店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくりしたなぁ、もー 

イイ天気だ。よしっ!

兄ちゃん 「街を歩けば、栗の花の香りが鼻を衝く今日この頃。
皆さん、如何お過ごしでしょうか。 東京地方、12:00現在。快晴で御座います」
ボル 「あれ、お姉ちゃんは?」
「お姉ちゃんは、本日、親戚の女性陣ご一行様で、
後楽園『スパ・ラクーア』に遊びに行っております。
我が家の男性陣、約二名はお留守番で御座います」
「知らなかったぁ。
ボクを置いて、お姉ちゃんは…」
「どっちにしても君は行かれませんので、ご心配なく…」
「あらら」
「まるで南の島の様な良い天気。
君が散歩嫌いでなければ、どこぞの公園に遊びに行きたい所なのですが…」
「散歩嫌~い。お外怖~い」
「まぁ、徐々に慣れてくれればいいですよ。
目指せ!フリスビードッグ!」
「プードルのフリスビードッグって、
あんまり聞いた事が無い様な…」
「細かい事は気にするな。
君は明日のドッグランのヒーローだ!」
「一人で盛り上がって…」
「ん?何か?」
「いえ、何でも…」
「ところでワシ、昨日の晩は11時には寝てしまい、
今朝、お姉ちゃんが出掛けるまで爆睡しており、
更新が今の時間になってしまったわけだが…」
「はい」
「さっき一晩ぶりにPC立ち上げて
びっくりした事がふたつばかし…」
「それは、何ですか?」
「ブログの訪問者の履歴の数が、ありえない数字だった事」
「はぁ」
「何か数えたら70名くらい来て頂いていたみたいで、
このブログ立ち上げて以来最高数でした」
「へぇー」
「こんなチンケなブログにありえない数字。
種を明かせば、常連の方々以外は大半が"surf"でしたから、
『ブログジャンキー』経由の方だったみたいですが…。
それでも『どうした?なんか祭りか?』って感ズだす」
「それでも来て頂いただけありがたいです。
ボクを知ってくれてありがとう」
「この方々にもコメント頂ける様、
拙文なりに精進致す所存で御座います」
「これからも宜しくお願い致します。
もう一つは?」
「さっきFC2ランキング見たら、
『日記・その他』で18位になってたっ!」
「えぇ~っ?」
「ランキング貼っ付けてる割には、
気にも留めず、ひと月くらい見てなかったのですが…
前に見た時は120位くらいだった様な…」
「これも皆さんに頂いた"ポチポチ"の賜物でございます」
「ホントいつも有難う御座います。
感謝の言葉も御座いません。御座いませんから言いませんが…」
「又、パクリ…」
「『パクリ』言うな。人聞きの悪い。
『インスパイア』と言いなさい。『インスパイア』と…」
「『インスパイア』って言ったら何でも許されると思ってません?」
「あれ?違うの?
だって○○○○○とか○○○○・○○○とか何でもありじゃん。
あの人達なんのお咎めも受けてないでしょ?」
「伏字だらけで、まるで何の事か分かりませんが、
あれはレ○ード会社とかプロ○クションとかの力があって、
始めて成り立っているんです。
兄ちゃん何か、下手打ったらすぐ潰されますよ」
「君、裏事情に詳しそうじゃん。
『下手打ったら…』なんて言葉、普通の犬からは、そうそう出てこないよ」
「兄ちゃんと一緒にいると、
どんどんボクが汚れて行く…」
「失礼な事言うな。見た目はこうでも、ワシゃ堅気じゃ」
「お姉ちゃんから、色々聞いてますよ。ククク…」
「スマン。ワシが悪かった」


P.S
雲行きが…

兄ちゃん 「現在4時。雲行きが怪しくなってきました」
ボル 「そう言っているうちに雨が…」
「凄い風です。洗濯もん取り込まなくちゃ」
「お姉ちゃんは、無事帰ってこれるでしょうか?」
「う~ん、心配。迎えに行く様かも…
これこそ今日一番の『びっくりしたなぁ、もー』だ」
-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Hey Ya!  by   OutKast

