店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斜め読み可 


兄ちゃん 「次期首相はすんなりローゼン閣下となるのでしょうか?
今日届いた官邸のメールマガジンに、
安倍首相の辞意の弁が認められていました。
こういうトピックは、事前にスクープとして配信してくれないと、
メルマガ配信に登録している意味がありません。」
ボル 「それは出来ないでしょう。」
「ローゼン閣下が就任の暁には、どんなメルマガになるんでしょうか。
『まんだらけ』や、『とらのあな』と見紛う程、漫画の話題が豊富であれば、
読者も増えるのではなかろうか。
などと、不謹慎にも考えてしまいます。」
「今まで読んでた読者が離れるのでは?」
「ワシは、読みたいけどね。(笑)

さて今日は、半分"自分語り"みたいなモンです。
御用とお急ぎの無い方いらっしゃれば、斜め読みして頂いて、
読んだ端からメモリーを消去して頂いて結構です。
そんな、どうでもいい話を…。」
「投げやりな…。」
「このブログに登場する"兄ちゃん"こと、ワシは、
皆さんに、どんな人物として映っているんでしょうかね。」
「オッサンで、ボウズで、愛犬家で、愛煙家で、恐妻家。」
「散々だな。間違っちゃぁいないけど…。

人間、社会に出れば、多かれ少なかれ、
自分以外の"役"を演じているのだと思います。
それは、海山商事の営業部長かもしれませんし、
クラブ愛の渚ちゃんかもしれません。
外では、元々の子煩悩を過剰に演出している人もいるかもしれません。
『カミさんが怖くてさ』なんて言いながら、
家では奥さんにめちゃめちゃ優しい旦那さんもいるでしょう。」
「はい。」
「誰でも"公の自分"と、"私(わたくし)の自分"を、
意識無意識に関わらず、使い分けているのだと思います。」
「なるほど…。」
「さて、ワシは今年の春頃、とある社に本厄の厄払いに行きました。
そこは、夫婦で営んでいる所だったのですが、
なかなかに霊験灼かであると知人から聞き、
この度、初めて伺った所でした。」
「はい。」
「一通り厄払いが終わり、社務所に戻って雑談をしている中で、
神主さんに、度々『赦しなさい』と言われました。
この方、そう言った力のある方であると、
前出の知人から聞いてはいましたが、
思い当たる節があり、ちょっと驚きました。
ただ、奥さんの方が、話した感じ、その手の力が強そうでしたけど…。」
「『赦しなさい』ね…。」
「話は変わって、一ヶ月ほど前、
歯に痛みを感じて行きつけの歯科医院に行ってきました。
昨年、歯性上顎洞炎を見つけてくれた歯科医院です。
同じ様な痛み方が、前回とは反対側に出てきたので、
『まさか、逆側もか?』と、ちょっと心配になり、
普段あんまり行かない歯科医院に自ら赴いた訳です。」
「そんな大げさな…。」
「ま、結果は上顎洞炎では無かったのですが、
歯痛の原因が、奥歯を食いしばり過ぎる事だとの話。
セロハンの様な物を奥歯で噛んで、顎を左右に動かす。
『キュッキュッ』と音がしたのですが、
通常は音がしないか、してもワシほど大きな音ではないそうで、
奥歯を食いしばる癖のある人だけなのだそうです。」
「あらら…。」
「『夜、寝ている時、奥歯を食いしばってませんか?』と言われましたが、
ワシ、寝ている時は口を開けないと寝られないので、
どうも食いしばっているのは起きている間の様です。
思い当たる節、と言うか、そこまで酷いとは自覚してませんでしたが、
気が付くと奥歯を強く食いしばっている事があります。
普段から、相当何かを我慢しているか、
『もう少し、もう少し…』とばかりに、踏ん張っているのでしょうか。
そんなに猛烈に頑張っている自覚も無いんですがね。」
「歯は大事ですからね。ちゃんとケアして下さいね。」
「了解。

