店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローイン・アップ 

こうしてオトナになって行くのねん

兄ちゃん 「さて、帰って参りましたよ、と…」
ボル 「兄ちゃん。ボク眠いので、ちゃっちゃと行きましょう」
「我侭ね、アナタ」
「今日の写真は?」
「話せば長くなりますが…」
「じゃぁ、やめましょう」
「まぁ、そう言うな。聞いてくれ。
昨日、月に一度の辛い日々を過ごしている
お姉ちゃんの労をねぎらう意味で、
肩から腰にかけてマッサージをしてあげていた所、
ベッドにうつ伏せになっていたお姉ちゃんが、
急に『あーっ!』と声を上げました」
「はいはい」
「『これボル君の歯だよねぇ』と
写真のブツを見せてくれたのです」
「はいはい」
「そう。これはボル君、君の乳歯です」
「えぇーっ!」
「たまーに口開けてみた時、
抜けている歯があったから、二人で探してたんだよねぇ。
なかなか見つからなかったから『食っちゃったんじゃん』とか言って…」
「それが見つかった、と…」
「そゆこと。まだ数が足んないけどねぇ。
何本か食ってるでしょ?」
「記憶にございません」
「こうやって君はオトナの階段を登って行くのね」
「まだ、大人になりたくな~い」
「今のご飯が合っているのか、
体はどんどんでかくなってるけどね。
頭はまだまだ子供だね」
「まだ、子供がいい」
「お姉ちゃんも、そう言ってたよ。
『あんまり大きくなんないでね』って…」
「ボクもそう願いたい」
「まぁ、子供のまんまも可愛いけどさ、
大人は大人でいい事もあるよ」
「例えば?」
「体力が付いて遠くまで散歩に行けるようになる」
「ふむふむ」
「そこで絶世のカワイコちゃんとばったり遭遇」
「表現が古いけど…。ふむふむ」
「そこで君は恋に落ちる」
「それで?」
「彼女には実は彼氏がいたが、
彼女も君に惹かれ始める」
「うんうん」
「逢瀬を重ねる二人。
しかし、ある日君は彼女に彼氏がいた事を知り、
彼女の為を思い、身を引く決心をする」
「話がおかしくなってきましたよ」
「強引にさらって欲しかった彼女は、
君に物足りなさを感じ元サヤへ。」
「えぇーっ!」
「傷心の君は去勢を決意する」
「なんでやねん。
ってか、大人になっていい事無いじゃないですか!」
「あぁ、そう言えばそうだねぇ。
まぁ、現実はきびちぃって事よ」
「やっぱり、大人になりたくな~い」
「逆効果じゃったのう」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Growing up in Public  by   Lou Reed

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「この人の『Walk On The Wild Side』は、
ワシの人生に無くてはならない曲。
でも、今日は記事タイトルに合わせてこっちの曲を…」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
お仕事お疲れさまでした。
ボル君も一日ごとに大人の階段を登っているのですね。
私はなんだか途中で滑って落っこちたような気もします。。。
ええと、ウチからこちらへリンクさせていただいてよいでしょうか?
よろしくお願い致します。m(_ _)m
[ 2006/06/10 06:51 ] [ 書き直したいの ]
兄さん、奥さんのマッサージ♪
優しいですねー ヾ(゜-^*)⌒☆  
ボル君が兄さんのマッサージしてくれてるのかな?
ところで、ワンちゃんって歯が抜けるんですね(驚
いずれ、ペットokのトコに引っ越す予定☆彡
ウチもボル君みたいなワンちゃんと生活したいと思ってます\(^O^)/
[ 2006/06/10 07:03 ] [ 書き直したいの ]
ワロタwwwwww
なんでやねんってボル君がつっこんでるのを想像しましたww
うちもいつの間にかぬけておりましたねぇ(*・ω・*)
[ 2006/06/10 08:29 ] [ 書き直したいの ]
え?・・・ボル君の歯って抜けるんですか?自分も愛犬はおりましたが、知りませんでした。。。というか見た時ない(--;
これから大人になるならば、色んな事を覚えていくんですね。3つの数字でイッセンマン♪みたいな☆
[ 2006/06/11 00:42 ] [ 書き直したいの ]
へぇ、犬も歯が抜けるんだぁ。
生まれてからずっと犬を飼ってますが、どの犬も、
一度も歯が抜けたことがないような…。
そういえば、こどものころ、自分の歯が抜けると、上の歯は下へ、
下の歯は屋根の上へ投げませんでしたか?
体が小さかったからか、実験で小さな木の実を屋根へめがけて投げても届かず、
歯も当然のように屋根へ届かずに、その辺に落ちていました…。
[ 2006/06/11 02:11 ] [ 書き直したいの ]
ボル君歯がぬけたんですねー。
お姉ちゃんさんが言うように子供でいてほしいっていうのわかるなぁ~。
動物も人間も小さいかわいい時期ってあっという間にすぎちゃうねー。
[ 2006/06/11 02:34 ] [ 書き直したいの ]
>NOBさん
兄「ワシも落っこちたクチですかね」
ボ「何メートルくらい?」
兄「君。そんな質問が良く出来るね。
  まだ、底が見えない様な気がしますよ。
  未だ落下中なのかも…」

