店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変おま○たせ致しました。(古いですか。そうですか) 


兄ちゃん 「いやぁ~、長い事お休みしてしまって、
申し訳御座いません。
ご心配頂いた方々、ホントすんません。
そして、有難う御座います」
ボル 「ホントですよ。
何やってたんですか?
まだ、ショックが尾を引いてたんですか?」
「いやいや、ワシも社会人だからねぇ、
最初はショックで『コラム書くぅ』なんて言ってたけど、
その内現実が待ったなしでやってくるもんで、
いつまでも立ち直れなくてイジイジしている暇は無いダスよ」
「じゃぁ、何やってたんですか?」
「色々、忙しくてねぇ。
資金繰りとか、資金繰りとか、後、資金繰りとか…」
「全部一緒じゃぁないですか」
「そうなのよ。
ココんとこ、色々厳しくてねぇ…」
「そんな暗い話は終わりにして、
『コラム』とやらを、読ませて頂きましょうか」
「へいへい。相変わらず冷たいのね。
推敲した割には、読み辛いかもしれません。
力量不足で思っている事の半分も書けていませんが、
『それでも…』と言う奇特な方。
そう、アナタに読んで頂きたい!」
「誰に言ってんだか…」

書き上げてみて…。
『中田英寿の引退について』と言うより、
『今回の日本代表について』になっている事に気付きました。


兎も角、今、ワシの感じている事を、
極力読みやすく書いたつもりです
お手隙の時にでも、斜め読みして頂ければと思います。


ワシが外から見る限り、今回の日本代表は、
プロフェッショナルの集団ではなかったのではないかと思います。


どの社会でも同じだと思いますが、
気が会う人、又は一緒にいて居心地が良い人とばかり、
仕事が出来るわけではありません。
時には気が会わない人、生理的に受け付けないタイプの人とも、
仕事をしなければいけない状況は往々にしてあります。
自分の置かれた環境下で目指す結果に向けて、
最大限の努力をするのがプロフェッショナルだとワシは思うのです。
それは言われた事に文句一つ言わず、
黙々と仕事をこなせ、と言う事ではありません。
組織として目指す結果があるのであれば、
それに向け、時には討論を重ね、
時にはシミュレーションをし、
時には押し、時には引き、
そうして仕事をするという事です。
それが出来る"大人"の選手は、
私が外から見る限り、ほんの2、3人でした。
悲しい事です。


日本にプロリーグが発足して13年。
それ以前とは比べ物にならない位、選手の技術は向上しました。
マスコミの過剰な報道が扇動した"サッカーバブル"によって、
サッカー選手を目指す若者が増え、
裾野も広がった様に思います。
しかし残念ながら、
選手達の闘争心と言う点においては、
JSL、所謂日本リーグの頃の方が勝っていたと言わざるを得ません。


今回の日本代表の選手達は、
"戦士"ではありませんでした。
選手個々が何を考えてW杯に望んでいたかは、
ワシには知る由もありませんが、
どうにもお上品過ぎる印象が拭えないのです。
極端に言えば、
午前中、机の上でサッカーのルールのお勉強をしたばかりのガリ勉君達が、
午後からユニフォームに着替え、
いきなりプロの試合に放り込まれた様な感じでしょうか。
心構えが何一つ出来ていないと言った感じでした。
心構えが出来ていれば、
体の準備が必要な事もわかるはず。
心構えが出来ていれば、組織内の不調和など、
ただの我侭でしかない事も分かるはずです。


監督の采配うんぬん、フロントの体制うんぬん、
そんな事を言っていても始まらないのです。
と言うか、そんなものは一因にはなれど、全てではないのです。
実際にピッチでボールを蹴るのは、
ジーコでもなければ、川渕キャプテンでもない、
試合に出ている選手達なのですから…。


今回の中田の代表メンバーに対する接し方が、
全て正しかったなどと言うつもりもありませんし、
ワシ自身、他にやり方があったのではないか、
と感じた事も事実です。
しかし、擁護する訳ではありませんが、
少なくとも何とかしようともがいていたのは見て取れました。
そして、それに何らかの反応を示す選手が少なかった事も…。
これは代表選手に限らず日本人の特性なのかもしれませんが、
誰かが自分に対して意見をぶつけてきた時、
例えそれに賛同する意思がなくても、
"事なかれ"と、『はいはい』と聞いている振りをする。
時間は流れている訳で、止まってはくれません。
ましてや90分しかない試合の最中。
疑問、反論があった場合、その場で解決しなければ、
手遅れになってしまうのは明白です。
年齢的に最後のW杯になりそうな選手達の中にも、
そのような反応をしている選手が見受けられたのは、
残念でなりません。
"事なかれ"が功を奏す場面も確かにあるでしょう。
でも、ココはそれを発揮する所ではないと思うのですが…。
中田の行動は、意見のぶつけ合いによる、
代表内の化学反応を待っていた様にも見えました。


