店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役に立たない人。略して"役人" 


兄ちゃん 「今、忙しいのか暇なのか、自分でも良く判らない状態。
どちらにしても、こうして更新が頻繁なのは、多少余裕があるんだろうな。」
ボル 「一月は、10回も更新しちゃいましたね。」
「一月、暇だったからなぁ…。
仕事の依頼が少ないってだけで、
空いた時間は次への仕込をしてるんで、
金にはならんが、体は空いていないと言う、
何とも形容し難い状態です。今。」
「その動きが無駄骨にならない様に…。」
「キツイね。言う事が…。

そんな中、あるニュースの中に気になる箇所があったんで、
ココに記して置こうと思います。」
「はい。」
「アメリカ牛のBSEの時は、早々に報道を止めたくせに、
今回の毒入りギョーザは随分とマスコミもしつこいなぁ…とか、
この件で、報道ステーションの姿勢が叩かれてるなぁ…とか、
そう言う事も気にはなるけど、今日は年金記録の転記ミスの話。」
「あぁ、外国人アルバイトが転記ミスをしたって、アレですね。」
「何度叩かれても丸投げ気質の変わっていないアホ役人がしでかした事。
呆れこそすれ、今更驚きもしませんが、
ワシが気になったのはこの部分。」


『社保庁は中国人アルバイトの派遣にかかった費用は、
 支払わない方向で検討している』

「ほぉほぉ…。」
「ミスをしたから支払わない。一見、普通の事の様にも思える。
が、ワシらの業界でこれを当てはめてみると…。

・ワシが下請けの業者に、ある工事を依頼する。
・指示したものと違う物が出来上がっている。
 若しくは、指示したレベルに達しない物が出来上がっている。
・ワシは、指示通り出来ていないのだから、
 支払はしないよ。と通告する。

これは、何と言う法律の第何条だったか失念致しましたが、
確か法律違反だったと思います。
調べるの面倒なんで、記憶で話してますけど…。(笑)」
「ははは…。」
「要は、監督する立場の人間は、作業にミスが無い様にキチンと目を配り、
ミスが判った時点で、修正を指示しなければいけない。と言う事。
今回のミスの発覚は、作業開始から10日が経過していたとの事。
とてもキチンと監督をしていたとは言い難い。
ワシの立場なら、
『テメェ、毎日見にも来ねぇくせに、
 終わってからゴチャゴチャ言うんじゃねぇよ』と、
逆に突き上げをくらってもおかしくない所。」
「なるほど…。」
「『監督する』ってぇのは、ミスが無い様に指示し、
ミスの前兆を見逃さ無い様、目を配り、
ミスがあれば、速やかに修正をさせる。
そして、納品先の希望通りのモノを納品する。
そう言う仕事だと思っています。他にも、細かい事は諸々ありますが…。
そうして幾ばくかのお金を頂いて、おマンマを喰っている。」
「ふむふむ…。」
「今回の事で、実際に作業に携わったのは、人材派遣会社のアルバイト。
確かに派遣会社に何の落ち度も無かったとは言えないかもしれない。
業務内容が、日本国民の個人情報に関わる事。
外国人アルバイトにさせて良い内容だとは思えない。
何らかの処置があってもおかしくはない。
しかし、作業を監督していたのは、社保庁の役人だったのではないのか?」
「そうですね。」
「ワシに言わせれば、とても監督業務を遂行していたとは言えない。
その程度で給料をもらえるのだから、楽な仕事である。
どうせ丸投げするんであれば、帳簿の納品まで民間に委託した方が、
よっぽどキチンとしたモノが上がってきそうだ。」
「それは言えそうです。」
「そんな役に立たないくせに"役人"と呼ばれる連中の、
今回の担当だった人間にも、
『指示通り出来ていないのだから、支払はしないよ』とは、
ワシら納税者は言えないのである。」

P.S

兄ちゃん 「雪だぁ!」
超雪だぁ…
ボル 「2月3日 AM10:00現在。東京地方。
先日の降雪が比較にならない位、"超"雪です。」
「テンション上がるぜぃ。ヒャッホー!」
「(((((( > x <))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク」
「ぬぁっはっはっはっはー。軟弱者め。」
「ひ、ひ、ヒーター、ヒーター。
あったか~い。(*´∀`*)ポワワン」
「雪合戦するぜっ。一緒に来いっ!」
「ちょ…、待っ…。あ~れ~…。」


