店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録として… 


兄ちゃん 「昼間っから、眠いダス。
5時に寝、6時半に起きて仕事に向かいました。ふぁ~…。」
ボル 「もうちょっと効率良く仕事をして下さい。」
「性格なんだなぁ。
ちょいちょい色んなトコに寄り道してしまう。
一つの事、ずっと続けてらんない。」
「同時に幾つもこなしてる様で、
結果、どれも上がりが遅い、と…。」
「良く分かってらっしゃいますな。」
「アホな事言ってないで、今日のお話に行きましょう。」
「はいはい。
今日は、偉そうな事言うつもりはなく、
この気持ちを忘れない様にしておこう、
と言う所から、ワシが後で読み返せる様、
記事にしておきます。」
「いわゆる『備忘録』。」
「ま、このブログ全体が、そんな感じですがね。」
「はは…。」
「一つの仕事を長い事やっていると、
忘れがちな事が一つあります。」
「はい。」
「自分にとっては"One of Them"でも、
お客様一人一人にとっては、"Only"であり、
"Special"なのだという事。」
「どういう事ですか?」
「仕事って慣れてくると、
以前にやった様な、似た様な仕事が来た時に、
『あ、コレに似た事、前やったな』って考えてしまって、
良く考えずに、前の手順を辿ってしまいがちになります。」
「はい。」
「人間の脳って、臓器の中で一番ナマケモノなのだそうです。
どうにかして休んでやろうと、隙を狙っているそうです。
そこに以前経験した様な事がやってくると、
一つ一つを良く考えず、型にハメてしまいがちなんだそうです。
考える事をせずに、記憶の引き出しから手順を引っ張り出す感じ。」
「なるほど。」
「それが悪い訳ではありません。
『効率化』を考えれば、むしろ歓迎すべきかもしれません。
ただ、そう判断する前に、もう一度良く見てみよう、という事。
似てはいても、同じ物は二つとして無いはず。」
「はい。」
「例えば、同じお客様の仕事だとしても、
前回は初めての仕事。今回は二回目の仕事。
お客様の経験が前回とは違います。
それだけでも、大きな違い。
ワシの仕事は、所謂建築関係。
場合によっては動く金額も大きいです。
それを、"以前にやった事がある"で
片付けてしまってはいけないのだと思います。」
「そうですね。」
「経験を重ねてくればくるほど、
自分では意識してない内に、お座成りになってしまってはいないか、
今一度、思い直して見なければいけない様な気がします。」
「はい。」
「自分にとっては、いつもやっている仕事の内の一つでも、
お客様にとっては、一生に一度の買い物かもしれません。
一つ一つの仕事を真摯にやっていかなければいけないな。
と、ココ数年良く考えるのです。」
「一つとして、疎かにしてはいけない、と…。」
「そういう事ですね。
ワシは、お客様に直に対峙する立場なので、
特にそれを実感致します。」
「ご清聴ありがとうございました。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Aquarius/Let the Sunshine In   by   The 5th Dimension

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「むか~し、チキン系のファーストフードで働いてた時、
店内のBGMは、本部から送られてくる、
"8トラ"のエンドレステープでした。今は知りませんが…。
キャンペーンのある時は、
キャンペーンのナレーション入り最新洋楽ヒット集と、
懐かしい洋楽集が一本づつ。
キャンペーンの無い時は、
ちょっと前の洋楽ヒット集と、懐メロ洋楽集。
それを気分で入れ替えます。
その懐メロ集に、必ずと言って良い程入っていた曲です。
当時は耳にタコでした。
何かカー○ル・サン○ースと関係があったのでしょうか?
現在のスムース・ジャズのはしりと言うか、
スムース・ジャズに至る過程で、
多大な影響を与えたグループです。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
そうですね、全ては一期一会なのでした。私も反省しよう。(- -;
8トラテープ・・・若い子は名前も知らないでしょう。
今もまだあるのかしらん。古いトラックの運転席ぐらいでしょうか?。。。
5th Dimensionのビデオはお星様に見とれていましたわん。
息子のチキン屋さんのバイト。クリスマスの時にキャンペーンソングが
エンドレスで流れていて、竹内まりやがキライになったそうです(笑)
[ 2007/02/09 05:23 ] [ 書き直したいの ]
へぇ!
店内BGMって指定曲だったんですね。
意識して聴いてなかったけど、そうだったのかぁ!
お兄ちゃんの言う事で自分もちょっと反省っす。
でもお兄ちゃんって私の想像では
状況判断に長けた賢い人なんで
この記事で書いているほど、お兄ちゃんの仕事ぶりは
反省や注意が必要じゃないような気もするけど(笑)
同じような仕事が回ってくると
私は、前回の仕事のコピーを作り
それを基準に細かく手直ししていく形を取ります。
怠け者?(笑)
でもこれには1つだけ良い事があって
1番最近の過去のものをコピーして直していって
新しい物を仕上げていくのだから、毎回少しずつ
基準がレベルアップするわけなんですよ(笑)
しかも、そうなってくると性格上
過去の仕事の出来の悪さが気になって無意味にコッソリ
修正して平均基準上げてみたり・・・はははは。
要するに
仕事に対する心意気が肝心っすよね!うんうん。(自己完結)
[ 2007/02/09 14:44 ] [ 書き直したいの ]
>NOBさん
兄「あ~。
  ♪ク~リスマスが、今年も…♪ってやつですね。
  アソコはクリスマス、『殺してくれ~』って位、
  忙しいんですよ。朝から…。
  しかも、社員にはスモークチキン販売のノルマがあったりして…。」

ボ「コメント欄で話し切れそうも無いですね。
  話し出すと…。」

兄「今度、時期はずれの記事にしてみようかな。
  "8トラ"知らないだろうなぁ。
  昔、8トラのカラオケとかもあったなぁ。」

ボ「あら、遠い目…。」
兄「息子さん、
  クリスマスにバイトに来てくれるだけで、
  有難い存在ですよ。店側としては…。
  バイト集まんないですから。クリスマス。
  大して予定も無いくせに…。」

ボ「オイオイ。」
>姐さん
兄「いや、姐さんの方が、
  きっちり仕事こなしてそうですよ。
  ワシが見るに…。」

ボ「兄ちゃんは、口ほどにも無いですから…。」
兄「そうそう。言う事は立派だけどね。
  …って、オイ!」

ボ「それより、姐さんから仕事のヒントが…。」
兄「なるほどね。賢いですね。
  怠け者ではなく、合理的なんですよ。それは…。
  ソレ、頂きます。」

ボ「勝手に…。」
兄「一回出した物、直したくなる時ありますよ。
  昔の仕事を見ると、恥ずかしくて耳まで赤くなりそう。
  姐さんも職人気質。ある意味アーティストですね。」

ボ「仕事って、
  自分を表現する手段でもあるんですね。」

兄「いい加減な仕事は、
  そういう人間と評価されてしまいますからね。
  ワシも頑張ろうっと…。」

[ 2007/02/09 18:12 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。