店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の真ん中でいたいじゃないか 


兄ちゃん 「ここんトコの睡眠不足で、
今日は、ぼけらぁ~っとしてます。兄ちゃんです。」
ボル 「『ぼけらぁ~』っとしてるのは、
いつもの事です。」
「たまに、ピッとする事もあるさ。」
「たま~~に、ね。」
「たま~~に、ね。(凹
そんなぼけらぁ~っとした頭に浮かんだ事を、
今日はつらつらとお話致しましょうか。」
「お願いいたします。」
「ここ4~5日、
アクセスカウンターの数字が急に増えてるんですよ。」
「ほぉほぉ…。」
「こないだもお話致しましたが、
4月にブログ開設一周年を迎えましてね…、」
「はい。」
「普段、そんなに気に止めて無いんですが、
そん時、何気なくアクセスカウンターの数字を見た訳です。」
「はい。」
「5000ちょっと切る位。
4千9百幾つって感じだったかな?
先日まで、5000そこそこのアクセス数だったんですけど、
この4~5日で、もう200越えてるんですよ。」
「へぇ~。」
「開設一周年で5000行かなかったのが、
5日位で200は、このへんちくりんなブログにとっては、
ほとんど快挙です。」
「ですねぇ…。」
「記憶が朧げですが、
確かカウンター設置の時、同一IPでの同日のアクセスは、
何度アクセスがあっても、
1回しかカウントされない様に設定してたと思うんですよ。」
「はいはい。」
「記憶違いだったらごめんなさい。
…って事は、お馴染みさんは元より、
お初の方がお見えになっているという事。
何かあったのでしょうか?
検索で来られる方は、ここんトコ確かに多かったですけど、
最近の記事のワードで検索されているようでもなさそう…。
『造顔マッサージ』とか、検索数0だもの…。」
「ははは…。」
「いずれにしても、訪れて頂けるという事は、
とても有難い事です。何より、励みになるし元気になります。
お馴染みの皆さん。いつも有難う御座います。
お初の皆さん。皆さんがお馴染みさんになって頂ける様な、
また、思わずコメントを書き込んでしまう様な、
そんなお話を気負わずにしていけたらなぁ、と思います。」
「今後とも、よろしくお願いいたします。」
「別の話…。
普段、車に乗って走っていると、
自分勝手な動きをするドライバーさんが、
たま~にいます。
大概は、それを自分を映す鏡として、
『あぁいう事はしないようにしよう』と、
自分を戒める材料にさせていただくんですが、
土曜日、日曜日のホリデードライバーさんの多い日などは、
そんな事が度々続き、流石にイラッと来る事もあります。」
「ははは…。」
「そんな時、失礼ながら、
『これだけ周りの状況の判断が出来ず、
 自分の置かれている位置も分からない様では、
 きっと仕事も出来ないんだろうなぁ…。
 恐らくはベッドの上でも自分勝手で、
 相手の事を考える余裕なんて無いのかも…。』などと、
自分の事を、棚のうえ~の方に上げつつ、
考えてしまうのです。」
「まぁ、抑えて抑えて…。」
「ま、結局他人なんで、
どうでもイイっちゃぁ、どうでもイイんですけど…。

