店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何すんねん! 

有難い…

兄ちゃん 「…何とか無事退院致しました。
入院中もご訪問頂き、又、コメント頂き有難う御座いました。」
ボル 「おかえりおかえりおかえりおかえり…」
「本来なら退屈な入院生活も、
皆さんのコメント、又、携帯からでしたが、皆さんのブログにお伺いする事で、
大変楽しく過ごさせて頂きました」
「おかえりおかえりおかえりおかえり…」
「今日から通常営業となりますが、
変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い致します」
「おかえりおかえりおかえりおかえり…」
「落ち着けっ!」
「はいっ!」
「よしよし。ボル君、ただいま」
「兄ちゃん、おかえり」
「君、ちょっとデカくなってないか?」
「縦に成長した」
「重くなってないか?」
「お姉ちゃんにも言われた」
「流石、男の子。
『男子三日会わざれば刮目して見よ』だな」
「てへへ」
「ホントは昨日退院したらスグに
更新しようと思ってたんだけど…」
「はい」
「退院直前に手術跡に宛がっていたガーゼを剥ぎ取られまして、
あまりの痛さに凹んでしまい、
帰ってきてから寝込んでおったのでした」
「ありゃりゃ。そりゃぁ、痛そうだ」
「でしょう?」
「麻酔とかしなかったんですか?」
「これねぇ、話すとちょっと長くなるんだけど…」
「はいはい」
「退院前にそのガーゼを取る事は決まってたんです。
そりゃそうだ。そんなもん突っ込んだまま『退院です』って言われても、
こっちが困るからねぇ」
「ふむふむ」
「それと前後して『教授回診』ってのが、
あるってのも聞いてたわけよ」
「大学病院ならではですね」
「そいつが時間的にかぶっちまったのがいけなかった。
教授回診の前にガーゼを取って、
それから回診を受けましょうって事で、
担当の先生が用意して、患部に麻酔のスプレーを吹いてた時に、
『教授が来たよ』って話になった」
「ほうほう」
「担当の先生は『じゃぁ、回診終わってから取りましょう』っつって、
ワシは呼ばれるまでベッドで待つ事になった訳です」
「回診の時間決まってなかったんですか?」
「それがねぇ、決まってないみたいなのよ。
教授の都合次第と言うか…。
事前に先生に聞いても、『午前中には終わると思うんですけど…』とか言って、
はっきりしない訳です。
お忙しいのは分かりますがね。『こっちは客だぞ!』と言いたかったですけどね」
「そいで?」
「まぁ、じき呼ばれますわな。
病室に併設された診療室に行きました。
回診が始まります。
ガーゼは回診が終わってから…ってつもりでいたんで、
ちゃっちゃっと診て終わりだろうと思ってたら、
教授が何を思ったか、ガーゼを剥ぎ始めました。」
「麻酔スプレーしてたんでしょ?」
「どうやらそれって、短時間しか効かないものらしいんだよね。
回診に呼ばれる頃には既に切れてたみたい」
「あらま」
「そんな事知ってか知らずか、
ガーゼは勢い良く剥がされました。
いやこれが痛いの痛くないのって…」
「うひゃぁー」
「ばりばりばりばりばりーって…」
「きゃー」
「まぁ、後から考えれば、
じわじわ剥がされるより、一気にやってもらって良かったかも、とも思いますが、
その時は『何しやがんだ、このやろー』って思いましたよ。
涙を浮かべながら、その言葉は飲み込みましたけどね」
「大変でしたね」
「何かその後、痛さで凹んじゃって、
帰ってきてからは、入院中に使ったものを洗濯したり、
片付けしたりしたら、あとな~んにもする気が起きなくて、
寝込んじまったって訳でさぁ」
「だから、ボクがお姉ちゃんと帰ってきたら、
ベッドに寝てた訳ですね」
「迎えに行けんくてスマンかったのぉ」
「まぁ、今は立ち直ってくれて、良かったです」
「話は変わって、今回の入院、
初体験づくしの入院であったのだよ」
「はい」
「とは言っても、前回の入院は、
中学生っくらいの時にした蓄膿症の手術に伴う入院だから、
20年近く前の話になるんだけどね」
「その"初体験"とやらは?」
「う~ん。どうしよう」
「どしたんですか?」
「いや、"初めて"を話し出すと、
めちゃめちゃ長くなっちゃうから、
明日、話そうかな」
「『兄ちゃんはじめて物語』って訳ですか」
「そうだ。そうしようっと。
ねぇ、モグタン」
「誰が"モグタン"じゃい!」
「『くるくるばびんちょぱぺっぴぽー…』」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
All I Wanna Do  by   Sheryl Crow

