店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛する人のために 

今日は画像ナシです(by ボル)

兄ちゃん 「今日はこちらの方のブログに"インスパイア"されたネタを…」
ボル 「はい」
「ちょっと前にCMで、駅の改札を舞台にして、
ある女の子の成長を父親とのやり取りで綴るものがありました。
皆さん、ご存知でしょうか?」
「生命保険会社の?」
「そう、某『日本生命』の…」
「全然"某"じゃないし…」
「そのCMのナレーションで流れていた詩を聞いて、
ワシは一瞬画面に目をやりました」
「なぜ?」
「企業CMのコピーにしちゃぁ、あまりにも出来すぎていると感じたからです。
一介のコピーライターが書いたものにしては、詩として出来上がっている、と…」
「はぁ」
「そのCMの最後の方で疑問は解消されました。
『文 谷川俊太郎』と、そこには書かれていました」
「はい」
「なんと的確に保険という"商品"の捕らえ方を説明し、
尚且つ押し付けがましくなく、観ている者の感情に訴えかけるのか…」
「はい。でも、兄ちゃん…」
「あぁ、そだね。ワシの拙文での説明など不要だね。
詩は考えてもしょうがない。感じるものだからね」
「それは、他のアートにも言えますね」
「君も分かってきたね」
「えへへ」
「昔、ポエトリーリーディングの企画に携わった事もあり、
詩的なものに、ちょっと惹かれる傾向のあるワシが、
最近知った中で、色んな意味で『上手いな』と感じた詩でした」
「皆さんに紹介しないのですか?」
「ここで勝手に全文をUPするのは、さすがにダメだと思うので、
申し訳ございませんが、興味のある方はこちらのURL↓
http://www.nissay.co.jp/kojin/present/cm/index.html
をコピペして飛んでみて下さい。 ページの下の方に全文が載っています」
「面倒くさいね」
「ちょっと、明日、直接問い合わせてみます。」
「お願いします」
「なんだか今日は取り留めの無い、しょうもない記事になっちゃったなぁ。
すんません」
「しょうもないのはいつもの事」
「まぁ、そだね。って、オイ」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Nuovo Cinema Paradiso  by   Ennio Morricone

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「今日の記事に出てきたCMのBGMです。
ニュー・シネマ・パラダイスのテーマ曲です
郷愁を誘うというか、このギターのメロディーは、
色々な情景が浮かび、聞いてるだけで涙がにじんできます」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
あ、あの宣伝知ってます(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ
てかついつい見てしまいますねぇ(*・ω・*)
人の心をつかんで放さない素敵なCMですよね。
そんなワタクシは保険何も加入してませんが( ´,_ゝ`)ナニカ?ww
[ 2006/05/18 06:23 ] [ 書き直したいの ]
すみません、どんなCMだったか知ってるような知っていないような、そんなモヤモヤ中のnbuです。してnbuは一種のポエマー(自称ナル)ですがchiiにはあまりウケがよくなく、リビドーは態度で示した方がいいようです、少し寂しいです。気持ちを表現するってホント難しいですね♪それでは、さよなら、さよなら、さよなら(淀川風)
[ 2006/05/18 10:44 ] [ 書き直したいの ]
ニュー・シネマ・パラダイスは大好きな映画のひとつです。
BGMに流れている曲もとても映画とマッチしていてとても印象的でした。
映画館で涙を流したのはこの映画くらいかもしれません・・・
ありがとうございます。
勝手にリンクさせていただきました。これからもよろしくお願いします。
[ 2006/05/18 13:13 ] [ 書き直したいの ]
そのCMに心当たりがないキューピット1号???
保険って言ったらアリコ???
スーパーで買い物してるっちゅうにひたすらジェンジェン関係ない保険の話してるアレ♪
あと工場でみんなが聞こえるような100万円貯められる♪ってアレ!
あ!思い出した!あと・・・
長いよ(=^m^)
[ 2006/05/18 13:32 ] [ 書き直したいの ]
ボル様、今流行の”インスパイア”ですね(爆笑)
しかも”某『日本生命』”って(汗)
私もこのCMに覚えがありませんが・・・読んでみましたよ♪
商品説明にしては、控えめで好感の持てる詩ですね。
ああ、生命保険入ろうかなぁ~。旦那の(笑)
[ 2006/05/18 14:33 ] [ 書き直したいの ]
ピンポーン( ^▽^)σ゛┃ドア┃トントン
[玄関]・▽・)ノ おじゃまします♪
どんなCMだろう?
多分見たら分りそうなんですが…
うう。。気になります~~
応援ポチ凸ポチ凸~ c=(・ェ・o)
[ 2006/05/18 14:52 ] [ 書き直したいの ]
兄「このCM知ってる人少なかったですね」
ボ「マイナーだったのかしら」
>甜々さん
兄「数少ない"知ってる派"」
ボ「ありがとうございます」
兄「保険、ワシも色々事情があり、
  ほとんど解約しちゃってんです。
  今回の入院費用持ち出しなので、
  幾らで上がってくるか心配で夜も眠れず昼寝しております」

