店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旅立ち」へ 

傷が出来るほど、痒かったかぁ…。

兄ちゃん 「今日はお話しようと思っていた事があったのですが…。
先日、自宅仕事の際に、
珍しく朝のワイドショーを見ての感想だったのですが…。」
ボル 「はい。」
「実は超有名なきっこさんの『きっこのブログ』」の、
9月27日の記事にワシと同じ感想が書かれていましたので、
ココでは割愛と言う事で…。
最後の方の『コイズミ批判』は、
きっこさんのいつもの論調なので、
そこはご愛嬌で…。
「兄ちゃんの『コイズミ批評』を、
はっきりさせておいた方がいいんじゃないですか?
『そこはご愛嬌…』何て言った以上は…。」
「君、難しい所、突っ込むねぇ。
そうねぇ。今日はそういう話のつもりではなかったので簡単にね。」
「はい。」
「コイズミというよりも、もっと大きな括りで…。
前政権下で己以外の力によって、
頑張っているにも関わらず、
被害を受けている方々もいらっしゃるでしょう。
それに関しては遺憾であるし、
絶対にあってはならない事。
新政権ではそういった事は是正して頂きたい。
ただ、ワシ個人としては、
今のワシの置かれている状況は、
良しにつけ、悪しきにつけ、
ワシ自身の選択によって招いた結果。
全責任はワシ自身にあります。
他の誰かの責任ではありません。
ワシはそう考えています。

こういう話は、このブログのカラーに合わないので、
この辺にしたいんだけど…。」
「まぁ、今日の所は許したる。」
「ありがとう。」
「ところで今日の話は何ですか?」
「ブログ上で仲良くさせて頂いている順子(仮名)さんが、
活躍の場を変えて、
心機一転頑張ろうとしています。
と、同時にワシのオフラインの知り合いも、
この度、独立し世間の荒波に船を出す決意を致しました。
そんな二人と、同じ様にこれから出航を迎える方々に、
ワシが以前、友人から贈られて、
その都度々々に勇気付けらた曲を贈りたいと思いまして…。」
「はい。」
「『SUPER BUTTER DOG』の『サヨナラCOLOR』という曲です。」
「前に『今日の一曲』でも書きましたね。」
「そうね。この曲好きでね。
永積君は、こういう歌詞書かせたら天才だね。」
「そうですね。」
「まぁ、ワシらの御託はイランでしょう。
歌詞を下記致します。
ワシの大事な友人の二人、
そしてこれから船を漕ぎ出す皆さん。
頑張って下さい。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
サヨナラCOLOR  by   SUPER BUTTER DOG

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「いや、上で紹介したし…。
以下、歌詞を転載致します。」

そこから旅立つことは
とても力がいるよ
波風たてられること
嫌う人ばかりで

でも、君はそれでいいの?
楽がしたかっただけなの?
僕をだましてもいいけど
自分はもうだまさないで

サヨナラからはじまることが
たくさんあるんだよ
本当のことが見えてるなら
その思いを僕に見せて


自分をつらぬくことは
とても勇気がいるよ
だれも一人ボッチにはなりたくはないから

でも、君はそれでいいの?
夢の続きはどうしたの?
僕を忘れてもいいけど
自分はもうはなさないで

サヨナラからはじまることが
たくさんあるんだよ
本当のことが見えてるなら
その思いを捨てないで

サヨナラからはじまることが
たくさんあるんだよ
本当のことは見えてるんだろ
その思いよ消えないで
その思いを僕に見せて


-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング
スポンサーサイト
わたしも勝手に応援させてもらっちゃいますね。
順子(仮名)さん、兄ちゃんのお友達。頑張って下さい。^^
兄ちゃんみたいに こんな風に応援してくれると嬉しいよね♪
ひとりじゃ無いんだっ!ってね。
みんな それぞれのスタート地点にいるんだと思う。
同じトコロに居たとしても同じでは無く 小さなコトをするとしてもスタート地点。
言うのは簡単。実行するのが難しい。実行出来る人って 居るようで なかなか居ない。
わたしも 少しづつ ひとつづつでもいい。実行出来るように頑張っていきたいと思ってます。^^
[ 2006/10/01 23:41 ] [ 書き直したいの ]
小泉さんのやったことは、銀行の借金をチャラにしたのと靖国参拝だけですね。
しかし私も今の立場は自分の選択だと思っておりますので、誰にも文句はいいません。
『サヨナラCOLOR』いい歌ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=e2m4kC97i-c
順子(仮名)さん、兄ちゃんのご友人、がんばってください。
そして兄ちゃんも。(^^
私もがんばります…ボチボチ(笑)
ボル君、お顔どうしちゃったの?
[ 2006/10/01 10:35 ] [ 書き直したいの ]
ん~、いい歌ですね。
私も転職したくなりました。
兄ちゃん、雇ってくれぃ(笑)
いつの間にか、夢よりも成長よりも
安定という言訳のぬるま湯にいる自分を改めて感じた感じです。はい。
[ 2006/09/29 13:06 ] [ 書き直したいの ]
ありがとうございますm(_ _*)m
「今日はどんな記事だろう(*'-')」と読んでたら、どこかで見覚えのある名前があって、ビツクリ∑( ̄▽ ̄)
曲は、原曲でも聴いてみました(*'-')♪
オフラインの知り合いさんも、頑張ってくださいヽ(*'▽')ノフレーフレー
私も新天地で頑張ります(*'-')q
[ 2006/09/30 12:57 ] [ 書き直したいの ]
とても良い詩ですね。
兄さんの紹介する詩は私の知らない分野の詩が多いのでいつも参考にさせていただいてます。
おかげさまで私の聴く詩の幅が広がっています^^
皆さん頑張ってほしいですねo(@^◇^@)o
[ 2006/10/03 11:09 ] [ 書き直したいの ]
ワタシからも
順子さん、そして兄さんのお友達の方☆彡
頑張って下さい p(^▽^)q
世の中には、自分の現状を常に人のせいにし、文句やグチを言っているばかりで、その現状から抜け出し、新たなるスタートが出来ないクセに、大きな事を言っている人が多いなか、
決断し、実行する人の勇気とパワーには魅力を感じざるおえません。
ホント!
そういう人は心から応援したくなります☆彡
[ 2006/10/04 08:45 ] [ 書き直したいの ]
>姐さん
ボ「ネギさん、雇ってくれって。」
兄「丁重にお断り致します。」
ボ「なんで?」
兄「だってさぁ、こんな男前のイイ女、
  一緒に働いてたら、ワシ絶対惚れちゃうもん。
  そいつはマズイでしょ。色々と…。」

