店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐだぐだ日記 


兄ちゃん 「サンタクロースも一仕事終えてホッと一息、
芋焼酎でもかっくらっているであろう今日この頃。
皆さん、如何お過ごし?」
ボル 「クリスマスが終わって、
今年も今日を入れて後五日です。」
「サンタさんは、
皆さんにどんなプレゼントをくれたのでしょうか?」
「ウチは?」
「いやぁ~。
ウチはねぇ、リアルな話、
年末にある予定の入金が無いと、
カツカツの状態なので、
プレゼントは、それ以降になります。」
「ボクの誕生日はどうなるんですか?」
「入金が間に合えば、何か買ってやるよ。」
「サンタさん、芋焼酎飲んでないで、
ウチにも来て下さい。今からでも…。」
「ははは…。
さて、今年は後何回位更新出来ますかね。
年末ってのは、何だかんだボチボチ慌しいんで、
出来て、後一回位でしょうかね。」
「人間って、大変ですね。」
「まぁね。
振り返ると、何とか今年もやってきたなぁ。と…。
と言うか、良くやってこれたなぁ。と…。
昨年末からヘヴィな事続きで、どうなるかと思いましたけどね。
今年ほど、
周りに助けられていると実感した年は無かったんじゃないでしょうか。」
「そう言えば、随分やつれた様な…。」
「お陰様で痩せましてね。
ズボンが、どれもこれもベルトをしないと、
歩いている内にずり落ちてくる始末。
ローライズなんてもんじゃ無く、
放っとくと、下まで落っこっちゃう。
良いんだか悪いんだか…。」
「労せずに痩せたんなら良しとしましょう。」
「ダイエットの"労"はしてないけど、
"心労"は、ハンパじゃなかったけどね。
過去形で話してはいますが、
未だ進行中の問題も多々あり、
"過ぎた"と言うよりも、
"状況に慣れた"と言った方が近いかな。
"感覚が麻痺した"とも言うかもね。」
「ははは…。」
「人間の防衛本能ってスゴイもんで、
どんな苦境でも、長期に亘ると慣れちゃうのね。」
「そんなもんですかね。」
「ワシはね。そんな感じ。
まぁ、んな話は兎も角。
クリスマスのパーチー達も無事終わりました。
面倒臭くて、まだ飾り付けは片付けて無いですが…。」
「恐らく、今の調子だと年明けまでこのままではないかと…。」
「流石、鋭いね。
多分、三が日過ぎるまではこのままだな。ははは…。」
「笑い事じゃぁないですけどね。
大掃除は、どうするんですか?」
「(∩゚д゚)アーアーきこえなーい。」
「…。(呆)」
「夜中に小人さんがやっておいてくれないかなぁ…。」
「このご時勢、小人さんもタダじゃぁやってくれないでしょう。」
「世知辛いなぁ…。
しょーがない。やりたかないが、やりましょうか。」
「ボクも手伝いますよ。」
「…来年末までには。」
「なんじゃそりゃ…。」



今日の一曲
誰より好きなのに  by  古内東子

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「意外に思われるかと思いますが、
女の子の恋愛の心の揺れ動く様を歌った歌が好きだったりします。
特に古内東子はキますね。
中でもこの『誰より好きなのに』は、大好きな曲です。
コラそこっ!笑わない!
ワシは男の子なんで、女心の恋模様など分かるはずも無く、
この手の曲を聴いて、女心を勉強しようとか考えている訳でもないですが、
聴くタイミングによっては、ホロッと涙が流れたりして…。
コラそこっ!笑わない!」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
兄ちゃん
今年はなんだかんだと
けっこう忙しかったみたいで
更新回数が少なかったような。
淋しい思いを随分しましたよ~(泣)
兄ちゃんほどではないのでしょうが
私も人生で何度かマジでヤバイ状況に
陥って底辺を見たような
油汗が出るような事になった経験が
昔にありますが
そんな時でも人間って
腹も減るし、眠くもなる。
そんな時ほど笑える事もできたりと
「けっこうタフだなぁ」なんて
他人事のように思えてしまったり。
それを何度か繰返すうちに
「今はこんな状況でも
なんとか生きていける自分」を知ってるから
だからこそ前を見て歩くわけで。
何言ってるか解らなくなってきたけど
私なりの兄ちゃんへの励ましです。
言葉足らずでスミマセン凹
今年もお疲れ様でした。
こんなアホをご親切に
仲良くして頂いて感謝しています。
来年もよろしくお願いします☆
[ 2007/12/28 17:21 ] [ 書き直したいの ]
>姐さん
兄「いやいや、こんなぐだぐだな記事にまで、
  コメント有難う御座います。」

ボ「ありがとうございます。」
兄「姐さんが、遊びに来てくれてコメントくれるってだけで、
  充分ワシらにとって禿げ増し…、いや励ましになってるんですよ。
  確かに仰る通りで、
  生きていればどんなに凹んでいても、
  腹は減るし、眠くもなるんですよね。
  そこで、変に"生"を再確認したりして…。(笑)
  ま、でも、そう簡単に潰れてもいられないんで、
  周りの期待を糧に、前に向かって行きますわ。
  倒れる時は前へ、ってね。
  姐さんのお言葉、しっかり受け取りました。
  ありがとです。」

ボ「今年一年、ありがとうございました。」
兄「来年もお付き合い宜しくねん♪」
[ 2007/12/31 00:16 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。