店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールドカードは入ってません 

今更ながら、「ウォンカチョコ」

兄ちゃん 「いやぁ。
昨日更新するつもりだったんですが、
飲みすぎちゃって、
寝てしまったのでした。」
ボル 「全く…。」
「休んでいる間、ネタは溜まっているので、
思い出しつつポチポチ更新致しますよ。」
「今日のお話は?」
「通勤、と言うか仕事場に行くのに、
車を使っているので、
勢いそういう話が多くなってしまうのですが、
今日もそんな話。」
「はい」
「こないだ、仕事終わって帰宅中、信号待ちの時、
前の車が青信号になってもなかなか発進しない。
良く見ると、車の中で若いカップルが
イチャイチャしていたのでした。」
「ほぉほぉ」
「街中でクラクションをパッパカパッパカ鳴らすのを、
あまりヨシとしない方なので、
ちょっと待って見たのですが、
気が付きそうもないので、
一発パァーンと鳴らしました。」
「はい」
「運転してた男の子は気が付いて、
片手を軽く挙げ、
やっと発進したのです。」
「普通の話ですね。」
「しかし、この後が宜しくない。
次の信号、又次の信号、最初のを合わせて、
3回同じ事が繰り返されました。」
「あらら。」
「その度に、手を挙げて『すんません』みたいな態度をするのですが、
『お前、ホントにスマンと思とんのかい!』と、
思わず関西弁も出てきそうな程、カチンと来てしまいました。」
「まぁ、そうでしょうね。」
「ワシは我慢ならんかったので、
その車を抜くべく、
空いた車線に車線変更し、一度は追い抜いたのです。」
「はいはい」
「その後、ワシのいた車線がちょっと混み始め、
彼の車は隣の車線からワシの車を追い抜いて行きました。」
「はい」
「そのまま、走って5分くらいした頃、
道路が急に混み始めたのです。
悪い予感がしました。
『事故だな』直感的にそう思いました。」
「はい」
「10分程進んで現場付近。
やはり事故でした。
白い業務用ワゴンとその後ろには彼の車。
信号待ちの時間だけでは足りず、
走行中もイチャイチャしていたのでしょうか。
絵に描いたように、オカマを掘っていました。」
「あーぁ」
「うな垂れている彼とちょっと離れた所に、
腕を組んで怒っている風の彼女。
『お前も原因の一端じゃないんかい!』と、
またしても突っ込みたくなる場面でした。」
「ははは」
「事故後の対応の拙さに、
怒ったのか、何に怒ったのか分かりませんが、
その彼女の態度を見て、
彼にちょっと同情してしまったワシでした。」
「でも…」
「そう。でも、結局は自業自得。
ワゴンのオッサンには申し訳ないですが、
『ザマーミロ』と、ちょっとスッキリしたのは、
ワシが人より底意地が悪いからではないと思いたいです。」
「その彼女怖いですね。」
「信号待ちでチュッチュチュッチュしてた子と、
腕組みをしている子のギャップが激しくて、
暫く一人でウケてました。
女って怖い。
あ、一般論ですよ。
ここに来られている方々に、
そんな自分の事を棚のうえーの方に放り投げるような方は、
いらっしゃらないと思っております。」
「ははは」
「あまり長い事眺めてもいられないので、
早々にその場を通り過ぎましたが、
その後、その二人はどうなったのでしょうか?」
「紙の味噌汁」
「それを言うなら『神のみぞ知る』」
「あ、恥ずかしい…」
「そんな事も起こり得ますので、
皆さんもイチャイチャし過ぎにご注意下さい。」
「ピーポ君との、約束だよっ!」
「誰がピーポ君じゃ!」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Come rain Come shine  by   Tata Young

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「本日、東京は降ったり止んだり、
空気がベタベタして、気持ちが悪いです。
タイトルの意味は『何でも来い』って事らしいですが…。」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング
スポンサーサイト
>管理人のみ閲覧できます。さん
兄「取りあえず一安心。」
ボ「お待ち致しております。」
>姐さん
兄「世代が違う…凹」
ボ「まぁ、事実だから
  しょーがないじゃぁないですか。」

兄「丁寧なご説明有難う御座います。」
ボ「お忙しい所、お手数をお掛け致しました。」
兄「長年の疑問が解け、
  なんとも清々しい気持ちです。
  今のワシの顔は、
  おそらく山ピーよりも爽やかでしょう。」

