店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rhythms del Mundo 


兄ちゃん 「あの~。最近、子供用の自転車や三輪車に、
大人が操作出来る様に、
後ろに長いハンドルが付いてるヤツがあるでしょ?」
ボル 「はい。ありますね。」
「先日、歩道の無い路地を車で走ってて、
お母さんと、その自転車に乗った女の子が前を歩いてたんです。」
「はい。」
「普通、そういう場合って、お母さんが車道側を歩きませんかね。
そのお母さんは、自転車に乗った女の子に車道側を行かせ、
片方の手で後ろのハンドルを持って、
もう片方の手は携帯でメールを打っている様でした。」
「あらら。」
「クラクションを鳴らすのがワシ自身好きではないのと、
鳴らすまでも無いとの判断から、
対向車が行き過ぎるのを待ってから、大きく離れて通り過ぎましたが、
何だか『ちょっとなぁ~』と、思った瞬間でした。」
「どうしたもんですかね。」
「さてと、今日はタダのアルバム紹介ダス。」
ボル 「そのアルバムとは?」
「実は、去年の11月にリリースされていた様なんですが、
恥ずかしながら、最近存在を知りました。これです。」

フェレール爺ちゃんのTシャツ

「あ、間違えました。こっちでした。」

Rhythms del Mundo: Cuba

「一枚目の写真は何ですか?」
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの
イブライム・フェレールの来日公演の時に、
会場で買ったTシャツです。
残念ながら、現在は既にお亡くなりになっておりますが…。

さて、アルバム。
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの面々が、
色んなアーティストと競演しております。
コールド・プレイ、ジャック・ジョンソン、
アークティック・モンキーズ、ダイドー、U2、スティング、
フランツ・フェルディナンド、etc…。何とも豪華…。
『世界のリズム』などと言うふざけたタイトルにそぐわない面子です。」
「確かにスゴイですね。」
「彼らの曲を、キューバ音楽風に、ブエナ風にアレンジしています。
数曲、ピックアップしてみましょうか。」

Clocks(Coldplay)

Dancing Shoes(Arctic Monkeys)

Don't Know Why(Vanya)

She Will Be Loved(Maroon 5)

「どれもこれも見事なアレンジっぷり。
オリジナルに遜色無く、キューバ音楽になっております。
動画はちょっと見つかりませんでしたが、
9曲目、オマーラ・ポルトゥオンドの『Killing Me Softly』が一押しです。
オマーラおばちゃん。来日時も一番パワフルでした。
何とも形容し難い色気のある声です。」
「ボクも見たかったなぁ…。」
「君は産まれてすらいない昔の話です。
さて今日はアルバム紹介のみで終わりにしたいと思います。
淡白ですみません。」
「それでは皆さん。また…。」

追記:
「2/23の記事で一つ入れ忘れたキューピーがおりました。
こちらです。↓」


囚人キューピー(ボロ)…

「網走で買った"囚人キューピー"。
携帯に付けていたので、すっかりボロボロです。
口周りの"どろぼーヒゲ"が、ベタです。
今はお勤めを終え、仕事部屋の棚で、
他のキューピーと余生をおくっております。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Chan Chan   by   Buena Vista Social Club