次も車に関連して…。
最近、街中で、
トヨタの『マークX』を良く見かける様な気が致します。
もしかして、価格の割に走りが良い。とか、
ラグジュアリー性と燃費の良さを兼ね備えてる。とか、
セダンタイプにあまり興味の無いワシには、
分からない良さがあるのかも知れませんが、
あのCMの効果もある様な気がしてなりません。」
「佐藤浩市さんの出演している、あのCMですね。」
「そうそう。
部下の女子社員に『ずっと、部長の下で働きたいです』と言わせ、
上司に『部下に優しすぎる』と言われても、
車中『俺のやり方で行く』と、信念を曲げず、
部下の男性社員が『自分にやらせて下さい』と食い下がれば、
その部下の成長を認めつつも、
『まだまだ…』と、自分を奮い立たせる。
ワシでもカッコイイと思ってしまう男の姿です。」
「ですね。」
「そんな理想の男と自分を重ね合わせて…、
或いは『自分もあぁなりたい』との願望を具現化しようと、
あの車の購入に踏み切ったのだとすれば、
ターゲットへの訴求効果はバッチリ。ドンピシャって事でしょう。
『上手いCMだなぁ』と思いました。
『そろそろ反撃してもいいですか?』なんて言う、
どこぞの勘違いCMとは違いますね。」
「理想を求めるオッサン達が、
マークXに乗っているのではないか?と…。」
「そゆこと。
ま、ワシの勝手な妄想ですがね。」
「いや、あながちそうとも言えないかも…。」
「さて、次ですが、下の画像。
絵でしょうか?写真でしょうか?」
絵?写真?…
「早速、種明かしになっちゃいますが、
コレ写真です。
『Mommy's chair』と言って、
イギリスで販売されている、
"子供の描いた椅子の絵を、そのまま作ってみた"というコンセプトの、
商品群です。
どうですか?可愛くないですか?」
「良いですねぇ…。」
「"子供が描いた絵を…"と言ってはいながらも、
飛び出した部分があったり、
決して子供に優しい椅子ではないですが、(笑)
こんな椅子が並んだお店とかあったら、
行ってみたいですねぇ。」
「興味がおありの方、
こちらで販売しているみたいです。
販売元なのか、製造元なのか分かりませんが…。」
「英語が苦手なもんで、すみません。
以下、Mommy's chair一台づつの画像をお見せします。
クリックすると、おっきくなります。(笑)」
赤いヤツ…
黄色いヤツ…
青いヤツ…
緑のヤツ…
「コレ、座って問題ないんですかね。」
「さぁ…。そこまではワシも分からんけど、
商品として売ってる訳だから、
問題ないと思うけど…。イギリスってのが、どうかな?
ドイツ製なら安心だけど…。」
「イメージ的にはね…。
ただ、ドイツでは、こういう遊び心満点のモノは産まれない様な…。」
「イメージ的にはね。(笑)
さて、今日はこの辺で…。
週の始め、月曜日。加えて衣替えの6月。
皆さん、気合を入れて行きましょうか。」
「こんな小ネタ何個も出して、
ネタが枯渇しないかしら…。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Little Green Bag   by   George Baker

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「ジョージ・ベイカーの『リトル・グリーン・バッグ』です。
現在、『マークX』のCMのBGMとして使われています。
キムタクが出演していた、
サントリーのウィスキーのCMソングとしても使われていましたね。
今や巨匠のクエンティン・タランティーノの初監督作品、
『レザボア・ドッグス』(Reservoir Dogs)の主題歌としても知られていますが、
オリジナルは、
1970年発売のアルバム『Little Green Bag』のタイトルトラック。
このアルバムのヒットを期に、
オランダ出身のジョージ・ベイカーは注視を集める事となります。
今聞いてもカッコイイ曲ですね。
『キムタク(SMAP)』、『リトル・グリーン・バッグ』、
『レザボア・ドッグス』、『"色"を使ったコード・ネーム』…。
今日の一曲は、記事の内容とも複雑にリンクさせてみましたが、
お分かり頂けましたでしょうか?」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
>NOBさん
兄「こんな前の記事にまで遡って頂いて、
  有難う御座いますです。」

ボ「タイトルに引っ掛かった人、また一人…。」
兄「やっぱり男なら、このタイトルに反応しますわな。
  ワシも含め、男ってぇのは現状把握が苦手なくせに、
  夢ばっかり追いかけたがる。
  そんな連中に効果抜群のキャッチコピーです。
  あ、NOBさんがそうとは限りませんが…。」

ボ「フォローになってないです。」
兄「ド○モの体質は変わんないでしょうね。
  揉み手をしながら、
  『毎度、どうも』なんて言っている姿が想像出来ん。
  ただ、いつまでもそうしていると、
  いつか足元をすくわれる気もしますけどね。
  『アレ?いつの間に…。』」

ボ「気が付いた時にはもう遅い。」
兄「あんな目立つ所にサーバーを集中させているのも、
  危機管理としては、どうかと思うし…。」

ボ「あの椅子、実物を見てみたいです。
  誰か、ショップとかで仕入れてくれないかしら…。」

兄「ジョージ・ベイカーのダサい男臭さ満点のこのPV、
  好きなんですよねぇ。
  結局、白馬に乗ったオネエチャンを追っかけると言う、
  チンピラの様な下劣さがたまんないです。(笑)」

