん、コメントありがとう!!
とっても嬉しいです。。

ブログかっこいいですね!
アタイのは、ちっと派手なもんで・・・
懲りずにまた見てちょうだいよ!

アタイも兄ちゃんのブログ拝見させてもらうね。
ボルにもよろぴくね!

では、またね~。
[ 2008/09/26 23:11 ] [ 書き直したいの ]
>habikoさん
兄「ども。ご無沙汰です。
  何やらお忙しいご様子。」

ボ「いつのまにやら、ご家族も増えた様で…。
  可愛いスなぁ…。
  マーキングチャンピオンの座は、
  譲りませんぞ。」

兄「いや、それはあっさり譲って良いから…。
  ブラブラしていても、
  ラブラブかどうか怪しい所です。」

ボ「そして…、」
兄「プレゼントは秘密です。(笑)」


>やっちゃんさん
ボ「はじめまして。」
兄「ようこそ、お出で下さいました。
  確かに(年甲斐も無く 失礼)派手でビックリしましたが、
  キャラに合ってるわ。」

ボ「ボク達もちょいちょい伺わせて頂きます。」
兄「やっちゃんも遊びに遊びに(笑)忙しい身。
  時間のある時に又来て下さいな。」

ボ「今後とも宜しゅうに。」
[ 2008/10/18 08:18 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。