店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪えぇぼぉし~いぃわが遠くに見える~♪ 


兄ちゃん 「実は一昨日、三連休の中日、
思うところあって、茅ヶ崎に行って来ました。」
ボル 「大ネタはカレーにスルーですか?」
「いやいや、こういうネタは、
あったかい内に食べないといけないのですよ。」
「まぁ、そうしときましょ。」
「そっちは明後日くらいにUPしますよ。」
「はいはい。
それじゃぁ、今日のお話お願いします。」
「いや、今日はボル君メインで行こうと思うのだが…。」
「えっ?」
「だって君、初の遠出だったでしょ?」
「まぁ、それはそうですけど…。
慣れないと緊張しますね。」
「では、どうぞ。」
「はい。
一昨日の8日、ボクと兄ちゃんとお姉ちゃんと
お姉ちゃんのお母さんの4人で茅ヶ崎に行って来ました。」
「小学生の絵日記風ね。」
「他にどうすれば?」
「いや、イイ感じですよ。」
「朝、お姉ちゃんのお母さんを迎えに、
お姉ちゃんの実家に行きました。」

ミィちゃん、行ってくるね。

「三毛のみぃちゃんがお見送りしてくれました。」
「道はそんなに混んでなかったよね。」
「そうだね。
途中ちょっと渋滞はあったけど、
思ってたよりもスムーズだった。」
「東名に乗って、程なく海老名に到着。」

海老名PAです。

「ここで屋台の蒲鉾、牛串等を、
朝食代わりに食べました。」
「お姉ちゃんは、パン屋さんでパンを買いました。」
「まぁ、パン屋さんでうどんは買わんわな。」
「茶化さないで下さい!」
「はーい。
お姉ちゃん、なぜかメロンパンは買いませんでした。」
「なじぇ?」
「謎です。」
「因みに『鎌倉ハム』の、
パストラミも買い忘れてます。」
「なんの為に寄ったんだか…。」
「その海老名で、
おっきなお友達が出来ました。」

おっきなお友達

「大きさの違い分かりますかねぇ。」
「名前は…。」
「どしたの?名前は?」
「聞くの忘れましたぁ。」
「なんじゃそら。」
「因みに男の子か女の子かも分かりません。」
「そんなんで君はチューしたのか?」
「博愛主義なので…。」
「使い方が間違っている様な気がする。
そう言えば、チャーリーの時は、
ビビリまくってたくせに、
こん時は平気だったね。」
「なんか大きすぎて、
山かなんかかと思ってたので…。」
「それは大袈裟すぎるわ。」
「へへへ。」
「腹ごしらえした所で再び出発。」
「お姉ちゃんのお母さんの希望で、
寒川神社に立ち寄るべく、厚木で東名を降りました。」
「程なく、寒川神社へ。」
「程なくは無かったでしょ。
お母さんが道を間違えたお陰で、
直前で右往左往しました。」
「いつも行ってるから分かるだろうと、
道案内を任せたのが悪かった。」
「その内、看板を見つけて、無事到着。」
「軽く、車の中の空気が重かったです。」
「お母さんがお祓いをしてもらう為に、
受付に行きました。」
「そこで衝撃の事実が発覚。
ワシ、前厄じゃった。
道理で最近調子が悪いと思った。
という事で、ワシも厄払いをしてもらう事に…。」
「今年、前厄って事は…。」
「来年、本厄。再来年、後厄…。
後二年も…。」
「まぁ、後二年、
気を付けて過ごして下さいってコトですよ。」
「はーい。」
「お祓いが終わって、
中庭の売店でそばを買って昼食。
以下、昼食後の3枚です。」

お姉ちゃんとお姉ちゃんのママと…。


お姉ちゃんと on TOLII


兄ちゃんと on TOLII

「寒川神社を後にして、一路海へ。」
「ここでも微妙に迷いましたね。」
「サーフボードを自転車に積んで
走っている人を頼りに、
運命を委ねました。」
「その辺の人に聞きゃぁいいのに…。」
「それはボクの台詞です。」
「すんません。」
「んで、やっと着きました。
ボク史上初の海です。」

兄ちゃん with CHIGASAKI

「波の音に超ビビッてやんの。」

遠くに烏帽子岩…。

「烏帽子岩も遠くに見えます。」
「スルーかよっ!
暑かったねぇ。浜は…。」
「暑かった。
サーファーがいっぱいいました。」
「自転車で来れる環境が羨ましい。」
「お姉ちゃんとも一緒に撮ってもらいました。」