[ 2007/06/11 11:40 ] [ 書き直したいの ]
すごい、この椅子、ほんとに絵だと思いましたw
まさにアートですね☆
しっかり座れるのかな。
アクセス数増えるとなんか嬉しいですよね^^
また次がんばって書きたくなります。
[ 2007/06/04 13:21 ] [ 書き直したいの ]
そろそろ反撃を開始するらしい会社の
携帯電話しか持ったことのないあっちです(爆)
佐藤浩市、最高ですよね~。
自分がまだガキだった頃は
佐藤浩市より、中井貴一の方が
伸びていく俳優さんってイメージがありましたが
私はだんぜん佐藤浩市だなぁ。
なんつーか「予想以上の男になった感」が強いっす。
いい意味で予想を裏切られたような☆
そういう見かたでは、江口洋介の方がと思っていたのに
中村トオルが意外にも・・・と同じように感じます。
子供のデザインした椅子、可愛い!
でも、線足らずだったりして危ないので
子供は使え無そう・・・
ドアの角によくぶつかる私のような人間も
たぶん無理でしょう。
玄関のオブジェなんかに良さそうですが
こんな椅子置ける余裕ありましぇ~ん凹
[ 2007/06/04 14:04 ] [ 書き直したいの ]
あはははっは~!
私もあの・・反撃CM・・見て・・
「すっごい負け惜しみだな~」って
思って笑っていたんですよ。
店長さんは勘違いと受け取りましたか。
どっちにしろ・・あまり良いイメージ効果ではないかな。
気に留めて見ることはできますがCM効果で反撃に繋がるのか
この先楽しみに新聞を見ることにしますよ。
佐藤浩市のCMはそれこそ気に留めたことない(笑)
お酒の方はしっているんですが。。エビスでしたっけ?
佐藤浩市の目を変えるとダーリンに似てます。
目が違うので全く違って見えますが鼻から下は
ビックリするほど似てますね。特に口。
私・・口で他人を記憶する人なんで。
お父さんが好きですね。良い役者さんですよね。
私は年輩好みです。
椅子は・・また・・・芸術として観賞用に見るのなら
良いのですが・・座りたいという気持ちは・・
とても遠くの方に追いやられてる感じですね。
曲は・・これ好きな曲で題名も歌手もわからずに
うやむやになっていたので・・
お二人に感謝です!ありがとう。
[ 2007/06/04 16:23 ] [ 書き直したいの ]
佐藤浩市氏について語るほどミソありませんが。
唯一、私の住まいの近所で彼等は挙式をあげたとか?
けして車の購買意慾へはいきませんが
私なんかは単純なんで「男の真ん中でいたいじゃないか」
でしたっけ?かっこ良いぃ今度言ってみよォ。
少なくとも90%はそんな気持で最近います。
どの世界そんな殿方はいますよね。きっと
真ん中真ん中!
うりゃ~
[ 2007/06/04 23:43 ] [ 書き直したいの ]
私も最近微妙に
ぼけらぁ~(*´∇`)
としてることが多いです(; ̄ - ̄)y-, ムゥ
[ 2007/06/05 00:15 ] [ 書き直したいの ]
>ホワイト・リリーさん
兄「絵に見えたでしょ?
  ワシも最初見た時、写真だと思わなかった。」

ボ「リリーさんの言う通り、
  ちゃんと座れるんですかね。コレ…。」

兄「それは、買って座ってみん事にゃぁ分からんな。
  アクセス数は、これまであんまり気にしてなかったんですよ。
  でも、一度存在を意識しちゃうと、
  次からついつい見ちゃいますね。」

ボ「ただ、今回みたいに、
  通常のペースを大幅に上回ったりすると、
  『何があったんだ?』と、ちょっと怖かったりします。」

兄「皆さんとお会い出来るのが楽しみで、
  続けている様なもんです。感謝感謝。」

>姐さん
兄「ワシも同じ会社の携帯です。
  その前は、『IDO』なんて所の使ってましたが…。
  懐かしい~。」

ボ「懐かしい~。」
兄「君は知らんでしょ。
  あんまり男優の事を色々言って、
  そっちの人に思われても困るんですけど、
  あのCMの佐藤浩市はカッコイイです。
  『表現者は、その人間の幅が表現の幅を決める』と、
  思っているので、
  彼の中にも、ひょうきんなオジサンの面と、
  ダンディーな男の面があるんでしょうね。」