ボ「言い過ぎ…。」
兄「今度、その様な事があったら、
  『知り合いの姐さんがそう言ってた。』と、
  ごねる事に致します。」

ボ「人のせいにしない!」
兄「『よよよい』の答えは、
  もうちょっと引き伸ばす事に致します。」

[ 2006/09/22 17:26 ] [ 書き直したいの ]
女心と秋の空って言うのかなぁ?このパターンも(笑
ウチも、すごく仲良く家を出て旅行に行き、迷子になってこのカップルのようになってます (^Q^)あはは
でも、事故だけは気をつけたいものですよね(゜д゜)ノ
[ 2006/09/19 12:05 ] [ 書き直したいの ]
WONKAのチョコレート、これオモチャのですか。食べれないヤツ。どっかで見た覚えが。
いや~そのカップル、痛過ぎますね。。。
私も心で快哉を叫ぶコトでしょう(^^;
ケガがなさそうでよかったですけどね…
しかしバカ女(失礼)にはバカ男があてがわれる様になっているのですよ。
神様はみんな見ています(笑)
[ 2006/09/19 12:37 ] [ 書き直したいの ]
WONKAのチョコ・・・
何かの映画を思い出すような・・・思い出せない(汗)
お久しぶりで~す!
元気ですか?
体調のほうはどうでしょう?
相変らず兄ちゃんは忙しそうですね。
オカマほられた事ありますが(停車中に)、過失割合は限りなく10:0ですよ。ま、バチが当ったんでしょうね。にひひ
[ 2006/09/19 20:00 ] [ 書き直したいの ]
ウォンカチョコ!
ゴールドカードは入っていないんですね...ウォンカチョコってすごく甘そう@@
そういう車を見つけたらなるべく離れたほうがよさそうですね(゜O゜;
事故って自分が気をつけててもおきたりしますからね><
[ 2006/09/21 00:13 ] [ 書き直したいの ]
あ、そっか!
【チャーリーとチョコレート工場】か!
ホワイト・リリーさんのおかげで思い出した!
いや~、便秘が治ったようにスッキリしました(笑)
[ 2006/09/21 19:16 ] [ 書き直したいの ]
あらら…。
そんなアホカップル。わたしも見てみたかった。^^;
それにしても兄さんが ブツケラレナクって本当に良かったね♪
これで、もしブツケラレタラ…(汗)
彼女にも関西弁をぶつけちゃったかもね。^^;
[ 2006/09/21 23:00 ] [ 書き直したいの ]
そーゆーとき、同乗者ってほとんど「悪くないよ~」って顔をして、怒ってますよね。
自分も悪いと思わないのかねー、まったく。
それにしても、超メイワクなカップルですね。
後ろに、仕事帰りで疲れてる人がいるとは考えないのかなー。
ラッシュ時の事故は超イライラする。
コレが朝なんかだとすると、もう仕事する気がなくなりますよね。
[ 2006/09/21 23:15 ] [ 書き直したいの ]
>キューピットさん
兄「その言い回しの元々は、
  『男心と秋の空』だったって説があります。
  知ってました?」

ボ「キューピットさんのエピソード、
  どっかで見た事あります。」

兄「あぁ、ウチの話?
  知らない土地で、
  お姉ちゃんに地図見てもらってナビを任せると、
  7割近くの確率で迷います。
  ワシが不機嫌になって帰ってくる、と…。
  最近は車を停めて、
  自分で地図を見る様にしています。
  その方が双方の精神衛生上宜しいかと…。」

ボ「カーナビ付ければいいのに…。」
兄「アレ、どうも馴染めないんだよね。
  便利なのは分かるんだけど、
  欲しい情報ちゃっちゃっと出てくんないでしょ。
  地図見た方が早い様な気がしちゃう。」

ボ「くれぐれも停車してから見て下さい。」
兄「はーい」
>NOBさん
兄「このチョコは、
  本物…ってゆーか、実際に食べられるものです。
  ネスレから出てます。
  ソニプラで買いました。
  もう、後、一かけらです。」

ボ「随分進みが遅い様な…。」
兄「いや、甘くってさぁ。
  噛んだ瞬間、虫歯になりそうだ。
  おぉ、一緒に叫んで頂けますか。
  『ザマミロ感』、ワシだけの感覚じゃなくて良かった。」

ボ「兄ちゃんも、
  辛うじて一般生活を送れますね。」

兄「大きなお世話じゃよ。
  そうですね。
  神はちゃんと見ています。
  しかし、日本は萬神の国。
  働けど働けど、じっと手を見てしまうワシに、
  そっち方面の神は、
  まだ、気付いていないようです。」