今日の一曲
Kill the King  by  Rainbow

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「泣く子も黙る。レインボーの『キル・ザ・キング』です。
ハードロック好きにはたまらん。と言うか、バイブルと言うか、定番と言うか…。
何度聞いてもカッコ良すぎる。全てにおいて、スゴイ。
もうカッコ良いとしか、他に言いようが無い。
ロニーのヴォーカル、リッチー・ブラックモアの神がかったギター、
ラストのコージー・パウエルの三連符(六連符?)なんか、
今聴いても鳥肌が立つ。
今放送されている、
テレビ東京の『世界卓球2008』のCMのBGMでも使われています。
そのCMの影響か、急に聴きたくなって今日の一曲にしました。
今回の動画、ちょっと画質も音も悪いですが、
ドロシーの声→『虹の彼方に』(Over the Rainbow)の一節
→イントロと言う流れが聞ける動画がこれしか見つからなかったんで、
不本意ながらリンク致しました。
上記致しました件(くだり)は入ってませんが、
こちらの動画の方はレコード音源の様なので、
幾分音質が良いみたいです。
リッチー・ブラックモアの人間技とは思えない早弾きと、
コージー・パウエルの全盛期の狂った様なドラミングが聴きたい人は、
こっちが良いかも…。
レインボー、ディープ・パープル、リッチー・ブラックモア。
ご存知の無い方は、近くのロック好きに聞いてみて下さい。
目を輝かせて、『もういいっ』って言うまで、話してくれると思います。(笑)」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
『派遣費用は払わない方向』の話、今知りました。
ってか、そもそもがおかしいですよねぇ。
派遣費用って、
出来上がった物に対して支払うのではなく
その労働力に対して支払うものなのでは?
教師の不祥事が起こると
『会社勤めの経験が無いから問題を解決できないんだ』なんて事を
言う人も居ますが。
役人こそ、まさにコレですよ。
年金にしてもそう。窓口業務にしてもそう。制度制定にしてもそう。
一般的な社会経験があれば、こんな事にはならないんじゃないかなぁ…
役所内でどんなにマニュアル化しようが、どんなにOJTで教え込もうが
所詮、【井の中の蛙】的な気がしますけどね。
もう、やになっちゃうよ(;´Д`)
雪が降ったら、外に出てハシャグ。
これも常識ですよ(*゚▽゚)
[ 2008/02/05 10:31 ] [ 書き直したいの ]
>179幸太郎さん
兄「サイトのデザインが、
  どう見ても男向けの様な気がするんだがね。
  っつーか、申告はした方が良いよ。
  後で、追徴取られると大変だからね。」

ボ「ソコですか、突っ込むのは…。」
兄「いいなぁ、儲かって…。」
ボ「ははは。」
[ 2008/02/04 11:18 ] [ 書き直したいの ]
雪で仕事に影響ありませんでした?
路面が凍結していますので
事故にはお気をつけ下さいね~。
昔は
「一族みんな公務員」とか
「親戚に公務員がいて」みたいな
ちょっとした自慢ネタで婆様達が話すような時代でしたが
もはや今はそんなの通じないですからね~。
公務員も税金払ってるんで
「俺は税金払ってるんだぞ!誰の金で飯食ってんだ」
と公務員に怒鳴るオッサンもたまにいますが
まぁ、そんな話の程度ではなく
これはもう、役人試験を超難関にするとかでもなく
きちんとした教育。みたいのが必要なのでしょうか?
ん~、でも上には上がいるわけで
いくら役人が情熱持って仕事をしたくても
上司に「そこまでやらなくても、適当でいいよ」
なんて言われたら、勝手に1人で動けないですしね凹
だからと言って、何かあるたびに
「はい、トップの私が責任取って辞職します」
で済む問題でもないわけで。
結局のところ「くされ縁」と同じ原理で
どんなけ今更修正してキレイに見せたところで
根っこが腐っていれば、もう無理なんでしょう。
いっそ、根絶やしにしてしまえば良いのでしょうが
そんな勇気のあるお方が、心強い味方を作り
この世に出てくるのか・・・疑問です(汗)
あ、あんまし関係ねぇ~話ですが
ある公務員の友人に
「このまま頑張れば、最後はそこのトップになれるね!」
と言ったら、彼は残念そうに
「俺達は現場を知り尽くして、どんなけ頑張っても
中間止まり。トップっつーのは、ある日突然
現場経験のないエリートさんがきて就くものだから」
と言っていました。
なんじゃそりゃ。お勉強ができるのと
仕事ができるのは別だろ~が。と思った記憶があります・・・
[ 2008/02/04 15:44 ] [ 書き直したいの ]
ふ~ε- ( ̄、 ̄A)
どもどもw
役に立たない役人ですか・・・。これまたウマイ事いうなぁーw
ついこないだ、国保関係の手続きをしに市役所に行った時に
あまりにもふてぶてしい態度の公務員さんに対応され、
ブチ切れて別の人に代わってもらったばかりなんですよねー(笑)
これだけ役所関係での不正とか出てきてるんだから、もう少し民間を見習ってもらいたいものです。
しかし、『社保庁は中国人アルバイトの派遣にかかった費用は、
 支払わない方向で検討している』ってのは、納得いかないですねー。
派遣社員というのは社員の上司の指示の元、働いてるわけで。
責任はやはり上司が取るべきものではないかと。
それが嫌なら、ちゃんと監督するか、業務に付かせる前に派遣会社にクレームをつけるなりしないと、上司の役人さんは何してたんだ?って話になるわけで。
ミスが発覚したから、それをアルバイト君の責任にするなんざ、民間では考えられないっす・・・。
まぁー派遣元がグッ○○ィルだったら、ざらにありえる話ですからねー。
雪は降ってるうちはいいけれど、凍ってしまうと恐ろしいものですねー。税金取るなら、もっと住みやすい日本にして欲しいものです。。。
[ 2008/02/05 05:59 ] [ 書き直したいの ]
>姐さん
兄「又今日も、雪降ってまっせ。姐さん。」
ボ「今年は良く降りますね。」
兄「役所の今の腐り具合の根源は、
  国家公務員のⅠ種、Ⅱ種、Ⅲ種とある採用試験にあると、
  個人的には思っています。
  地方がそれに習うのは、自然な流れだと思うので…。」