ボ「まぁねぇ。」
兄「安定を求めるのは、
  決して悪い事ではないんでしょうが、
  ぬるま湯に浸かって、
  上ばかり見て愚痴る様にはなりたくないですね。」

ボ「確かにそうですね。
  姐さんの言葉を借りれば、
  "侍"でありたいです。」

兄「転職だけが挑戦ではないです。
  会社組織というものに嫌気が差して、
  一匹狼になってしまった、
  ワシが言うのも可笑しいですが…。」

ボ「自分で"狼"て…。」
兄「んじゃぁ、"一匹お猿"くらいで…。」
ボ「まぁ、いいでしょう。」
兄「恐縮です。」
>順子(仮名)さん
兄「勝手に名前使わせて頂きました。
  ご迷惑ではなかったかと内心ビクビクでしたが、
  レス記事まで書いて頂けて、
  恐縮至極に御座います。」

ボ「こちらこそ、ありがとうございます。」
兄「ワシの知り合いも、
  これから考えてもいなかった様な、
  波が来ると思います。
  でも、それを乗り越えないと、
  翌朝の朝日は拝めないので、
  頑張って欲しいと思います。」

ボ「順子(仮名)さんも、
  ペース掴むまで大変でしょうが、
  頑張って下さい。」

兄「みんなで応援しています。」
>NOBさん
兄「コイズミさんはねぇ。
  どう評価していいのやら…。
  不勉強なマスコミが作り上げた偶像ってのが、
  当たってるでしょうか。」

ボ「ホント勉強不足ですね。
  マスコミの人達って…。」

兄「まぁ、それはもういいでしょう。
  NOBさんも記事にして頂いて、
  感謝感謝です。
  こういうのって、『繋がってる感』が嬉しいね。」

ボ「ですね。」
兄「そのせいで、
  洋つべ三昧になってしまった様で、
  申し訳ないです。」

ボ「兄ちゃんもでしょ?」
兄「そうなのよ。
  見始めると止まんなくて…。
  ところでボル君、顔の傷は?」

ボ「耳の毛がほっぺに当たって痒かったんです。
  兄ちゃんにもお姉ちゃんにも止められたのに、
  しつこく掻いてたら、傷になっちゃいました。」

兄「あーぁ。」
>orugoruさん
兄「あんまり『頑張れ頑張れ』言ってると、
  『お前はどうなんだよ』って言われそうですが…。
  ワシも含めて『頑張れ』」

ボ「orugoruさん、イイ事言ってます。」
兄「そうですね。
  常にスタート地点なんでしょうね。
  生きてる限り…。
  『小さな事から、コツコツとぉ。』」

ボ「キー坊やないかいぃ。」
兄「ヤッさん!」
ボ「怒るでぇしかしぃ!」
兄「なんじゃぁ、そら。」
>紅月さん
兄「この歌にある様に、
  自分にウソはついていないか、
  時々、立ち止まってみる今日この頃です。」

ボ「立ち止まって、考えて、どうですか?」
兄「なかなかね。
  社会生活の中では、
  全てを自分に正直にって訳にはいかないっスね。
  難しいですよ。実際は…。」

ボ「譲れない"芯"のような物、
  それがその人の人間を形作るんじゃぁないでしょうか?」

兄「君ぃ、今、ちょっと良い事言いましたね。」
ボ「てへへ。」
兄「みんな頑張れ。ワシも頑張れ。」
>キューピットさん
兄「誰かが『生涯現状維持』って言ってましたが、
  この現状維持ってのも、
  なかなか難しくて、
  世の中が進んでいる分、
  自分も同じかそれ以上に向上しないと、
  置いていかれます。
  つまり、現状に甘んじていては、
  今の位置すら危ういという事。
  常に上を目指していないと、
  『忘れられた地上の星』になってしまいます。」

ボ「なんか、ちょっとカッコイイ事
  言いましたか?今。」

兄「すんません。
  ちょっと自分の言葉に酔っていました。」

ボ「ホントそういう勇気ある人達に、
  幸多からん事を…。」

兄「大丈夫。必ず誰かが見てくれています。」
[ 2006/10/05 23:10 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。