ボ「また、古いギャグを…」
兄「オッサンだから、許せ」
>nbuさん
兄「若い時分の詩はリビドーの発露一本槍でOKなのです」
ボ「でも、chiiさんにウケが悪いって」
兄「それはしょうがないですよ。
  人に聞かせたくて書いてるつもりでも、
  独りよがりになりがちですから…」

ボ「どうすればいいの?」
兄「不断の努力。書き続けていれば、コツが掴めてきます。
  人に聞いてもモノにはなりません。
  試行錯誤がその人の"味"になって行くのですから…」

ボ「真面目にコメントしてる。
  明日は雪が降るのでは?」

兄「キャラじゃない事すると、尻の据わりが悪いですね」
ボ「『淀川風』って何?」
兄「『淀長さん』ね。長くなるから、君には後で説明します。
  覚悟しててね」

ボ「ひゃぁー」
>紅月さん
兄「ニュー・シネマ・パラダイス。ホントいい映画です」
ボ「兄ちゃんも泣いた?」
兄「泣いたねぇ。しかも何回見ても泣けるねぇ」
ボ「最近は涙脆くて、すぐ泣くけどねぇ」
兄「歳とともに涙腺が…。
  『火垂るの墓』で泣いたのは内緒です」

ボ「リンクありがとうございます」
兄「紅月さんさえよろしければ、
  こちらからもリンクさせて頂きたいと思います」

ボ「こちらこそ、よろしくおねがいいたします」
>キューピット1号さん
兄「そうですか。知りませんか。
  やっぱ、マイナーなのね」

ボ「会社はでかいけどね」
兄「まぁ、あんまり印象に残るCMではないかも…」
ボ「全体に大人しい感じのものでしたから」
兄「保険のCMであと好きなのは、
  松木安太郎さんのソニー生命のやつ」

ボ「あの、サッカーのやつ?」
兄「そうそう、それそれ」
ボ「確かに、兄ちゃん好きそう」
兄「最後のあの空いた座席が…」
ボ「まんまと製作側の意図にハマってますね」
>ネギさん
兄「"インスパイア"分かって頂き、嬉しく存じます」
ボ「ちょっと時期を逸した感はありますが…」
兄「ちょっとイイ詩でしょ。
  色々な意味で"大人"な詩だと思います。
  野暮になるので詳しくは言いませんが…」

ボ「兄ちゃん、保険入ってません」
兄「今回の入院・手術ヤバイです。持ち出しです。
  『こんな事なら…』と後悔しても、後の祭り」

ボ「次からはちゃんと入りましょうね」
兄「そうします」
>Sarhtoさん
兄「直リンしたかったのですが、
  許可が下りず、申し訳ございません。
  ワシの力不足…」

ボ「有名サイトならOKしたかしら」
兄「たぶんねぇ。
  担当の人も上司を説得しやすいでしょ。有名な方が…」

ボ「そんなもんなんですかねぇ」
兄「世の中、そんなもんです」
[ 2006/05/19 02:08 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。