店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマータイム・ブルース 


兄ちゃん 「今日は、いきなり本題。」
ボル 「はい。」
「新聞等の報道によると、
『地球温暖化防止等の観点から』、
サマータイムの導入が前向きに議論されそうです。」
「時々、話が出てきますね。サマータイム。」
「ワシも、いつも出てくる話かと思っていたけど、
今回、ちょっと前の話と繋がりそうなイヤな気配がしたので、
気になった次第。」
「前の話?」
「この話が出たのは、日本経団連と自民党との会合の席。
先にも話した様に、地球温暖化防止の為に出来る事の一つとして、
経団連側からサマータイムの導入が提案された様子。
日本経団連と言えば『ホワイトカラー・エグゼンプション』の
導入失敗が記憶に新しい。
ワシは自営業なので、ホワイトカラー・エグゼンプション(長いな…)の話は、
立場として第三者的な視点で見ていた。
結果、野党の追及が奇跡的(笑)に上手くいって、
法案化には至らなかった。」
「そうでした。」
「そこで出てきた今回の話。
地球温暖化防止の御旗の下に、
ホワイトカラー・エグゼンプションの弔い合戦をしようと、
経団連が企んでいるのではないか?と、
色眼鏡で見てしまうのはワシだけだろうか…。」
「なるほど…。」
「この話、今後どう転がるか、今の所分からない。
経団連が寝言を言っていただけ、って事になるかもしれないし、
過去に一度失敗した、サマータイムの導入という事になるかもしれない。
いずれにしても、地球温暖化防止の為などと言う、
耳障りの良い事を言っているという事は、
その裏に何かあるのは間違いない。と、ワシは思う。
注意深く見ていきたいと思う今日この頃…。」
「短いですが…、」
「ちょっと待った。」
「何ですか?」
「最後にもひとつ。」
「はい。」
「『ペッパーランチ』の事件。
大阪府警から、なぜその後の発表が無いのだ?
何か圧力がかかっているのか?」
「では、今日はこの辺で…。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Summer Time Blues   by   子供バンド

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「ベタで申し訳ない…。
ヘルメットの上に小型のギターアンプを乗っけて、
それを頭に被って演奏する姿などからコミックバンドの様な扱いでしたが、
その実力は相当なものでした。
因みにサマータイム・ブルースと言えば、ロックンロール・クラッシック。
エディ・コクランの名曲です。この人もレジェンドの一人。
The Who他、様々なアーティストにカバーされています。
でも、エディ・コクランのオリジナルには、
どれも敵わないかなぁ…。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
「残業代ゼロ法案」の弔い合戦ですかねぇ。欧米並みにしたいなら、急に一律制度化する前に会社員や労働者の保護も欧米並にしてくれないとね。このままじゃ朝早くから働いて、夜遅くまで残業時間が増えるだけで、メリットは何もないと思いますが。
地球温暖化対策というけれど、ある試算では節約できるエネルギーは0.1%ほどとか。何もしないよりはマシだと思われますが、それに伴う様々なプログラムの変更のためにそれ以上のエネルギーや経費がかかるのは目に見えてますな。
内閣府は本気で“再チャレンジ”などさせる気もないみたいですし、なんだか腹黒い部分があるとどうしても思ってしまいますね。
『ペッパーランチ』の件は、いろいろと言われておりますがどうも○鮮○○絡みでヤバすぎるとかなんとか…。
どっちにしろ店で拉致監禁する手際の良さから、常習なおかつ被害者の“処理”にも絶対バレない自信があるからということは言えるでしょうね。ホントはものすごい超凶悪大事件となりそうなのですが、会社側はノンキな感じがするのは「ソコまで来ない」とでも思っているからでしょうか…。
『Summer Time Blues』は、恥ずかしながら高校生の時に学園祭のバンドで演りました。
私、ボーカルです(笑)歌詞を紙に書いて(爆)一応、ロジャー・ダルトリーになったつもりで(火暴)
あぁ、恥ずかし…。若気の至りでございます( ̄▽ ̄;
[ 2007/05/22 18:10 ] [ 書き直したいの ]
ホワイトカラー・エグゼンプション・・・
私の業界にゃ~関係ねぇ~話なので
よく解りませんですな(汗)
経団連のメンツにしたって・・・
全然自分の人生では縁のない会社名。
コンパすら組んだことありませんよ(爆)
なので、まったくの他人事意識です。
非国民でごめんね、ボル様。
そしてサマータイムも。
いや・・・逆にサマータイムのおかげで
儲かるかもなぁ。うちの場合は・・・
ペッパーランチの事件は
その事件で初めて「ペッパーランチ」って
店があるんだなぐらいのものでしたが
事件の内容が怖すぎる。
危機管理能力の低くなった若者が多いこの日本で
こんな事件起す人間がいるんじゃ
そこらじゅうで事件だらけに
なっちゃうんじゃないんでしょうか。
裏でみ~んな繋がってるんですね。
何が得か、何がイメージアップなのか
何が権力誇示として有効なのか、保身のため
一生懸命考えているんでしょうね~。
暇ですね~。お疲れさんと言ってあげたい(笑)
[ 2007/05/23 14:54 ] [ 書き直したいの ]
>NOBさん
兄「バイオ燃料とやらも、
  精製の時点で使用されるCO2排出量を計算に入れると、
  全体で考えて、ガソリンを使った方が良い。と言う、
  計算結果もあったりして…。
  ただ、『自分はエコだ』と、使っている人の、
  自尊心を満たすためだけの物、と言う話もあります。」

ボ「とどのつまり、徒歩が一番と言う話になりそう…。」
兄「次々に起こる事件をセンセーションに報道する事によって、
  『ペッパーランチ』の事件の続報を報道しない
  免罪符にしてる様な気がしてなりません。」

ボ「色々、裏がありそうなのは、
  最初の報道の時点で、勘のイイ人は気付いていたかもしれませんね。」

兄「社長のノンキな会見は、
  方々で失笑をかっている様です。」

ボ「NOBさん、ボーカリストだったのですね。」
兄「感じておりましたよ。テキストからもひしひしと…。
  スターのオーラは隠そうにも隠せないものです。
  このワシの様に…。」

ボ「は?」
>姐さん
兄「ホワイトカラー・エグゼンプションも、
  サマータイムも、ワシもあまり関係ありません。
  それどころか、コンパ自体も未経験…。
  "飲み"とか"呑み"なら、経験ありますが…。」

ボ「サマータイムで儲かるとは、
  どんなお仕事なんですかね。」

兄「前に、FlushかGIFアニメで、
  『そのスキルがあれば…』とか仰ってましたっけ?
  システム関係でしょうか?」

ボ「ペッパーランチは、
  一時期ラジオでやたらと宣伝してましたので、
  名前だけは知っていました。」

兄「あの事件は、ちょっと大きくなりそうな気配なんで、
  多分このまま迷宮入りでしょう。
  確かに"平和ボケちゃん"が多い今の日本は、
  犯罪天国になる可能性大です。」

ボ「もう、半分なりかかってるかも…。」
兄「保身、保身、保身ばかりでイヤになります。
  『滅私奉公せよ』とは言いませんが、
  "他を活かし、己も生きる"
  そんな道があっても良いと思うのですが…。」

[ 2007/05/30 09:45 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。