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「何か頭ん中、今日回ってて…
どっかで聴いたかしら…」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
超エッチなちひろが次々とにゃんにゃんしていくよぉ~(^^)v 522
[ 2006/06/21 20:36 ] [ 書き直したいの ]
退院おめでとうございます。
よかったです。(^o^)
当分安静に、ですよ。
[ 2006/06/21 21:04 ] [ 書き直したいの ]
オカエ((o(。・ω・。)o))㍑☆
しかし痛そうな話ですね~。
昨日はお姉様とボル君と水入らずで
楽しまれてるのかな~なんて思っていたらww
しばらくは安静にして下さいね☆
[ 2006/06/21 16:04 ] [ 書き直したいの ]
兄ちゃん、おかえり~!
お務めご苦労様でした!!
出所祝いの準備は万端ですっ(笑)
病院の人達って
患者の感じる痛みに対して慣れがあるのか、雑な時ありますもんね~。
可哀相に・・・痛かったでしょう凹
教授のヤロー、許せんな!(笑)
傷口が開くことのないように
安静に、お大事にして下さいね~。
[ 2006/06/21 16:15 ] [ 書き直したいの ]
お帰りなさい。
お待ちしておりました。
バリバリ剥がされましたか・・・
ありゃたまらんですな・・・
凹むお気持ちお察しいたします。
まぁしばらくは無理されぬよう安静にしてくださいませ。
ともかくまた掛け合いが読めて安心いたしました^^
[ 2006/06/21 17:02 ] [ 書き直したいの ]
お帰りなさいませ。
まずはおめでとうございます。
ボル君の「おかえり…」がカワイイですね。(^^
なんだかすごく痛そうな目に・・・
私も文句言っちゃいそうです。
ともかくしっかり養生してくださいませ。
[ 2006/06/22 10:55 ] [ 書き直したいの ]
お帰りなさい~~^^
麻酔スプレーなんてあるんだ@@
ガーゼ剥がすの痛そうですねー><
脱毛シートだって「ぎゃう!」ってなるのに、手術跡のガーゼ剥がすのなんて想像しただけで怖い;;
お医者さんて容赦なくやりますよねー(^^;)
[ 2006/06/22 10:57 ] [ 書き直したいの ]
>甜々さん
兄「水入らずでもなかったんですよ。
  お姉ちゃんパパから『旨いハマチが入ったから食いに来い』って言われて、
  すっ飛んで行ったので…」

ボ「全く、食い意地張ってんだから…」
兄「『食い意地ワールドカップ』何てのがあったら、
  イイ線行くのではないかと…」

ボ「その自慢の『食い意地』も、
  暫くは自重して下さい」

兄「へ~い」
>ネギさん
兄「おうっ!出迎えご苦労っ!」
ボ「兄貴。今回の祝宴は、ネギ姐さんが画を描き、
  尽力頂きました」

兄「あぁ、そうでしたか。姐さん。
  ワシの様な不調法者の為に、痛み入ります」

ボ「姐さんは、本日はお越しになってませんが、
  『安静に、お大事にして下さいね~。』との事でした」

兄「勿体無いお言葉、恐縮至極。
  今後共、良しなにお願い致します」

ボ「ボクからも、お願い致します」
>紅月さん
兄「実際には『ばりばり』とも、『ごりごり』ともつかない、
  聞いた事の無い音が頭蓋を伝わって耳に入ってきました」

ボ「聞いただけで痛そう…」
兄「ワシも大概痛がりだけど、
  あれはちょっと…」

ボ「涙出た?」
兄「なんたって鼻の奥のガーゼを剥がされたからね。
  『火垂るの墓』で節子が息を引き取る所より泣いた。
  あれは多分、全米も泣くね」

ボ「全米は泣かなんでしょう」
>ちひろのエロ日記さん
兄「ご訪問&コメント有難う御座います」
ボ「ありがとうございます」
兄「ワシの生き方の基本として、
  来るものは拒みませんので、
  来て頂けるのはしじょーに有難い」

ボ「ありがたい」
兄「…のですが、大変恐縮では御座いますが、
  次回コメント頂ける機会が御座いましたら、
  記事に則した内容を頂ければと思います」

ボ「恐縮です」
兄「自動記述かもしれませんが、
  宣伝ご苦労様です」

>らいとさん
兄「安静にしていられれば良いのですが…」
ボ「兄ちゃん、今日から仕事しています」
兄「貧乏自営業者はね、一週間も休むと、
  あちこちからクレームの嵐なのよ」

ボ「辛いですね」
兄「ホント『渡る世間は鬼ばかり』だ」
>NOBさん
兄「ただいまです」
ボ「おかえりおかえりおかえり…」
兄「もぉ、えぇっちゅうねん」
ボ「はい」
兄「帰りがけに先生に、
  『アフターのフォローはこちらできちんと致しますので…』って言われて、
  『アフターはアフターでも、オネエチャンからの、
  アフターのお誘いの方が嬉しいなぁ』なんて思ったのは内緒です」

>ホワイト・リリーさん
兄「ガーゼが鼻の奥に突っ込んであったので、
  麻酔のスプレーってのが使えたみたいです」

ボ「どゆこと?」
兄「鼻の中って粘膜だから、
  スプレーみたいなのでも吸収するんだって」

ボ「あぁ、なるほど」
兄「君の鼻は、外まで粘膜だけどね」
ボ「ボクの鼻の話はいいです」
兄「おっ。『鼻』と『話』、ちょっと掛けたね」
ボ「掛けてないですっ」
[ 2006/06/22 15:25 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。