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブと言えば、
この曲でしょうか。
上で書いたイブライム・フェレール来日の時は、
コンパイ・セグンドは一緒ではなかった為、
この曲は演奏されませんでした。
その後、
コンパイ・セグンドの単独来日の時に聞きに行きました。
何と言って良いのか、哀愁とも違う何かを感じる曲です。
聞く度に涙が出てきます。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/03/01 10:51 ] [ 書き直したいの ]
いるいる!本気で邪魔な無神経な親と子。
んで、「みてみて~かわいいワンワンだよ~~~」
っと無理矢理子供にワン子を教える。
子供怖がってるし。
そんな感じでおひさしぶりです。前回のキューピーシリーズ
今拝見させて頂いたんですが
ウケた!!
すっげー ねぇちゃんすっげーーー。
集め過ぎ(笑) でも、ウチの店にもオモロいキューピー居るので、
ねぇちゃんに「乞うご期待!」
とお伝えして頂きたいです。4649。
さて、ブエナビスタ、久々店でかけるとします。
[ 2007/02/28 14:50 ] [ 書き直したいの ]
コールド・プレイ/U2/スティングしか解らん・・・(汗)
でも、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブって聞いた事あるけど
自分の記憶はあてにならないからなぁ~凹
操作ハンドルの付いてた自転車のママさん。
ハンドル握っていた方の手が
利き手だったんですかね?
いや・・・携帯いじっていたのなら
携帯いじっていた手が、利き手か。
つまり、そのママさんの優先順位は
1位携帯メール
2位操作ハンドル
3位子供の安全
って感じなんでしょう。
っつーか、そういう基本的な事すら
意識して考えていないんでしょうね~。
そういう親に限って
自分の子供が何かされたらワーワー騒ぐんだよなぁ。
ポンポン子供産まないでさ
国で「親資格免許」とか作ればいいのに。
そしたら事件も少なくなるかも。
[ 2007/02/26 15:23 ] [ 書き直したいの ]
携帯に夢中の子連れママさん、私も時折見かけます。
子供の目線で考えると、アレってどう映るんでしょうね(*-_-)
子供でなくても、一緒にいる状態であまり携帯に夢中になられると、ちょっと切ない気もしますし…(*'-')"
私自身も公私共に携帯をいじる機会が多いのですが、人と一緒にいるときは、(どうしても必要な時以外は)あまりいじらないようにしてます|-')
[ 2007/02/27 00:59 ] [ 書き直したいの ]
車道に子供って・・・信じられない。
そんで携帯・・・呆れるね。
今を大切に生きていってほしいよ。
切なくなるお話だな~。
子供をなくした時にしまった!って
思っても・・もう遅いんだけどね。
気付いてほしいな~。
上2曲がめっちゃ気に入りました。
関西風ですね~。
これいいんでお気に入りに追加です。
この間のもお気に入りに入れてあるんですよ~。
今日の1曲は色気のあるおじさん達で
ムラムラきますね~。
セクシーフー!
[ 2007/02/27 23:43 ] [ 書き直したいの ]
>姐さん
兄「あぁ、優先順位、そんな感じでしたねぇ。」
ボ「怖い怖い。」
兄「お母さん、左側を歩いていたので、
  右手でハンドル、左手で携帯でした。」

ボ「親資格免許ねぇ。ホントあればいいのに…。」
兄「困ったもんだ。などと他人事の様にも言っとられん。
  まかり間違って引っ掛けでもしたら、
  こっちの責任だからなぁ。」

ボ「気をつけて下さい。」
兄「は~い。
  姐さん。コールド・プレイをご存知なだけで、上等です。
  それ以上は、マニアに片足突っ込んだ様な人間の世界ですから…。」

>順子(仮名)さん
ボ「いますねぇ。そういうお母さん。」
兄「『自分の事を見ていない』と、
  どの位の年齢で子供が理解出来るようになるのか、
  ワシには分かりませんが、理解出来ていたら悲しい事です。」

ボ「確かに一緒にいる人間が、
  自分じゃなくて携帯ばかり見てたら寂しくなりそう…。」

兄「ウチの近所に保育園があるんですが、
  園児の帰りの時間帯に車でそこを通る時は、
  特に注意しています。
  お母さんは、他のお母さんとのお話や、
  自分の荷物に気を取られていて、子供の事を見てない事、
  多いですから…。」

ボ「兄ちゃんも、人といる時は携帯あんまりいじんないようにね。」
兄「は~い。」
>shisutaさん
ボ「シンジラレナ~イでしょ?」
兄「人間って、そう利口には出来ていなくて、
  大概、無くしてからその大切さを思い知るものですけど、
  命あるものは、無くしても帰ってきませんからね。
  そこに気付いて欲しいです。」

ボ「関西ノリ。言われてみれば確かにそうかも…。」
兄「お気に召して頂けて、ご紹介した甲斐があります。
  有難う御座います。
  おじちゃん達、カッコイイでしょ。
  ワシは、ムラムラはキませんが…。(笑)」

ボ「美人さんに『セクシー』と言われたおじちゃん達に、
  嫉妬してませんか?」

兄「そ、そんな事はない。」
>mayuさん
ボ「ボクも迷惑な事、時々あります。」
兄「君、ビビリだから、スグ人の後ろに隠れるよね。」
ボ「だって、初対面怖い…。」
兄「そのビビリが無くなれば、
  もうちょっと可愛気もあるのに…。」