ブログでは、おちゃらけキャラを前面に出していますが、
これも何かの"役"を演じている事になるのかな?と、
今日、ある人とのやり取りの中でそう感じたのでした。」
「ボクも、外と内とではキャラが違います。」
「全く、君の内弁慶っぷりにも困ったもんだ。
こないだも病院で耳の毛を処理してもらってる間、
尻尾を、これ以上無い位足の間に引っ込めてビビッってたっけ…。
家でやる時は『ウゥ~ウゥ~』唸って威嚇しているくせに…。」
「てへ…。」
「スグにワシにやっつけられるんだから、
いい加減に大人しくなってもらいたいもんだ。」
「そのやりとりも楽しめるくらい、兄ちゃんにも大人になって頂きたい。」
「『ああ言えば、上祐』…。
その減らず口に効く薬は無いもんか…。」
「ははは…。」
「そろそろお時間だ。
今日は、この辺で…。」
「また、次回…。
最後までご清聴ありがとうございました。」



今日の一曲
It's a Shame  by  The Spinners

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「スピナーズの『イッツ・ア・シェイム』です。
日本では、なぜか評価のあまり高くないグループです。
モータウン時代のファンが、
アトランティックに移籍後、離れていった事に起因しているのでしょうか?
この曲は、スティービー・ワンダー作曲の、
モータウン時代最大のヒット曲ですが、
実は、アトランティック移籍後の方が売れています。
I'll be Around』や『Mighty Love』の方が耳覚えがあるでしょうか?
モータウン時代を押す人は多いですが、
ワシは、アトランティック時代も捨て難いと思います。
モータウン時代は、随分不遇だった様ですが…。
好きなグループの一つですね。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
ブログでのイメージ。
兄ちゃんが陽だとしたら、ボル君は兄ちゃんの影。
掛け合いが絶妙です。
冷静沈着なイメージあります。
何処か 悟りを開いてる。
色々な様々な経験と人様を見てきてる。
だから優しさがある。
いつも何かしら考えている。
そんなイメージを勝手に持ってます。
実際は分からないです。(当たり前)
兄ちゃんが おちゃらけを前面に出してくれてるお陰でコメントさせて頂けますよ。
写真も へのへのもへじ(笑)
[ 2007/09/15 00:48 ] [ 書き直したいの ]
安部さんの突然の辞任には驚きましたが、お人よし過ぎる?安部さんにはそもそも総理という大役にはむいていなかったように思います。
タイミングが毎回遅すぎるのは決断力がかけているのか、優柔不断なのか、あー見えて意地っ張りなのか・・・。
とはいえ、体を壊してしまった安部さんに少々同情してしまう。。。
兄ちゃんの印象は、いろんな面で場数を踏んできている人だな!
って印象♪
頭の回転もムッチャ早いと思う!
絶対に偉そうに語らない兄ちゃんはたくさんのいろんな分野の人達と接してきて、何しろいい事にしろ悪い事にしろ、辛い事にしろ・・・人生経験豊富な人だと思う!
私も家キャラと外キャラと違う~(笑
でも、いずれにせよリアルでは自分を出すのが苦手だったり(v;
[ 2007/09/14 13:32 ] [ 書き直したいの ]
辞任した人はまぁもういいけど
その次が気になります。
どうせ同じような感じで
何かしら繰返されるのでしょうが・・・
『赦しなさい』かぁ~。
なんか私もそう言われそうだなぁ凹
でも、そのお寺の方の真意が私には解らないのですが
どんな意味だったんでしょうかね?
やっぱり何か見えたんでしょうか。
人間、生きかたが顔に出ると言いますが
歯にも出るって言いますよね?
兄ちゃんは奥歯を噛締めるほど頑張ってるのか~。
いや、正確には踏ん張ってるのかな??
自分で自分を演じるというのは
ヘソ曲がってとらえると
「そんなの嘘だ」とか「まやかしだ」とか
「ありのままでいる事こそ美しい」みたいに
言う人もいるかもしれないけど
ある程度少なからず、演じてこそ
自分と言うものを確立しバランスが取れると思います。
「素直に」「自然体に」というのは
良い事だけど、人間が自然体になれば欲望もありますから。
やはりそこにストッパーをかけるのは
社会的な自分を演じている自分のプライドとかでしょうし。
兄ちゃんの全体的なイメージとしては
芸能人でいうとキム兄みたいな感じかな。
賢くて冷静で優しいけど、怒ったら超怖い。みたいな。
でも、心底にダークな部分があるかも。
というよりあって欲しいと願っています。
人間、闇の部分って必ずありますが、その闇すらも
兄ちゃんの場合は清々しい気がするので(笑)
[ 2007/09/14 15:34 ] [ 書き直したいの ]
兄ちゃんのイメージ・・・
繊細でナィーブ。自己犠牲あり。お人好し。世の中に矛盾を感じるが社会にとけ込もうと一生懸命。
人が好きで動物が好き。好きだからこそ寂しさも強く感じるから人を愛することができる。
頭の回転が速い~\(o⌒∇⌒o)/
まだまだ色々感じているけど書ききれなくなってしまうからこの辺で~。
私は安倍さんは引き吊り下ろされたって思ってます。
政権維持の為に自民党の老中達がよってたかって若い青年にイジワルしたと見てます(笑)私は安倍さん好きだったので。
とにかく民主の小●だ!!あの魔界人め~!!政界のアクの根元だ!大元だ!何もか手を引いている。
もっと話したいけど今からちょいと行くところがあるのでダーリンにせかされました(笑)ダーリンはせっかちなんですよね。
私はのんびりやです(^○^)
政治問題を語りたい!!
朝は鮮やかな場所との関係が心配になりますね~。
福田さんが有力だそうですね。
家も官邸マガジン配信してもらっております。
もし・・迷惑な文章があったら言ってね~。直すからね(^○^)
[ 2007/09/14 16:35 ] [ 書き直したいの ]
どもです。こにゃにゃちわかめです。
あたりめで前歯の欠けたまゆです。
今日もボル兄様、食いしばっておりますでしょうか?
なんだかわたくしめのブログに、コメントが書き込めないざますの。
だもんでこちらにコメント返しをと。
 >>ギザカワユスですぞ!!
 あっ! ガムって手もあったかー。
 悩んだ結果、満員になり次第、撤去予定でごわす。
新しい記事アップするのも一苦労な感じで
すんなりあっちの世界に行ってくんないです。
どーしたんだか。
[ 2007/09/19 13:29 ] [ 書き直したいの ]
兄ちゃんのイメージ…そうですねぇ“漢”という感じかなぁ。
強さと賢さと優しさを兼ね備えているという。
奥歯をものすごく噛み締めているというのは、その時々に踏ん張っていたり、我慢だったり、悔しさだったりするのでしょうか。歯を噛み締めるほど必死なんだよね。
もちろん社会や仕事の上で見せる顔と、家庭や一人の時とは違うのだろうけど、自分に嘘はつけない人なんだろうなと思います。
そういうところが「赦しなさい」ってことにも繋がってくるのかしら…。
私が女だったら惚れちゃうかも~。気持ち悪い? すみません。。。
スピナーズの『イッツ・ア・シェイム』懐かしす♪
[ 2007/09/20 17:22 ] [ 書き直したいの ]
>キューピット1号さん
兄「確かにアノ辞任会見は驚きましたね。
  内輪を知らない人間にとっては、
  あまりに突然でしたから…。」