ワシの好きな選手は、
イタリアのガットゥーゾ、オランダのダーヴィッツ。
と言えば、どんなタイプが好みなのか分かって頂けるでしょうか。
そんなワシにとって今回の代表は、
ジリジリイライラの対象でした。
もちろん全力で応援はしていました。
いましたが、ワクワクドキドキではなく、
ジリジリイライラだったのでした。


話は変わって、今回の代表監督、
今後の代表監督を選出する上での
試金石だったのではないかと思います。
システムではなく個人々々の有機的連動。
枠にはめるのではなく、よく言えば自主性の尊重
ブラジル人のジーコが監督を務めると決まった時点で、
ある程度想像できた事です。
これのどこが試金石になるのか。
将来のどこかの時点で、
自国の人間が代表監督を務める事になったとして、
前回大会で監督を務めたトルシエの様に、
始めにシステムありき、それに当てはまる選手の招集。
いなければ最短距離にある選手に課題を与え、
それをこなした者を使っていく。
その様なサポーターやマスコミの感情を無視する様な
采配が日本人監督に出来るでしょうか。
言葉がダイレクトに通じるだけに、
非常に難しいとワシは思います。
今回ブラジル代表の監督だったパレイラの様に、
スター選手を代表から外す事に対する、
周りからの批判を意識してメンバーを決める、
その様な事が起こらないとは限りません。
そうした場合、
そのメンバーに合った戦術を見出せるだけの
引き出しを持った日本人監督は残念ながらまだいません。
将来的に現れたとしても、何十年も先の話でしょう。
経験がものを言う商売ですから…。
で、どうなるか。
選手の自主性に任せるしかないのです。


Jリーグのそれぞれのチームで、
若手に『ああしろ、こうしろ』と指示を出す事は出来ても、
トップクラスの選手の集まりである日本代表の選手に、
上から指示を出す事は、日本人監督には無理ではないかと思うのです。


今回のジーコ前監督の失敗により、
日本人監督の芽は、ほぼ無くなったと言って良いと思います。
将来、日本人監督が就任した際、
日本人選手がそれを受け入れるだけ成熟していないと言う事が、
今回改めて分かったのですから…。
後、30~40年は、外国人監督に指導を受ける事になるでしょう。


WBCでリーダー的存在だった
イチロー選手の感情表現に呼応する様に調子を上げていった野球の代表を見て、
サッカーと野球には実際にプレーする選手の立場から見て、
決定的に違う何かがある様な気が致しました。
その"何か"によって、中田はイチローになれなかったのではないかと…。
残念ながら、
ワシには、その"何か"を上手く表現するだけの力が不足している様で、
ここで申し上げる事は出来ませんが…。


福岡の川崎が『イチローさんに声を掛けて頂いて…』と、
話していた記事を呼んで、
今回のサッカー日本代表に欠けている物の一つを見た様な気がしたのでした。

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Byebye Blackbird  by   Oscar Peterson

