店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小復活 


兄ちゃん 「1、2、3…22!
何と実に22日ぶりの更新。
途中の業務連絡を除けば、 24日ぶり!」
ボル 「休み過ぎ」
「いやぁ、すんませんねぇ。
この間、色々あり、未解決の案件も残っておりますが、
仕事は取りあえず、一段落。
そして、こうして生きております。」
「呪いの話の後に、
長期の休みはマズイっス。」
「そうでした。
今日からポッチラポッチラ復活します。」
「ところで、お姉ちゃんは?」
「ウチの男二人に愛想を尽かして、
出て行きました。」
「えぇー!」
「ウソです。
昨日から友達の新居にお泊りに行っています。
ワシも今からお迎えがてら、
行ってきます。」
「ボクは?」
「折角の新居にマーキングされると困るので、
お留守番してて下さい。」
「また、留守番…。」
「まぁ、そう凹むな。
なんか土産買ってくるよ。」
「ヒャッホー!
兄ちゃん、早く行ってきた方がイイんじゃない?」
「現金な…。
今晩、敬老関係のイベントがあって、
本格的な更新は、
それが終わって帰ってきたら致します。」
「そして、ボクは当然…。」
「留守番です。」
「あーぁ。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Jimmy Get High  by   Daniel Powter

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「特に意味はないですが、
ワシの裏声は、この曲が限界点です。」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング

ボル 「PS.」
兄ちゃん 「地味~に、プロフに追記があります。」
スポンサーサイト
大変そうですが、少し落ち着かれたようで、良かったです(*'▽')っ旦~
[ 2006/09/17 13:55 ] [ 書き直したいの ]
おかえりなさい~(*^▽^*)
お元気そうでなによりです☆
ボル君、お留守番がんばw
ダニエル・パウターの「Jimmy Get High 」、これでもか!っていうくらいに高い声でうたってますよねw
いつも歌い方想像して真似したくなってますw
[ 2006/09/18 01:51 ] [ 書き直したいの ]
>順子(仮名) さん
兄「あぁ、これはこれは。
  お茶まで頂いて、どうもすみません。」

ボ「兄ちゃんは、仕事ちょっと落ち着いたみたいです。」
兄「替わりに順子様におかれましては、
  今、大変な時期な様で…。」

ボ「兄ちゃん共々、健闘を祈っております。」
兄「届け~、この想い~。」
ボ「誰?」
>ホワイト・リリーさん
ボ「ありがとうございます。
  ボク、留守番がんばったよぉ。」

兄「ホント、女の子に甘える事ばっかり上手くなって、
  誰に似たのやら…。」

ボ「じーーー。」
兄「ん?」
ボ「じーーー。」
兄「えっ?ワシ?」
ボ「コクリ」
兄「それはないな。
  そんな芸が出来たら、
  もっとモテのはずだ。」

ボ「それも、そうですね。」
兄「否定しろよ!」
ボ「ははは」
兄「因みに、この曲歌ってる時のワシの顔は、
  よそ様には決してお見せ出来ませんです。」

[ 2006/09/18 17:14 ] [ 書き直したいの ]
ご主人様♪
とか、言ってみる( ̄∀ ̄)ノ
いや、生きておられてよかったです(笑)
お忙しそうですが、またよろしくです。
[ 2006/09/19 12:32 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。