店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あくまで、ワシの趣味ですが… 


兄ちゃん 「今日はね、特にネタ無いんです。」
ボル 「それじゃぁ昨日と同じでは?」
「でも、探してた曲が、
昨日、YouTubeで見つかったので、
『今日の一曲』で、ソレ紹介しようと思って…。」
「はぁ、そうですか…。」
「ご存じない方もいらっしゃると思いますので、
ちょっとココで説明をば…。」
「はい。」
「Mike+the Mechanics(マイク アンド ザ メカニクス)とは、
GenesisのPhil Collinsがソロに専念し始め、
活動休止状態になった時に、
ベーシストのMike Rutherfordが結成したバンドです。
ご興味を持たれた方、こちらに、多少詳しく書かれています。
ご紹介したい曲は『Over My Shoulder』という曲ですが、
このバンドの最大ヒットは、『The Living Years』という曲で、
こちらの方が耳馴染みがあるのではないでしょうか。」
「なんとな~く…。」
「でも今日は『Over My Shoulder』。
この曲、最初聞いた時に、何だか分かんないけど、
切な~い、でも、あったか~い感じがして、
スグ買いに走ったのを憶えています。」
「ふ~ん…。」
「まぁ、ワシが長々説明するより、
御一聴頂いた方が早いでしょう。」
「ですね。」
「記事の方は、これで終わりにして、
早速、聴いて頂きましょう。」
「では、どうぞ。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Over My Shoulder   by   Mike+the Mechanics

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「上に書いた通りですが、
どうですか?何か良くないですか?
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
マイク・ラザフォード、懐かし~。
おお、そういえばポール・キャラックっていましたね。
この曲、私も好きですよ。(^^
ウチの奥さんはフィル・コリンズが好きでしたけど。
私はピーター・ガブリエルです♪
[ 2007/01/11 06:36 ] [ 書き直したいの ]
兄「おっ!流石、ご存知ですね。」
ボ「誰だと思っている!」
兄「失礼致しました。
  NOBさんの奥さんごめんなさい。
  ワシ、フィル・コリンズ、あんまり好きじゃぁないんです。」

ボ「何で?」
兄「いや、何か、お金の匂いがするでしょ。あの人…。
  そんな、楽曲と関係ない理由なんですがね。
  ピーター・ガブリエルいいッスね。
  ピーター・ガブリエルと言えば、
  やっぱり『Sledge Hammer』ですかね。
  http://www.youtube.com/watch?v=ov3b2uTczhQ
  このPVの訳の分からなさ加減が大好きです。(笑」

[ 2007/01/14 10:56 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。