ボ「確かに、
  一国の総理には向いてなかったのかも知れません。」

兄「思い起こせば、安倍氏擁立の際、
  自民党の古参議員が『安倍君はまだ早い』と言っていた事が、
  奇しくも証明された形になってしまいました。」

ボ「まぁ、それでもその人達の支持も得て、
  総理になった訳ですから、
  『あの時、私はこう言った』は、通用しないでしょう。」

兄「ワシの事褒めても、何にも出ないですよ。」
ボ「叩けばホコリは出ますけどね。」
兄「うるせぇ!
  歳も歳なんで、相手が小学生位までなら、
  何かしらのアドバイスは出来ると思いますが、
  ワシなんざぁ、まだまだです。」

ボ「殊勝な…。」
兄「例えば家庭内でも、
  "妻"や"夫"を演じる場面ってあると思います。
  『仮面夫婦』とか言う事じゃぁなくて…。
  本当の自分なんて、
  自分でも良く分かってないかも知れません。」

>姐さん
兄「辞めた人は、もうイイですか。(笑)
  姐さんらしい…。
  政治の様に多くの人が関わる事柄は、
  劇的に変化はしにくいものです。
  とは言え、同じ事の繰り返しでは進歩はありません。
  そうならない様、注視と皮膚感覚を曇らせない努力を、
  怠らない様にしようと思います。」

ボ「そうですよ。
  姐さんも『赦しなさい』です。」

兄「偉そうに…。
  これのちょっと前にワシとっては看過出来ない事がありましてね。
  それにタイヤがハマって、
  前へ進み辛くなってた事は確かなんですよ。
  言われてスグに『んじゃぁ、赦します』なんてぇのは無理なんで、
  取りあえずこのままでは進めないから、
  それを中心に据えるのをやめて、
  こっちにどいてもらおうかなぁ…、と。」

