店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lovely Day 


ボル 「昨日は、2月14日でした。」
「まぁ、今日が15日なんだから、昨日は普通14日だろう。」
「2月14日、何の日ですか?」
「平将門が、合戦中に矢に当たり、
その壮絶な一生を終えた日。」
「他には?」
「『煮干の日』ですね。」
「むむむ…。後は?」
「日本の為替が、変動相場制になった日。」
「強情ですねぇ。他には?」
「『聖バレンタインデーの虐殺』」
「近い!
昨日はバレンタインデーでした。」
「それは、何ですか?」
「日本では、女性が意中の男性(とは限りませんか)に、
チョコレートを贈る日となっているようですよ。」
「へぇ。そうなんですかぁ。
じゃぁ、ワシの所に一つもチョコレートとやらが届いていないのは、
何ですか?ワシを好いてくれちょるおなごはおらん。
と、言う事で宜しいんですか?」
「今更、誰に好かれようとしてるんですかね。」
「あ、お姉ちゃんにホットケーキ焼いてもらった。
美味かったっス。」
「ボクもちょっと頂きました。美味しかったですね。」
「ワシはそれで充分ですよ。」
「さっきと言ってる事が微妙に違ってますが?」
「まぁまぁ…。」
「チョコもらえないショックから、
昨日は記事をアップしなかったんですか?」
「いやぁ、職場環境考えると、
頂けそうもないのは、分かりきってましたからね。
大体、現場に女子はおらんのですから…。」
「環境のせいにしましたね。」
「そうとでも思ってないと、寂しすぎる…。
義理でも、もらうと嬉しいもんなのよ。やっぱり…。」
「そんなもんですかね。」
「さぁ。ワシからバレンタインデーについて話す事は以上だが。」
「早っ!」
「もうね、あちこちで話題になってて、しかも翌日。
話す事は御座いません。」
「過去の栄光とか…。」
「無い!」
「街の様子とか…。」
「あぁ。この時期、男子はチョコ買い辛いよねぇ。
ってゆーか、デパートのチョコ売り場。
人が凄くてびっくりした。女の子も大変だなぁ。」
「こんなもんですかね。」
「こんなもんだね。」
「虫歯になりそうな位もらった。って言う話は出そうも無いので、
ここいらでお開きにしますか。」
「是非、そう願いたい。(泣」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Lovely Day   by   Bill Withers

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「所謂"ラブソング"では無いですが、
ワシなりにラブを盛り込んでみました。
PVとか、ご本人の動画が無い代わりに色々変な動画があって、
中でも一番アホっぽいのを選んでみました。
曲が耳に入ってこない可能性が…。
恋する皆さんに、幸多からん事を…。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
>姐さん
ボ「あ…、ね、姐さん。
  ごめんなさいごめんなさい。ホンットごめんなさい。」

兄「許してやってつかぁーさい。」
ボ「m(_ _)m」
兄「チョコ廃止かぁ…。
  季節の風物詩というか、お歳暮、お中元みたいに、
  考える事は無理なんでしょうかね。」

ボ「お歳暮、お中元も無くなって来てますよ。」
兄「あぁ。そう言えばそうだね。
  時節の挨拶代わりにあっても良い様な気もするんですが…。」

ボ「『給料袋が立つ様に…』って…。」
兄「束1本じゃぁ、なかなか立ちませんよ。
  3本は入ってないと…。」

ボ「全部千円札とか。」
兄「五百円札がまだあったら、ワシでもいけるかな?」
ボ「切ないです…。」
兄「素敵なご夫婦ですね。」
>紅月さん
兄「紅月さんも反対派ですか。ふ~む…。」
ボ「『会社内』となると、
  兄ちゃんの考えている雰囲気と違うのかもしれませんね。」

兄「当日、変な空気かぁ…。
  確かにそうだったら、尻の据わりが悪そうだなぁ。」

ボ「ま、お姉ちゃんにホットケーキ作ってもらったし、
  佳きかな佳きかな。」

兄「紅月さんのラブラブが、ちょっと羨まし…。」
>kotaさん
兄「あぁ!そこに余ってたかぁ!」
ボ「でも、もう食べちゃったみたい…。」
兄「遅かった。残念…。」
ボ「来年の予約をしておきましょうか。」
兄「そうだ!それだ!
  来年はワシら二人の分も…。
  時間があったらで構いませんので…。」

ボ「ボクからもヨロシクです。」
兄「旦那さん、相変わらずお忙しそうで…。
  忙しいのはイイ事かな。」

ボ「でも、もうちょっとkotaさんの方を、
  向いてもらいたい気も…。」

>NOBさん
兄「ビル・ウィザース、イイっすよね。
  日産のTIIDAって車のCMで使ってる、
  『USE ME』って曲の動画を探してるんですけど、
  ライブ版しか見つからなくて、
  イントロの格好いいベース音が入ってないんですよねぇ。」

ボ「NOBさんの奥さん、むき出しって…。」
兄「せめて、ラッピングして渡して欲しい…。
  カードなんて贅沢は言わないから…。」

ボ「息子さん、いっぱいもらってそう。」
兄「NOBさん、
  実は隠してるドラマチックな過去がありそうだけどなぁ。
  ホントに無いの?ぁゃιぃ」

[ 2007/02/19 12:56 ] [ 書き直したいの ]
すみません。私は。。。。貰いました^^;;;;
いいじゃん♪ 兄ちゃんは姉ちゃんがいるんだからさ^^
でも、義理チョコなんてなくなれば良いのに、何か社内も当日は変な空気が
流れてるんだよね~~^^;;;
[ 2007/02/16 16:17 ] [ 書き直したいの ]
漢字ができないネギです。
ど~も。
義母さんとは結婚以来
ずっと文通をしていますが
最近では「趣味」さえも携帯で
調べてから書くようになりました凹
今は職場に女性がいるからって
チョコをGETする可能性は低いようですよ。
あげる女性も、お返しする男性も
負担がスゴイですから廃止になっているようですね。
昨日、行きつけの焼鳥屋さんで
30代後半ぐらいの常連夫婦と
夫「こいつ昨日チョコくれなかったのよ~」
妻「普通あげないよ。おたくは?」
ネ「まぁ、うちも・・・無いようなもんでしたよ」
夫「オマエがくれなきゃ、誰からもらえばいいんだよ(泣)」
妻「給料袋が立つようになったら考えてあげる」
ネ「歩合制ですか(汗)」
夫「じゃあ一生もらえねぇ~じゃん!」
ってな会話をしました。
可哀相な旦那さん・・・けど、そんな会話する夫婦好きっす。
あははは。
[ 2007/02/16 14:09 ] [ 書き直したいの ]
お兄ちゃん。もらえなかったの~!?
私が作ったヤツでよければ、お届けしたのに。
だってね、いっぱい余ってたんですよ。
マフィンもパウンドケーキも、生チョコもチョコレートケーキも!!
ほとんど、自分で片付けました。
あー、今日もダンナさん帰ってこないよー。
[ 2007/02/17 02:10 ] [ 書き直したいの ]
お姉ちゃんにホットケーキ焼いてもらえたならいいじゃないですか~!
私だって、ここ数年来奥さんから貰うだけですよ。むきだしのまま(笑)
一人仕事のオッサンだから仕方ないと言いつつ、思い出しても別にドラマチックな話もないのでした( ̄▽ ̄;
[ 2007/02/17 11:45 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。