ボ「人間の幅。広げたい…。」
兄「君は犬だけどね。
  ワシの中では、
  江口洋介→湘爆
  中村トオル→ビー・バップ
  のイメージが、未だに抜けません。
  彼らが大人の役者になった分、
  ワシも歳をとってるのね…。」

ボ「椅子可愛いですよね。」
兄「ただ、自分ちには置けないよなぁ…。
  色んなモン、引っ掛けそうで…。
  ウチには、周りを見ないで突っ込んでくる、
  君みたいなのも、いるしね。」

ボ「てへへ…。
  無鉄砲は、誰似でしょうね。」

>shisutaさん
兄「『負け惜しみ』って捉え方もありますね。
  ただ彼らは、ここまでの実績やインフラがあるんで、
  『ちょっと本気になったら、やっちゃうよ』ってな、
  余裕っぽいコト考えてる節もあるんですよねぇ。」

ボ「ダーリンは、佐藤浩市似でしたか。
  口だけ…。」

兄「あちらのブログのイラストから、
  時任三郎似を勝手に想像してました。
  ちょっと惜しい…。ん?惜しいのか?」

ボ「三國連太郎さんが好みなんですね。
  shisutaさん…。」

兄「三國連太郎で思い出しましたけど、
  随分昔、
  首都高で三國連太郎が真っ黄色のポルシェに乗ってるの、
  見た事ありますよ。
  隣に派手なポルシェが停まって、
  『誰だよ。この派手な車』って思ったら、
  三國連太郎だったと言う…。
  そん時は、びっくりしました。」

ボ「椅子は、コンセプトありきで、
  実用にはどうか?と、思わせるデザインですよね。
  『並んでると楽しいかも』って思うって事は、
  やっぱり観賞用なんですかね。」

兄「ジョージ・ベイカーの曲は、
  最近、この曲しか耳にしなくなりました。
  他の曲を聞いても、
  才能に溢れたミュージシャンであった事は、
  分かるんですが…。
  この曲を期に、ご興味があったら、
  掘り下げて見ると良いですよ。」

ボ「こちらこそ、来て頂いてありがとうございます。」
>よっち
兄「近くで挙式?そうなんだ。
  へぇ~へぇ~へぇ~。」

ボ「3へぇです。」
兄「『男の真ん中でいたいじゃないか』
  心の中で呟くもので、
  あんまり口に出す台詞じゃぁ無い様な…。」

ボ「でも、そんな男を目指して下さい。」
兄「ワシは、後進に道を譲ります。」
ボ「まだ早~い!」
>順子(仮名)さん
兄「え?そいだけ?
  他にも色々引っ掛かるお話があったんじゃなくって?」

ボ「興味が湧かなかったとか…。」
兄「いや『ぼけらぁ~』っと、してたんだ。
  って事にしておこう…。」

ボ「失礼な事言っちゃって、すみません。」
兄「相変わらず、お忙しい様で、
  体に気をつけて下さいね。」

[ 2007/06/05 23:44 ] [ 書き直したいの ]
自身の大概のコトは棚に上げたまま忘れている私です。
ええと、完全に出遅れておりまして…(^^;
イイ! この記事のタイトル、いいですね~♪
感動しますよ。ホントに。
佐藤浩市のCMもカッコイイです。
“反撃”する会社は、なんだかいつまで経っても殿様気分が抜けないような気が。
ソコの社長さんが自社の顧客について、すんげぇエラそうにモノ言ったりとかね。
知り合いも勤めているのであんまり悪く言いたくもないんですが。
「2.0」なんて言っちゃうアタリ、なんかズレてるなとも思ったり…。
このイスもすごいですね。でも成長期の私には座れそうにありませんww
『Little Green Bag』も、カッコイイ~!
と、すみません。今さらのコメントで何のひねりもありません_| ̄|○
[ 2007/06/10 19:17 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。