店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯行現場 

あ~あ…

兄ちゃん 「っ!…」
ボル 「何か?」
「いや、君の手の届く所にトイレットペーパーが
転がってしまっていた事に気付かなかったワシが悪いんだす」
「まぁ、そう落ち込まんと、元気出しなはれ」
「君が紙好きなのは知っていたのに…」
「何でか喰うてまうねんなぁ」
「ボル君」
「はい」
「キャラが変わってますよ」
「ボクはあらゆるキャラを可愛くこなす役者でもあります」
「可愛いのは認めるけど、悪党キャラはどうかと…」
「いけませんか?」
「せめて10回に1回位にして頂ければと…」
「了解致しました」
「何卒、宜しくお願い致します」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Good People  by   Jack Johnson

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「今日、何とこの辺は30.3度あったそうで、もう夏じゃん、と。
今、夏と言えばチューブや加山雄三よりもJack Johnsonでしょう。そうゆう事です」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
暑かったですねー F^v^;
こっちも30度こしましたよ!
ボルくん☆彡
これまた派手に・・・www
これからも悪党キャラに期待ですV(^-^)V 
[ 2006/05/01 18:18 ] [ 書き直したいの ]
ボ「いつもコメントありがとうございます」
兄「確かに今日は暑かった。
  ボル君も"事件"の後、ぐったりしてたもんね」

ボ「何か疲れました」
兄「冬生まれだから、夏は苦手なのかも…」
ボ「初めての夏なので、その辺はなんとも…」
兄「ところで『悪党ボル』を期待されておりますが?」
ボ「でも兄ちゃんと"10回に1回"って約束しちゃったし…」
兄「まぁ、期待されているのであれば、
  もちっとゆるくしましょうか。9回に1回位に…」

ボ「大して変わらないと思いますが」
兄「後始末するのは、ワシとお姉ちゃんなので…」
ボ「それに関しては申し訳ないと思っています」
兄「自分で片付けるんなら、何回でもいいですよ」
ボ「はい?」
兄「散々暴れまわった後、大人しく後片付けをするボル君。
  見てみたい」

ボ「丁重にお断り致します」
[ 2006/05/02 01:32 ] [ 書き直したいの ]
ギャ~!
グチャグチャっすね(汗)
ボル様もにはぜひ、自分で掃除するという芸を身に付けて頂きたい。
ボル様は天才なのだから、きっと出来るハズ・・・
ね?兄ちゃんさん?
[ 2006/05/02 13:31 ] [ 書き直したいの ]
兄「いつもコメントありがとナス」
ボ「ありがとうございます」
兄「ほら、ネギさんも『お掃除ボル』期待してますよ」
ボ「ん~。悩みドコですねぇ。
  興奮しちゃうと前後不覚に陥ってしまうので…」

兄「確かに興奮してアチコチに頭ぶつけてますな。
  バカになりませんか?」

ボ「その辺はボクもちょっと心配です」
兄「気を付けて下さいね」
ボ「ん~。あの時のボクはボクじゃないですから…」
兄「困りましたね」
ボ「『前向きに検討』という事で…」
兄「どこぞのお偉いさんみたいな発言ですな」
ボ「すんません」
[ 2006/05/03 10:20 ] [ 書き直したいの ]
コメントの投稿












「ボル君にだけ…」の方は、チェックを入れて下さい。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。