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「何か今日の天気、ちょっと前に行ったバリを思い出しちゃって…
現地のMTVみたいな局から、やたらとテレビでこの曲が流れてたの思い出して…」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
遊園地に遊びに行った皆様、雨風、大丈夫だったのでしょうか…|-')
今外を見たら、やんでるみたいでした。一時的なものだったんですかね、雨風。
[ 2006/05/20 18:56 ] [ 書き直したいの ]
おや、そちら雨模様ですか?もうすぐ梅雨の時期ですよね?今年はこちらにも梅雨が来るみたいで...(--; ブログランク、日記で18位ってスゴイっすよ。あれだけ多くのブログ集まるカテゴリで・・・。nbuは競争苦手なもんで少数カテゴリに狙いを・・・、いや、まぁお互い頑張りましょう!(^0^)っという事で本日もポチッと凸していきま~っす♪お姉ちゃん早く戻られるといいですね。お迎え面倒じゃないっすか(´Д`)土曜日なんで早いうちからグイっと一杯したいもんです♪
[ 2006/05/20 19:01 ] [ 書き直したいの ]
お昼、暑かったですねー。風もスゴかったけど…。
なのに、昨日、酔った新入社員になぜかビールをかけられてビール臭くなった
ダンナのスーツをクリーニングに持って行こうと思ったら、大雨で…。
しかも、超強風でカサが壊れそう!
スーツよりカサの命を選んで、
途中からはささないで自転車を走らせました。
[ 2006/05/20 23:11 ] [ 書き直したいの ]
ラクーア、私も行ったことあります^^日ごろの疲れをとるのにいい感じですよね☆
ランキング、すごいですね!
これからもブログ楽しみにしてます(*^▽^*)
今日は夕方大降りでしたね。
そらがすごい色してました。
出かけ先で降られて傘を買ってる間にやみました;;
まぁ、傘はいくつあってもいいけど、せっかく買ったのに使わない状態で家に持って帰るんて...トホホ
昨日の「今日の一曲」、
私が探してた曲でした!
やっとアーティスト名と曲名がわかって嬉しいです♪さっそくDLして聞いてます(*^m^*)
[ 2006/05/20 23:54 ] [ 書き直したいの ]
ぽちっとな、ワタクシもやってますよ(・ω・)ノ
やっぱイイ記事を書かれるブログはもっとみんなに見てもらいたいと思いますからね(*´▽`*)
ここのお二人の掛け合いは心癒されるものがあります(*・ω・*)ゞぁぃ
いつも遊びに来て頂いてこちらからリンク貼りたいナァと思っているんですが、
ウチの内容が内容なだけに嫌がられるかなと思って
言い出せない今日この頃のワタクシです。
してお姉さまはご無事でしたか?
[ 2006/05/21 03:27 ] [ 書き直したいの ]
>順子(仮名)さん
兄「すぐ止んじゃいましたね。
  連中は室内の施設だったので、大丈夫だったみたいです」

ボ「ご心配頂きありがとうございます」
兄「こっちの心配をよそに、
  帰ってきたら『雨降ってたんだって?』と
  聞いてきやがりました。」

ボ「でも、濡れなかったみたいで、良かったです」
>nbuさん
兄「そうなのよね。
  北海道って梅雨がないって言われるけど、
  軽いのがあるんですよ。実は…
  コッチほどじゃぁないけど」

ボ「そうなんですか?」
兄「そうそう。軽~いのがね」
ボ「ふ~ん」
兄「nbuさん、私の書き方が悪かったです。
  『日記』全体の18位ではなく、
  更にその中の一部門の『その他』と言うカテゴリーで
  18位だったと言う事です。
  すんませんでした」

ボ「校正はきっちりしないといけません」
兄「以後、気を付けます」
ボ「nbuさんトコも結構イイとこ行ってますよ」
兄「『北海道』一本に絞れば、もっと上狙えるんじゃないですか?
  老婆心ながら…」

ボ「お姉ちゃん、無事帰ってきました」
兄「全然、平気だったみたい。
  『雨、降ってたんだって?』って言ってた。
  心配して損した」

ボ「そんな事言っちゃぁいけません」
>kotaさん
兄「何とも忙しい天気の一日でした」
ボ「ホント、ハワイあたりのスコールの様な感じ」
兄「君、知らないでしょ」
ボ「何となく、イメージで…」
兄「何かタイミングの悪い時に、
  クリーニング屋さんに行きましたね」

ボ「風は強かったけど、
  雨はすぐ止んじゃいました」

兄「そんな時に自転車を走らせて…なんて、
  "愛"だよね。"愛"」

ボ「雨に濡れて、風邪など召されません様…」
>ホワイト・リリーさん
兄「帰ってきてから、
  中がどうだったか聞きました」

ボ「何か、気軽っぽい感じみたいでした」
兄「ワシも今度行こうっと。」
ボ「ボクは…行けないんだよね…」
兄「皆さんの暖かいお言葉が、ホント有難いです」
ボ「雨、濡れませんでしたか?」
兄「風邪、気を付けて下さい。」
ボ「『今日の一曲』も、お役に立てた様で、なによりです」
兄「適当に浮かんだ曲を書いているだけですが、
  また、機会があれば、そして趣味に合いそうなモノがあれば、
  聞いてみて下さい」

ボ「まるっきりランダムで一貫性はありませんが…」
兄「それは、ワシの台詞じゃ」
>甜々さん
ボ「毎度"ぽちり"ありがとうございます」
兄「『心癒される…』なんて言われると、照れます」
ボ「おぉ、兄ちゃんが木に登っていく」
兄「ワシぁ、ブタかっ!いや、ブタか?ブタかも…」
ボ「ある意味、ブタです」
兄「いや、まだまだ痩せ足りんのは自覚しています」
ボ「ははは」
兄「リンクの件。喜んで、と言うか、
  こちらからお願いしたい所です。
  ただ、ワシらのブログなんかからお願いするなんて、
  畏れ多くて言い出せないだけで…」

ボ「甜々さんさえ宜しければ、
  こちらもリンク貼らせて頂きます」

兄「お姉ちゃんは、全然平気の平左で帰ってきました」
ボ「丁度、止んだ頃外に出てきたみたいです」
兄「良かった様な、心配して損した様な…」
ボ「ご心配ありがとうございました」
[ 2006/05/21 04:04 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。