ボ「慣れると、横柄です。」
兄「自分で言うか。
  地方行くと、キティーほどじゃぁないですが、
  ご当地キューピーも随分多くなってきました。
  探すのが楽しいです。」

ボ「お姉ちゃんに、ちゃんと報告しておきます。」
兄「ワシも見れるかな?
  楽しみ。」

>鍵コメさん
兄「わざわざご報告頂き、有難う御座います。」
ボ「お手数おかけいたしました。」
兄「アレはあまりにも酷くなってきたので、
  携帯から外してしまったのでした。」

ボ「お姉ちゃんが持ってて、僕がボロボロにした、
  『まりもキューピー』っていうのもあります。」

兄「正視に耐えないので、アップはしませんが…。」
ボ「惨殺死体…。」
兄「自分で言うな。
  今日も、お仕事頑張って下さい。」

[ 2007/03/02 11:14 ] [ 書き直したいの ]
子供をほったらかしで携帯をいじってるママさんをホントによく見ます。
メールに夢中で、子供はとってもつまらなそうな顔をしてたり、一生懸命ママの気を引こうとしていたり。。。
子育てでストレスがたまってるとか、孤独を感じるとかいろんな事情もあるかと思うのですがやはり、せめて外に出てる時くらいは子供と思う存分触れ合ってあげられればな☆安全面も考慮して☆って思います。
小さな子供がいるママにメールする方も少し気を利かせた方がいいのかも。。。簡単な用事なら家に電話するとか、夜、子供が寝たくらいの時間に『子供寝たかな?返事はいつでもいいよ♪』って一言入れてメールするとか。
何はともあれ、子供は授かり物なので大切にしてあげてほしいです☆
網走で買った"囚人キューピー

この話題の後、妙に癒された~(笑
これは買いだよ(^∀^v)
[ 2007/03/02 12:20 ] [ 書き直したいの ]
無神経なバカ親、多いです~。いろんな意味で想像力が無いんでしょうね、考える力。
こういうことは親の世代の責任だけではないのですが、そういう親元で育つ子供のことが心配です。
ま~、子供の出来についてはウチはエラそうなこと言えないのですが…(^_^;
私、村上龍が好きでして。もうだいぶ前ですが氏がキューバにはまりだした時、“なぜにキューバ?”と聴いてみたのが最初ですかね。兄ちゃん、いろいろ足を運んでいるんですね。いいな♪
このアルバムは知りませんでした~。ご紹介ありがとうです。^^
私も女性がムラムラくるオッサンになりたい!(火暴)
囚人キューピー、これはカワイイというのかな(笑)
そういえば、先日行った草津にも“湯もみキューピー”があったような。。。
[ 2007/03/02 14:23 ] [ 書き直したいの ]
>キューピット1号さん
兄「キューピットさんは、
  今、一番そういうのに敏感かもね。」

ボ「ですね。」
兄「確かに回りも気を使ってあげないといかんなぁ。」
ボ「親しき仲にも礼儀あり。」
兄「おっ!難しい言葉知ってるねぇ。」
ボ「へへへっ…。」
兄「囚人キューピーウケた?」
ボ「北海道はご当地キューピーの宝庫の様ですよ。」
>NOBさん
兄「最近の『かわいい』の基準が、
  さっぱり分かりません。」

ボ「オッサンの証拠。」
兄「NOBさんも?」
ボ「い、いや…。」
兄「確かにどこかの時点で、
  想像する力を育てるやり方を間違って来たのでしょうね。
  あるいは、それをしてこなかったか…。」

ボ「いずれにしても、本人達の自覚が無いのが、
  一番性質が悪い。」

兄「全くです。
  SEX、DRUG、ROCKN’ROLL。
  ワシも村上龍、実は好きだったりします。
  本のタイトルはド忘れしましたが、
  『狩猟社』の話、好きです。」

ボ「『愛と幻想のファシズム』ですね。」
兄「あぁ、それそれ。
  このアルバムは、偶然ラジオでコールド・プレイの、
  クロックスを聞いて『なんじゃこりゃ』と気になって、
  調べたものです。」

ボ「お気に召して頂けますでしょうか。」
[ 2007/03/08 09:18 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。