店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ更 Vol.5 


兄ちゃん 「随分と間が空きましたな。
まぁ、お休み宣言をしているので勘弁してもらうとして…。」
ボル 「すっかり元気になりました。ボク…。」
「お腹の調子が悪くても、元気いっぱいだった訳ですが…。
自分の体の調子が分からん程、アホなのか?君は…。」
「失礼な!心配掛けない様に、気丈に振舞っていたのです。」
「ホンマかいな。
ま、それは兎も角…。
相変わらず、頂いたコメントに返事も出来ず、
皆様の所にお伺いしてもコメントも出来ず、
今、話題の"読み逃げ"状態な訳ですが、
それでもお付き合い頂けているという事は、
なんたる幸せ。と、感じる今日この頃であります。」
「普通にコメント、コメレス出来る様になるには、
もうちょっと掛かりそうです。」
「ホント、申し訳御座いません。

さて、これで終わるのも何なんで、時事ネタでも…。
最近、地価がどうこう。"いざなぎ景気"以来のどうこう。と、
『バブルの再来か?』てな記事が踊っておりますが、
地価が上がるのは、税金が上がるからヤだなぁ。と、
そんな事ぐらいしか頭に浮かんできません。
ちっともワシんトコの財布には景気の良さが反映されていません。
なじぇ?」
「仕事のやり方が悪いのでは?」
「ボル君、それを言っちゃぁお終いよ。
ホント、金の流れはどこで止まってるんですかね。
少なくとも、ワシの周りで景気がイイ話は聞かないですね。
まぁ、ホントに良くても、
『イヤぁ、最近儲かっちゃって』とか言われても、
ムカツキますけど…。」
「ははは…。」
「経済って言うのは、
突き詰めれば『他人の時間を金で買う』という事なので、
土地主導で今の経済状態を推し量るのは、
どうかと思うんですがね。個人的には…。
消費動向が上向きと言っても、
実際には、生活に不可欠な家電等の買い替えとかが、
この時期に集中してるってだけの様な…。
バブルの崩壊を知ってる、ワシらより上の年代の財布の紐は、
必要なもの以外には固く閉じられていると思うのですが…。」
「ウチの家電品も桑田並にベテラン揃い。」
「万年貧乏の宿命です。
ま、経済団体の圧力で、
いくらマスコミが景気は良くなっていると煽った所で、
以前のバブルの時の様に、
日本全体が浮かれポンチになる事は無い様な気がします。」
「お金が、ある所にはある。って言うのは、
ホントの事の様ですけど…。」
「それはいつの時代も一緒。
お金と情報は、ある所に集まってくる物なのですよ。」
「さて、兄ちゃん。仕事に戻りますか。」
「はぁ~。ヤだなぁ~。」
「頑張れ頑張れ。」
「へ~い。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
So What   by   Miles Davis

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「マイルス・デイヴィス史上、ジャズ史上のみならず、
音楽史上に残る名盤とワシは勝手に思っている
『Kind of Blue』からの一曲。
動画は初期にバンドメンバーだった
ジョン・コルトレーン(Sax)とのセッション。
単純なコード進行にアドリブを加えた『モード』の名曲です。
『モード』の詳しい説明は他に譲るとして、
動画からも伝わってくる緊張感。
並じゃないです。シッコちびりそう…。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
>NOBさん
ボ「えへへ。ご心配お掛けいたしました。
  もう、大丈夫です。」

兄「再開発に関連した仕事…。
  何でしょう。謎な感じですね。
  裏稼業とか?(笑)」

ボ「NOBさんの音楽好きは、
  お父様の影響があるんですかね。」

兄「何やら、バックボーンがカッコいいなぁ。
  マイルスはワシも最初聞いた時はショックでした。
  音が独特なんですよねぇ。
  ビブラートを使わないシンプルな音とか…。
  音だけ聞いても彼と分かる。
  まさに天才でしょうね。」

[ 2007/03/29 00:50 ] [ 書き直したいの ]
ボル君、元気になったのね。よかった♪
確かに地価が上がっているようですが、都心や再開発に絡んだ一部地域が押し上げているようですね。私には全く関係ないことですが( ̄▽ ̄;
実は再開発に関係した仕事もやろうと思えばあるのですが、どーも気乗りがしない。
仕事を選べる程余裕のある立場ではないのですが~(笑)
『Kind of Blue』はホントにかっちょいい♪ この動画もチェックしてますよん。^_^
マイルスを初めて聴いたのは中学生の時。衝撃的でした。その時は全然わからなかったけど。
それまではトランペットといえば、パンパカパーンって鳴るものだと思ってましたから(笑)
父がトランペットを持っていて、ディキシーやスィングのバンドをやっていたようなのですが、せいぜいそういう音しか知らなかったので~。
[ 2007/03/24 05:50 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。