ボ「人間、スグには感情は変えられませんからね。」
兄「神主さんに何が見えていたのかは判りません。
  人それぞれ赦せない事はあるでしょうから、
  これを言っておけば皆が納得する言葉かもしれません。
  しかし、言われた人間の取り様で薬にも毒にもなるんで、
  取りあえず"薬"にしておこうかな、と…。」

ボ「気の持ち様ですね。」
兄「知らず知らずの内に、
  歯を食いしばっている様です。
  自覚は多少あったんですが…。」

ボ「歯は大事ですよ。
  特に兄ちゃんは、歯痛になったら、
  何にも手につかないんだから…。」

兄「はいはい…。
  歯を食いしばって踏ん張ってないと、
  立ってる事も、最近は侭ならないですからね。
  楽隠居するまで、
  奥歯には頑張ってもらわないと…。」

ボ「人間も大変だ。」
兄「『演じる』に関しては姐さんの言う通りでね、
  誰でも何かしら演じてると思います。
  会社の入社式で、社長の訓示が長かったとしても、
  新入社員が『話長げぇぞ!ハゲ』とは、
  思ってても言わないでしょう。そう言う事です。
  『自分に正直』な事と、『演じる』事とは、
  相容れない関係ではないのだと思います。」

ボ「兄ちゃんは、キム兄ですか。」
兄「ボウズと料理好きは、似てるかもね。
  カミさんは、若くないけど…。」

ボ「兄ちゃん!」
兄「ははは。失敬失敬。
  誰でもダークな(言い換えれば"汚い")部分は持っていて、
  若い頃はそれで悩み、
  歳をとるに従って、出したり引っ込めたりのやり方を、
  憶えて行くんだと思います。
  適材適所であるかどうかは別にして…。(笑)」

ボ「姐さんの目に映る兄ちゃんは、
  随分と高評価ですね。」

兄「有難い話です。
  "清々しい闇"かぁ…。精進精進。」

>shisutaさん
ボ「shisutaさん、
  『だらしない』が抜けてます。」

兄「後、『おっぱい星人』も…。」
ボ「自分で貶めてどうする。
  shisutaさんからも、
  何やら良さげな評価ですね。」

兄「これがリアルなら、モテモテだな。」
ボ「"好人物"が"モテ"とは限らんでしょ。」
兄「だねぇ…。ダメ男ほど良くモテるもんなぁ。」
ボ「"ダメ男"ではあるんですがねぇ…。」
兄「"モテダメ男"と、"ダメダメ男"がいるって事かぁ。
  落ち込むから、モテの話は終わりにしよ。」

ボ「安倍さんねぇ…。
  まだ器じゃぁ無かったのでしょうね。
  言い換えれば『時期尚早』とでも言いましょうか。
  何故に、あんなに焦っていたのか。
  後で詳らかにはなるでしょうが…。」

兄「shisutaさん、安倍さん好きだったのね。
  ワシも世間が言うほど、ダメな人物だったとは思ってませんよ。
  ただ時期も悪かったし、ツキも無かったですね。」

ボ「捲土重来。
  まだ若いですから、
  時機を見て返り咲きもあるかもしれませんね。」

兄「shisutaさん、よっぽど●沢氏嫌いなのね。
  shisutaさんには、何か見えているのかも知れませんが、
  ワシは、彼の様な人物も、
  過渡期とも言える今の日本には、
  必要なんだろうと考えています。
  表舞台に立つ人間と、裏で絵を描く人間。
  光があれば陰もあるのかな、と…。
  人間、役割があるので、
  裏の人間は表には出て来れないし、
  表の人間には、裏の仕事は出来ないもんです。」

ボ「彼自身が良い人間か悪い人間かは別にして、
  彼がいなければ民主党は、とうの昔に解体していただろうし、
  民主党が無ければ、
  長妻氏の年金問題の追及も無かったかもしれません。」