ボ「なるほど…。」
兄「話し出すと、
  記事になってしまう程長くなるんで、
  手短に私見を述べると、
  制度の施行当時は、
  国家の中枢に知識の豊富な人間を採用すると言う意味において、
  非常に有効な手段だったでしょう。
  しかし、もう今はそれでは多様性に対処出来ない。
  実際に出来ていない。
  しかも、視野が狭い、自分の周りしか見えない、
  所謂"引きこもり"と同じ状態の役人を
  生み出しているに過ぎない訳です。」

ボ「有能な人材を集める為の制度が、
  返って無能な人間を集めてしまっている。と…。」

兄「まぁ、早く言えばそう言う事。」
ボ「姐さんの仰る所の『腐れ縁』も、
  関係ありそうですね。」

兄「『朱に交われば紅くなる』っつって、
  周りがそうだと、自分で立てない人間は、
  段々と毒されていってしまうんですよ。
  んで、最後は何が成すべき事なのか、
  判らなくなってしまう。
  判らなくなっている事自体に気が付かない。
  もう、どうしようもないです。」

ボ「姐さんのお友達の話も、
  上で兄ちゃんが言ってた話と符合しますね。」

兄「『井の中の蛙』、『お山の大将』の上司。
  モチベーションの維持が出来ない環境の部下。
  これでは、組織が良くなろうはずがない。」

>♪ワンチさん
兄「ワシの様な、階層の下の方の人間が何を言っても、
  彼等には届かないでしょうし、
  仮に届いた所で『そうは言ってもさぁ』と、
  自分の無能っぷりの責任を他所に求めてみたり、
  『ふんっ。下々の者が、何を言っている』と、
  取り合わなかったりでしょうから、
  ココで幾ら吼えてみても、
  ワシのマスターベーションにしか過ぎないんですけどね。」

ボ「そんな卑下する事も…。」
兄「この件で、新聞やニュースブログ等見て廻っても、
  あんまり大元の部分に触れている所が少なかったんで、
  ♪ワンチさんへのコメレスをお借りして言いますが、
  大体、てめぇ達の怠慢が引き起こした不祥事の始末をするのに、
  ワシらの金使って、人雇ってんじゃねぇよ。と…。
  自分達だけで始末つけろ。と…。
  もっと言えば、不眠不休で転記なり何なりやって、
  倒れる人間が出たら、その人数分バイトなりを雇えば良いだろう。と…。」

ボ「過激ですね。」
兄「今回の件は、国民全体がその位思っているでしょう。
  あえて記事には書きませんでしたが、
  どうにも腑に落ちないんで、
  ココをお借り致しました。♪ワンチさんごめんなさいね。」

ボ「民間を見習おうと言う気は無いでしょうね。
  なんたって彼等は『エリート』ですから…。」

兄「真の賢者とは、
  愚行に学ぶものだとワシは思うがね。」

>tomocofさん
ボ「仰る様に『派遣費用』は、
  労働力に対して支払われる物。
  その結果、又は製品については、別の問題です。
  出来上がった帳簿に不備があったから支払わない、
  と言うのであれば、
  転記された帳簿の納品までを請け負う契約にしなければ、
  筋が違うと思います。」

兄「今回の様な事が許されるのであれば、
  ワシだって支払を拒否したいケースは、
  山ほどありますよ。(笑)」

ボ「井の中の蛙的な感じ。判ります。」
兄「民間と役所の大きな違いの一つが、
  『仕事のクオリティ』だと思います。
  民間だと、サービスにしろ製造にしろ、
  要求以上の満足を与えて当たり前。
  それが出来なければ、次の仕事には結びつきません。
  ライバルに出し抜かれます。
  早く言えば、言われた事だけやっているだけでは、
  商売は先細って行ってしまう訳です。
  ですが、お役所は『親方日の丸』と言われる様に、
  潰れる事が無いんです。
  言われた事だけやっていても、安泰・安心。
  それでもやっていれば未だ良い方。
  一昔前までは、まともに仕事していなくても、
  どこからもお咎めが無かった訳ですから、
  腐るのも必然だったのでしょうね。」

ボ「しかも、
  それにホントの意味で気付いていない人間が未だにいる。」

兄「『世も末』なんて言葉でもまだ軽い。
  それが今の状況だと思います。」

ボ「でも、雪が降ったら外に出てハシャグのは、
  ボクは出来れば遠慮したいです。」

兄「腰抜けめ!」
[ 2008/02/08 21:19 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。