ボ「『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある』」
兄「ウマイ事言ってる様で、
  この場合、あんまり嬉しくないです」

ボ「そですか」
兄「そです」
ボ「あっ、兄ちゃんリンクして頂けるみたい」
兄「なんとも有難い申し出…。
  見えないと思いますが、ワシ泣いています」

ボ「兄ちゃん、後ろに隠したのは目薬ですか?」
兄「しーっ!余計な事言わない!
  し、失礼致しました。喜んでお受け致します。
  こちらでも貼らせて頂いて宜しいですかね」

ボ「ダメと言われても貼っちゃいますけど…」
兄「これからも、宜しくお願い致します」
ボ「おねがいいたします」
>キューピット1号さん
兄「いや~。優しいだなんて、そんな…」
ボ「照れてモジモジした仕草が、
  気持ち悪いです」

兄「君は、ちょいちょい失礼な奴だなぁ。
  罰として、ワシの腰をマッサージしろ!」

ボ「そんな器用な事出来ま千年、亀は万年」
兄「ふふふ。君も立派にこっちの世界の人間だな」
ボ「はっ、しまった。
  知らず知らずにオヤジギャグを…」

兄「見ろ、ボル君。
  あの星座がギャグの最高峰、オヤジギャグだ。
  ワシもかつては、あの輝かしい星座の一員だった。
  しかし、もうワシの手は届かない。
  ボル君、おまえはあの星座に駆け上れ!
  オヤジギャグという星座のど真ん中で、
  ひときわ輝くでっかい明星となれ!
  ボル君よ、栄光の星を目指すのだ!」」

ボ「とうちゃん!…って長いよ。
  っつーか、目指さないよ」

兄「あらら」
>甜々さん
兄「笑いとれましたか?
  何より嬉しいお言葉です」

ボ「兄ちゃんとのコンビも成熟してきたでしょうか?」
兄「いんや。まだまだ。日々これ努力なり」
ボ「厳しいですが、頑張ります!」
兄「そう言えば、今日も口に血ィ滲んでたね」
ボ「お姉ちゃんとロープの引っ張りっこしてたら、
  前歯が抜けました」

兄「その歯ァ、どこやった?
  まさか、また食べちゃった?」

ボ「とんと記憶に御座いませんなぁ」
兄「今度抜けたら食べちゃわないで、
  ちゃんと教えて頂戴」

ボ「憶えてたらねぇ~」
兄「憎たらしいっ」
>nbuさん
兄「仔犬って人間の子供みたいに、乳歯が抜けるみたい。
  ワシもお姉ちゃんから聞いて、初めて知った」

ボ「大人の歯になったら、
  もっとガジガジしてやる」

兄「ボル君、悪い目になってますよ。
  ウチにも来ないかなぁ、イッセンマン」

ボ「イッセンマン来たら、
  ボクに何か買ってくれる?」

兄「買う買う。好きなもん買ってやるばい」
ボ「やったぁ。早く来ないかなぁ、イッセンマン」
>kotaさん
兄「あぁ。あったあった、そんな風習。
  実家北海道の屋根は、
  雪対策で普通より勾配が急なので、
  屋根に投げてもトタンの上をカラカラ音を立てて、
  落ちてきやがんの」

ボ「意味ない…」
兄「多分、昔の茅葺屋根の時の風習の名残じゃぁなかろうか…」
ボ「なるほど。上の歯は?」
兄「縁の下に放るって言うけどね。
  これも実家に縁の下は無かった」

ボ「どうしたの?」
兄「なんか、庭に埋めたような気がする」
ボ「これも、意味ない…」
兄「あっ。だから今になって、
  歯で苦しんでるのか?」

ボ「何か、兄ちゃんの中で、
  歯車が噛み合ったようです。
  でも、それは間違っている様な気が致します」

>ホワイト・リリーさん
兄「そうなのよ。
  仕草は、まだ子供なんだけど、
  体がどんどんでかくなる」

ボ「可愛くない?」
兄「可愛いさ。可愛いに決まっちょる。
  ただなぁ…」

ボ「"ただ"何?」
兄「ウチに来た時は"手乗りボル"だったのに…」
ボ「そう言わず、これからも可愛がってねん♪」
兄「わざとらしい…」
[ 2006/06/12 02:33 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。