兄「善人も悪人も、
  何かに乞われて存在しているのだと思います。」

ボ「折角のshisutaさんとの語らいの時間を、
  せっかちなダーリンですね!(笑)」

兄「今日、この時点で、自民党総裁は、
  福田氏が当選しています。
  福田氏は、Morningbright方面だけでなく、
  中国方面にも顔の利く人。
  ただ、そちらばかりに顔を向けるのではなく、
  国内問題にも、何かしらのアクションを、
  早々に起してもらいたいと思います。」

ボ「官邸メルマガ。
  こないだ内閣広報室から『ご愛読ありがと』メールが届きました。
  福ちゃんも、メルマガ発行してくれるのかなぁ。」

兄「ウチのブログは基本的になんでもアリの、
  アルティメットスタイルなので、
  迷惑な文章など存在しません。(笑)
  同調の意見に自信を深め、反対の意見に耳を傾け、
  宣伝や冷やかし、誘導のコメントは晒し者にして遊ぶ。
  その様なスタンスでおりますので、
  気兼ねなく、書き込んで頂ければと思います。」

>maichanさん
兄「陽と陰、光と影、Yin & Yanですな。」
ボ「最後のは何?」
兄「『イン・アンド・ヤン』っつって、
  むか~し、デザイナーズブランド華やかなりし頃、
  人気のあった洋服のブランドの名前。」

ボ「知らん。」
兄「今の若い人は知らないだろうなぁ…。」
ボ「maichanさんの目にも、好人物に映っている様な…。」
兄「事実だからね。致し方あるまい。」
ボ「全く、殊勝だと思ったら図に乗ったり…。
  忙しい人だ。」

兄「なはははは…。
  maichanさんの思っておられる様な人間に少しでも近づける様、
  精進致したいと思います。
  無駄に歳を重ねては来てるんで、
  引き出しは、幾分maichanさんより多いのかな、と…。
  それが、
  その様な有難い印象を持って頂いている要因かな、
  と、思ってます。」

ボ「大した人間じゃぁないですよ。」
兄「君が言うな!」
>まゆさん
兄「今日も気付けば、食いしばっておりました。」
ボ「するめで前歯が欠けるって、どんだけ~。(笑)」
兄「いつ頃、ご実家から帰られるのかしら…。
  まゆさんがいない間に、
  ちゃーこが我侭に育てられてやしないか心配だわ。」

ボ「ちゃーこパパ、アマアマなんでしょ?」
兄「わざわざこちらにコメレス。ありがとです。
  ガムもあるけど、やっぱりまゆ様には、
  するめがぴったりだわ。」

ボ「どういう意味?(笑)」
兄「想像するのも気持ち悪いけど、
  満員になると、仲間の背中を渡って、
  無事通り抜ける輩がいそうじゃの。」

ボ「とっとと、捨てて下さい。ガクガクブルブル…。」
兄「今は、もう投稿出来るみたいですね。
  良かった良かった。」

ボ「折角書いた記事が消えちゃったりしたら、
  落ち込み具合は半端じゃないので、
  是非、一度下書きしてからの投稿をお勧め致します。」

>NOBさん
兄「だからNOBさんも、良い事書いても何にも出ないって。(笑)」
ボ「叩けばホコリが…。」
兄「同じ台詞を二度使うな。
  奥歯、噛み締めてますねぇ。気が付くと…。
  本人も意識していない所で、
  意外と必死なのかも知れません。
  本人が意識していない分、
  周りも必死に生きている事に気が付いてくれないんで、
  これはこれで損なのかも知れません。(笑)」

ボ「全然、そんな風には見えません。」
兄「お姉ちゃんにも良く言われるよ。
  のんべんだらりと生きていられるほど、
  世の中は甘くはない様です。(泣)」

ボ「自分を誤魔化すのは、
  楽な様で、実は辛い事ですからねぇ。」

兄「『赦しなさい』は、地味~に効きましたねぇ…。
  思わず…。」

ボ「思わず?」
兄「いや、何でもない…。」
ボ「なんじゃそりゃ。」
兄「『今日の一曲』で紹介する曲は、
  フッと降ってきたフレーズから、
  『次はコレにしよ』って憶えていた物を選んでいるので、
  前後の脈略も関係ないし、本文とも関係ない事がほとんどで、
  見て頂いている方々には『???』って感じでしょうね。
  唯一の共通点は、ワシが聴いてきたって事だけなんで…。」

ボ「いかにミーハーに節操無く聴いてきたのかが、
  これでバレますね。」

兄「うるへぇ。」
[ 2007/09/24 22:46 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。