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「『Blackbird』を八咫烏に見立てました。
あぁ、八咫烏って日本サッカー協会のシンボルに使われている
黒い鳥の事です。」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング
スポンサーサイト
こんばんは。
選手も監督も頑張ろう!やってやろう!と思ったに違いないです。
ただ、世界のレベルが高い上に、最後まで不協和音が続き、
一致団結できなかったのだと感じました。
スポーツマンシップの精神と勝利とが直接結びつかないという気も致しました。
勝つからにはがむしゃらに突進していくことが必要な面があるので、
自分でも何を書いているやら、ですが、うーん。
鍛えなおして向かっていって欲しいです。
[ 2006/07/17 21:36 ] [ 書き直したいの ]
ボル君&兄ちゃんさんおかえりなさいー^^
実は主婦でありながらサッカー雑誌を読みまくっている私です(・ω・)ノ
まだまだサッカーの知識が浅い私がサッカーを語るなんて○年早いのですが、...
今回の日本は何かが足りなかった。
いろんな国のいろんな試合を見たけど何かが違う。その何か、がハッキリ言えなくてもどかしいです^^;
でも一つ言えるのはチームが勝つと言う目標にむかって一丸となっていたのかどうか疑問。
中田が最後にピッチで倒れこんだ時、宮本が声をかけにいきましたよね。他の選手達もみんな来るかなって思ってた私...そしたらもっと違う最後だったんじゃないかなって思ったりした。
まあこれは私の勝手な希望みたいなものだったのですが^^;
もっと語りたいけどなが~~くなりそうなのでここらへんでw
[ 2006/07/18 00:52 ] [ 書き直したいの ]
もちろん負けようと思ってやっていたわけではないだろうし、
選手自身が一番悔しいのでしょうけれども、
そんな大前提は置いといて。
何が情けないって、後半に運動量がガタ落ちした連中が
試合終了直後にスタスタ歩いて帰ってくること。
一歩も動けなくなるまで走らんかい!って。
試合後に“れば、たら”言う奴とか、
交替直後に自分でダメ出しして枠を潰すだけの奴とか、
人に文句は言うくせに井の中の蛙だった奴とか、
なんで代表にいるのかわからない奴も。
何が足りないのかというと、正に兄ちゃんが書いたことなんでしょう。
世界中に情報が行き渡って、強国からの指導者も呼べるようになり、
超弱小国というものがなくなりつつある今。
最後に勝敗を分けるのは技術以上のその何かになってくるのでしょう。
フランス大会で体に押し当ててゴールし、試合後に骨折がわかった中山。
次の代表には、そんな大ベテランを頼もしげに思い出してしまうことが
ないような奮起を期待したいものです。
[ 2006/07/18 06:27 ] [ 書き直したいの ]
お久しぶりです!
元気でしたか?
いや、兄ちゃんじゃなくて
ボル様と姉ちゃんが。ね?(笑)
私はサッカー解りません。非国民です。
ま、しかし
チーム内に温度差があるまま試合に臨んだのは敗因の1つでしょうね。キレイな良い子ちゃんでお上品にしているだけで、チームの結束力を固められたスポーツ団体があるなら見てみたいわ。
誰が悪いって言うより
何の制度が悪影響を及ぼしているんでしょうかね。あれほど業界人が集まって、誰も解決できないなら未来は無いですね。
中田。本当に残念です。
彼にふさわしい爽快な引退の仕方が別にあったのではないかと思えてなりません。
[ 2006/07/18 15:16 ] [ 書き直したいの ]
おかえりなさい(´∀`)
ワタクシ最近ちと更新ばたばたしていて
毎日できず、訪問も遅くなって申しわけないです。
何はともあれショックでダウンされてるのでなくてよかったw
ワタクシもそれほどサッカー詳しくないのですが、
今回は色々残念でしたよね。
でも次の大会でどのように変わるか、見ものでもあります。
[ 2006/07/19 22:44 ] [ 書き直したいの ]
>らいとさん
兄「『実力が出せたかどうかよりも、
  今日のこの結果が今の力なので…』
  ここに全てが集約されている様な
  気が致します」

ボ「仰る通り色々鍛えなおして、
  南アフリカに向かって欲しいです」

>ホワイト・リリーさん
ボ「ただいまです」
兄「リリーさんのような人がどんどん増えてくれると、
  日本サッカーの将来にも希望の光が見えてこようというもの」

ボ「いみじくも中田選手も"何か"と言う言葉を
  使っていました」

兄「そう。"何か"なんだ。
  オシムはその答えを教えてくれるでしょうか」

>NOBさん
兄「ワシが言いたくても言葉の足りなかった部分を、
  NOBさんが補ってくれている様なコメント有難う御座います」

ボ「流石に兄ちゃんとは、違いますね」
兄「ワシだって、日々努力しちょるんだよ」
ボ「足りないですね。
  明日から朝練だ!」

兄「えぇ~」
>ネギさん
兄「し、しどい。しど過ぎる」
ボ「ネギお姉さん、こんにちは。
  僕とお姉ちゃんは元気です」

兄「き、君まで…。
  そうですか。いいですよ。分かりましたよ」

ボ「拗ねないで」
兄「別に拗ねてないですよ」
ボ「ほら、ちゃんとコメレスして…」
兄「はいはい。
  やはりね、世の中『清濁併せ呑む』覚悟がないと、
  イカンのですよ。
  綺麗事ばかりじゃぁイカン訳です」

ボ「出ました。兄ちゃんの何時もの口癖」
兄「そう。ある意味真理だと思いますよ。ワシは…」
>甜々さん
ボ「心配して頂き、ありがとうございます」
兄「オシム監督は、ワシが信頼する監督の一人なので、
  4年間でどう代表に喝を入れてくれるか、
  非常に楽しみです」

ボ「『果報は寝て待て』」
兄「んー。ちょっと違うかな。
  チミもまだまだだね」

ボ「精進致します」
[ 2006/07/29 15:21 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。