店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

You Give Me Something 


兄ちゃん 「今日からお姉ちゃんは友達とワイハーですってよ。奥さん。」
ボル 「どこの奥さんに話してるのか分かりませんが…。
現在20時20分。もうそろそろ、搭乗の時間ですね。」
「まぁ、いない間、二人仲良くやろうや。」
「よろしくおねがいいたします。」
「今日はね、大変古い話で恐縮ですが、
昨年の4月にあった出来事の話。」
「また、随分前の話ですね。」
「さっき、何か急に思い出してね。
ネットで調べたら色々出てきたんで、
備忘録として記事にしておこうと思って…。」
「はい。」
「何で思い出したんだろ?
自分の事なのに謎ですな。
急にピキーンと、思い出した。」
「それで、4月に何があったんですか?」
「当時、日本でも一部報道されていたので、
ご存知の方も多いと思いますが、
アメリカの大統領、ブッシュ氏の記者クラブの晩餐会に、
ある人物が招かれました。
政治的なブラックジョークで有名なスティーブン・コルベール氏です。」
「一部では『コルベア』って訳されてますけど…。」
「でも、発音聞くと『コルベール』の方が近そうだな。

ブッシュ大統領の所謂『褒め殺し』ジョークで有名な人です。
そのコルベールさん、晩餐会のスピーチの壇上でやらかしてます。
実に自分に求められている事が分かっている人です。
探すと動画がありましたので、興味のある方はご覧下さい。」

Colbert Roasts President Bush -
2006 White House Correspondents Dinner <Google Video>


「英語で話してるから、何がなんだか分かりませんよ。」
「ワシもちっとも分かりません。
でも、こんな時こそネットの恩恵に与りましょう。
当時、解説記事をUPして下さった方々がいらっしゃいます。
ざっと斜め読みした所、以下の4サイトが読み易いようです。」

ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記(町山智浩さん)
ホワイトハウス晩餐会でS・コルベアがブッシュをホメ殺し!

小鳥ピヨピヨ(いちるさん)
コメディアンの戦闘能力について

昼行灯行状記2.0(古市威志さん)
報道されなかったコメディアン

*minx*(macskaさん?)
スティーヴン・コーベア@ホワイトハウス晩餐会のジョーク追加解説

「特に町山さんのサイトは、
後半のアメリカの情勢に詳しくないと笑えないらしいところ以外は、
ほぼ訳されています。」
「ふ~む。なるほど…。」
「動画の後半、一本のビデオが流されます。
最前列中央に陣取るお婆ちゃんは、
50年以上ホワイトハウスの取材を続けてきた、
ヘレン・トーマスという記者の方です。
この晩餐会より以前にイラク戦争を批判し、
その事に腹を立てた大統領により、
ホワイトハウスを追い出された経緯があります。
ビデオの上映終了後、
大統領と同じ壇上にいるヘレンを紹介するスティーブン。
どうです。カッコイイじゃないですか。」
「お婆ちゃん、涙を流している様な…。」
「今の日本の"お笑いブーム"を批判するつもりも、
『だからアメリカは素晴らしい』などと言うつもりもありませんが、
現代日本、
こういった類のコメディアンが生き辛くなってはいるだろうなぁ、とは感じます。
インテリを気取るつもりはありませんが、
こういうのワシ、好きなんだよねぇ。」
「"ブラック"・ジョークがね…。」
「ブラック、強調するな!

日本で同じ事やっても、
某タレントの娘さんを轢き殺したトラックの会社名を、
『広告収入が減る』との懸念から報道する事の出来ない、
強い者に弱腰のテレビ局に潰されてしまうだろうなぁ。
今、毒が無いよねぇ。」
「そうかも知れませんね。」
「まぁ、最も本国でも、
『内容にマスコミ批判が含まれる』という理由で、
一部以外での報道は無かったらしいですけどね。」
「あんまり変わらないですね。」
「これを笑える文化。
昔の日本にはあった様な記憶があるんだがなぁ。
いつからこんなギスギスした社会になったのやら…。」
「まぁ、少なくともウチの中だけは、
そういうのを笑える家にしましょうよ。」
「そうだね、キレイ好きのボル君。
未だに自分のウ○チを食ってしまうくらい、キレイ好きだもんね。君は…。」
「…。(怒」
「オイオイ。」

追記:
兄ちゃん さとさんトコで、紹介されてたゲーム。
クリアしたらバナーもらったんで、貼ってみます。」



「ってコレ。
直リンなんじゃねぇの?」

続追記:
兄ちゃん 「上の話のヘレンさんの件、
短く丁寧にまとめて下さってるサイトがありました。」

恵文社一乗寺店 店長日記-スティーヴン・コルベアのスピーチ


-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
You Give Me Something   by   James Morrison

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「毎度の事ながら、上の話とは全く関係ありませんな。
名曲とは、昔の曲ばかりではないと…。
この曲も、名曲足る曲だと思います。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。