お姉ちゃん with CHIGASAKI

「この後、近くのキャッフェーで、お茶した訳です。
丁度テラスがあったんで、
閉鎖してたテラスを『ワンコがいるから』と
開けてもらいました。」
「ここのお兄ちゃんイイ人でした。
ボクの顔を見て、
犬用のご飯のトレイに水を入れてきてくれました。」
「気の利く兄ちゃんだったねぇ。」
「途中、あんまり水を飲んでいなかったボクは、
大喜びでガブガブ飲んだのでした。」
「帰りの車の中で、粗相をしちゃいました。」
「ちゃんとシートの上でしました!」
「カフェのお姉ちゃん可愛かったなぁ。」
「兄ちゃん!」
「はいはい。」
「小一時間カフェで過ごしてから、
帰路についたのでした。」
「帰りの東名では事故があり、
ちょっと混んでました。」
「車が180度回って、
こっち向いて停まってましたね。」
「まぁ、休みだからね。
色んな輩がおりますよ。」
「そんなこんなで、
この日は一日遊んで来ました。
ボクにとっては海初体験でした。」
「次に行く時からは、
ちょっとづつ海に慣れてくれるとイイなぁ。
一緒に遊べる様に…。
と、願う兄ちゃんでした。」
「それにはもっともっと
連れてってくれないとダメです。
と、考えるボルでした。」
「それでは皆様…。」
「ごきげんよう。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Johnny Be Goode   by   Chuck Berry

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「今日から暫くはロックン・ロール特集といきます。
第一弾は『ロックン・ロールの神様』チャック・ベリー。
お爺さんになってからのこんな動画もあります。
なにげにバックのメンツがイイ感じです。
ブルース・スプリングスティーンの嬉しそうな顔。
あ、こんなのも、ありますよ。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング
スポンサーサイト
兄ちゃん家のみなさん、勢揃い~♪
兄ちゃん、目線を入れているからよくわかりませんけれども、
なんだか私の義弟にすごくよく似てます(笑)
海も見れたし、お祓いもできたし、気分は上々ですね。
ボル君、ワンコは波打ち際を元気に走り回らなくては(^▽^;
[ 2006/10/12 11:46 ] [ 書き直したいの ]
わぁお!
お兄ちゃん&お姉ちゃん初めて見ましたよ(笑)
そして、もれなくお義母様まで・・・!
お兄ちゃんが想像よりも善人そうでショックを受けているネギです。
あははは!
ボル様は車酔いしないんですか?
私はブランコでも酔うので、ドライブは苦手でやんす凹
「犬かき」っていうのがあるんだから、ボル様も早く海で泳げるようになるといいですね!(笑)
[ 2006/10/11 13:34 ] [ 書き直したいの ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/10/11 22:09 ] [ 書き直したいの ]
>姐さん
兄「ははは。
  プロフのイラストみたいに、
  加工しようかとも思ったんですが、
  面倒くさくなっちゃって、
  『もう、目線だけでいいや』って…。
  拙かったかなぁ。まぁ、しゃーない。
  ちょっとだらしない顔の写真でしたね。
  緊張感がゼロです。」

ボ「ボクが可愛い過ぎて?」
兄「あぁ、まぁ、そうしときましょ。
  普段はもっとカッコイイんですよ。」

ボ「自分で言うか…。」
兄「もう、『スナイパー』のイメージ、
  崩れちゃいましたかね。」

ボ「ボク、車酔いしないみたいです。」
兄「ホント、手が掛からなくて、助かるよ。
  前に飼ってた子は、
  車に乗ると嬉しくて
  車内を走り回る子だったから…。」

ボ「お姉ちゃんのママも言ってました。
  『アンタは手が掛からなくてイイ』って…。」

兄「それもいいけど、
  早く泳げる様になってね。」

ボ「頑張ります。」
>シークレットさん
兄「有難う御座います。」
ボ「こちらも、いつも拝見しています。」
兄「嬉しいご提案の件、
  別便でお返事致したいと思います。」

ボ「ミ○シーの方で…。」
[ 2006/10/12 04:48 ] [ 書き直したいの ]
おぉ~、またボル君が沢山写ってるきゃぁ~(黄色い声のはず)ヽ(≧∀≦)ノ
兄ちゃんさん、姉ちゃんさんの写真までヮ(゚д゚)ォ!
ボル君、海をビビッてたんですか(* ̄m ̄)プッ
私はボル君の裏側に今興味シンシンですよ。
どこまで毛が生えてるのか、毛はフサフサなのか(-公- )。
トイプーを見る度にボル君の事が
頭をよぎります( ̄ω ̄)ノ恋カシラ?
大ネタ楽しみだな~ヽ('▽`)ノ
なんてプレッシャーを掛けてみたりして(* ̄m ̄)プッ
[ 2006/10/12 19:18 ] [ 書き直したいの ]
あ~、秋になるとどこかに旅にいきたくなりますね~。(どの季節もこう言ってる気がするけど)
ボル君、海初体験だったんですね。
海って初めて見ると怖いイメージなんじゃないかなー。ボル君が
ブルブルしてるの想像しちゃうw
兄ちゃんさん姉ちゃんさん見ちゃった(*/∇\*)キャ
[ 2006/10/13 11:45 ] [ 書き直したいの ]
ボルちゃん。初めての遠出だったのねぇ~♪
自分でワンコロを ウチに迎えてから気が付いたんですけど 本当に表情ってあるんですよね。。。それまで気がつきませんでした。
それまでは 散歩しているワンちゃんを見ても 可愛いとは思っても それだけ。
でも ウチにワンコロが居ると 同じ可愛いとは違う また他の気持ちが湧いて来た自分に驚いたコトを思い出しました。^^ 
ボルちゃん。兄ちゃん・お姉ちゃんのトコロに来れて良かったねぇ~♪^^
[ 2006/10/13 19:52 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。