店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーでVIPなサービス 

ボクのだぞ!

兄ちゃん 「さて、今日は何から話そうかな」
ボル 「先ずは、皆さんにお礼を言わなくちゃ」
「そうだった。皆様、暖かいコメント誠に有難う御座いました。
不肖兄ちゃん、これで心おきなく故郷の為に散る事ができます」
「いやいや、散っちゃぁだめでしょ。
しかも、故郷の為でもないし…」
「あれ?でも、そのくらい元気を頂いたって事よ」
「皆様、ありがとうございます」
「さて、引き続きの病院ネタで申し訳ないのですが…」
「はいはい」
「今日、入院受付ってのをしてきたんです」
「まだ、先なのに?」
「なんか、救急じゃなければ前もってやっておくみたい」
「そうなんですか」
「そこでね、『入院のしおり』みたいなのもらったんですよ」
「なんか『遠足のしおり』みたいで、軽いですね」
「いや、ホントのタイトルは違ったけど…。
そこに書いてあった差額ベッドの金額を見てびっくりしたわけですよ」
「なるほど」
「いいですか、ボル君。驚かないでよ」
「覚悟します」
「一番高い病室のお値段が、なんと一泊6万円超なのですよ」
「きゃぁー」
「一泊6万つったらですよ、有名な観光地でもいっぱしの宿に泊まれますよ」
「そんな宿に泊まってみたぁ~い」
「いやぁ~。びっくりした」
「ボクもびっくり」
「前に知り合いの個人病院の先生が入院してた病室が、
そこいらのマンションよりも立派だった事を思い出しました」
「はぁ」
「あの病室も差額高かったんだろうなぁって。
やっぱ、先生って儲かるのかなぁって…」
「対外的な配慮もあるでしょうけどね」
「随分大人な意見じゃない」
「ボクも犬的には、青年に近づきつつありますから…。
ところで、兄ちゃんの病室は?」
「そんなお金払えないので、当然差額なしですっ。」
「威張るほどの事では無いような…」
「ワシ、そこで一つ疑問が浮かんだのですが…」
「なんでしょう」
「もしかして、その上にもっとVIPな病室があって、
お金を払えば、いやらしいビデオに出てくる様な、
あんなサービスやこんなサービスがあるのでしょうか?」
「いや、それはないでしょう」
「分かりませんよ。"裏"メニューばやりの昨今ですからね」
「で、お兄ちゃんはそんなサービス受けたいですか?」
「いやぁ、どうしてもって言われれば、やぶさかではないですよ」
「いやらしいっ。お姉ちゃんに言っちゃおうっと」
「ちょっとお待ちになって下さいな、お代官様。
こちらにお代官様の好物の玉子ボーロのご用意があるのですが…」
「ほうほう。これは見事な山吹色じゃ。」
「お気に召して頂けましたでしょうか?」
「いやいや。悪くない悪くない。気に入ったぞ。三河屋」
「お気に召して頂けたようでなにより…。
ところで例の件、よしなにお願い致しますぞ」
「おぉ。あの事か。分かっておる分かっておる。
例の件、不問に致すよう取り計らっておく事としよう」
「有難う御座います。これからも宜しくお願い致しますよ」
「はっはっはっ。三河屋。そちも悪よのう」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
あゝ人生に涙あり  by   あおい輝彦

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「なんか、話の流れがそっちに行っちゃったから…。
これ、色んな人が歌っているみたいですが、
なぜかあおい輝彦さんVer.が印象に残ってます」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
状況事態は決して笑えない状況なのに
お二人のかけあいにすっごく笑いましたww
ワタクシはもう元気ですが(腰痛持ちではありますが)
お兄様こそご自愛下さいね(*´▽`*)
…しかしたしかにタマゴボーロも山吹色だww
[ 2006/05/17 09:44 ] [ 書き直したいの ]
ワタシもウケてしまいましたよww
しかしまあ~~┐(´ー`)┌
一泊6万円の病室を一度見てみたい♪
ワタシが入院した時、たまたま大部屋が空いてなくて無理矢理個室に(汗
一泊6000円にビビリ看護婦さんがくるたび
「大部屋空きましたかねー?」
な~~んて聞いてました(=^m^)
政治家の先生たちって、何かあると都合よく病気になって入院したりするじゃないですかー。
やっぱこういうゴージャスな部屋で実は兄さんの妄想wは現実に・・・ww
[ 2006/05/17 14:20 ] [ 書き直したいの ]
チッチッ・・・ボル様達、甘いな!
VIP部屋で、あんな事やこんな事なんつーのは本当の楽しみじゃないんですよ。
やっぱり1番の楽しみは、4人or6人部屋で夜中カーテンでし切って眠っている中
巡回看護婦さんが「誰にも秘密よん」って。
これが男の望むものだと私は解釈しておりますが何か?(笑)
[ 2006/05/17 14:28 ] [ 書き直したいの ]
>甜々さん
兄「腰痛持ちっスか。
  キツイなぁ、それ」

ボ「そうなの?」
兄「酷くなると、どんな格好してても痛いのよ。
  経験あるから分かるなぁ」

ボ「甜々さん可哀そう」
兄「そだっ!ボル君お得意のマッサージをして上げなさい」
ボ「はいっ。じゃぁ甜々さん、うつ伏せになって下さ~い。
  ふみふみふみふみふみふみふみふみ」

兄「これでちっとは楽になったでしょうか」
ボ「んなわけあるかっ」
>キューピット1号さん
兄「ウケて頂いてなによりです」
ボ「兄ちゃん。社交辞令かもよ」
兄「君、疑りぶかいねぇ。
  キューピットさんはそんな人じゃないよ」

ボ「失礼致しました」
兄「6万超よ。すごいでしょう?
  富士屋ホテル本館のスーペリアでもお釣りがくるぜ」

ボ「政治家のお歴々は、こんなトコに入ってるんですかね」
兄「たぶんねぇ。
  確かに一泊6000円でもビビルよなぁ」

ボ「兄ちゃんが甲斐性なしだから、
  ウチは貧乏だもんねぇ」

兄「う、うるさいっ。泣くぞ」
>ネギさん
兄「ネギさんっ!それイイっ!もらったっ!」
ボ「『もらった』って…」
兄「今回丁度4人部屋だからさぁ、いけんじゃねぇ?」
ボ「相手のある事ですからねぇ。兄ちゃん一人で盛り上がられても…」
兄「あぁ、そだよね。」
ボ「急にテンション下がりましたね」
兄「なんか入院生活がちっと楽しくなってきた所で、
  誰かが水を注すからさぁ」

ボ「まぁ、そう言わず、頑張って治して肉食いましょう。肉」
兄「おぉっ!テンション上がってきたぁ」
ボ「単純な人だ」
[ 2006/05/17 23:19 ] [ 書き直したいの ]
兄様、ボル君
コメントありがとでした
以上新郎の挨拶に代えさせて頂きます。
話しは変わるが俺の知っている病院では各病棟にナースの写真が貼り出されている!
但し指名は出来ない!
チェンジも出来ない!
オプション無しの
いやいや病院なのだ!
[ 2006/05/18 11:49 ] [ 書き直したいの ]
>ロドリゲスさん
兄「?…。どういう趣旨でそのような…」
ボ「貼り出す事による患者のメリットは?」
兄「事前に可愛い娘の名前をチェック出来るくらいか…
  指名もチェンジも出来ないなら、生殺しだぁ」

ボ「兄ちゃんは病院に何を求めているんでしょうか」
兄「んん?ロマンス」
[ 2006/05/19 09:40 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。