ボ「悲しい…。」
兄「はぁ…。」
>姐さん
兄「既にモヤモヤは解消された様で、
  良かったです。
  放っておくと、『夜も寝らんなくなっちゃう。』」

ボ「モノマネ?」
兄「いや、三球師匠の真似だったのだが…。
  似てなくてすんません。」

ボ「全く…。」
兄「体調はだいじょぶです。元気です。
  お心遣い、有難う御座います。」

ボ「ありがとうございます。」
兄「ワシは経験が無いので、
  一度聞いてみたかったのですが、
  例えば駐車禁止ではない道路に路駐してて、
  その車がオカマを掘られた場合、
  それでも割合は10:0にはならないんですかね。
  1までいかなくても、
  0.5とか0.3とか取られるのかしら…。
  結構、長年の疑問です。」

ボ「ご存知の方、兄ちゃんに救いの手を…。」
兄「そこまで大袈裟じゃぁないです。」
>ホワイト・リリーさん
ボ「兄ちゃんとお姉ちゃんが
  チョコを残している段階で、
  言わずもがなですが…。」

兄「めちゃくちゃ甘いです。
  NOBさんのコメレスでも書きましたが、
  噛んだ瞬間、虫歯になるかと思いました。
  でも、結構イケますよ。
  連続して食べなければ…。」

ボ「工場見学には行けませんでした。」
兄「夜中とか、まぁ、昼間でもいますが、
  フラフラしてたり、
  明らかに携帯をいじってる車が前にいたら、
  ワシも車間距離はなるべく多く取りますね。
  貰いもんは遠慮しないで頂く方ですが、
  この貰いもんは頂いても嬉しくないですから…。」

ボ「貰い事故が一番馬鹿馬鹿しい。」
兄「自分で出来る防衛策はとっておいた方が…。
  自分の為ですから…。」

>姐さんリターンズ
ボ「一件落着と言う事で、
  兄さん例のヤツ、いきますか。」

兄「おう!
  じゃぁみんな、用意はいいか。
  よーーぉ!よよよいよよよいよよよいよい!
  めでてぇな!」

ボ「これを分かる人が何人いらっしゃるでしょうか?」
>orugoruさん
兄「上手い!
  おーい、山田くーん。
  歌さんに座布団一枚!」

ボ「はーい。って誰が山田くんじゃい!」
兄「『手を挙げて、横断歩道を渡りましょう。
  松崎真で御座います。』」

ボ「なんだかなぁ…。」
兄「今、言われて気が付きました。
  あのワゴン車が自分の車だった可能性があったこと…。
  くわばらくわばら…。」

ボ「orugoruさんのお陰です。」
兄「orugoruさん、『気付き』をありがとう。」
ボ「多謝多謝」
>kotaさん
兄「ラッシュ時の事故はね、かなりキますね。
  トサカに…。」

ボ「ほらほら、兄ちゃん。
  そんな時は、オスカー・ピーターソンですよ。」

兄「おぉ!さっきまでの荒波が、
  穏やかに凪いで行くぅ。」

ボ「簡単な人だ。」
兄「ん?なんか言った?」
ボ「いえいえ、何も…。」
兄「そ。
  まぁ、自分が貰わなかっただけ、
  ヨシとしましょうかね。
  何事も気の持ち様と言う事で…。」

[ 2006/09/22 10:54 ] [ 書き直したいの ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/09/22 15:30 ] [ 書き直したいの ]
> よーーぉ!よよよいよよよいよよよいよい!めでてぇな!
↑世代が違うため、解りません(笑)
私の場合は
信号待ちの停車中に、国産高級車にオカマほられましたが10:0でした。いや~、一瞬何が起きたのかわからなくて「とうとうきたか!関東大震災!」とか思っちゃいましたよ。250のバイクだと、対車との交通事故の時には排気量でコッチの方が下なぶん有利です。なので交通事故では負けたことありません!パワーで負けて(飛ばされたり)、法律で勝つ!みたいな・・・
あ、私の知人には
路肩に停車中、オカマほられましたが10:0でしたよ?乗用車同士でした。
私の聞いた話では
今は0.5とかまで細かくあるので、滅多に10:0はないそうです。しかし、停車中のオカマに関してはどうしようもないので普通は10:0。これが通用しないとなると、保険屋同士が共謀したり、加害者側が否を完全に認めていないという何かがあると思うので10:0になるまで、私は書類にサインもしないし保険屋の説得も聞きませんし。無理だと言われても「それをナントカするのが保険屋の仕事でしょ?」と相手にせず10:0になるまで粘ったもん勝ちみたいですね~。
ってな感じでいかがでしょ?
[ 2006/09/22 16:14 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。