店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

One Chance 


兄ちゃん
「今日は、YouTubeの動画を一つ。」
ボル
「はい。」

「以前にもご紹介致しましたが、
最近、日本の龍角散のCMに起用された奇跡のオペラ歌手、
ポール・ポッツさんがエントリーしたイギリスのオーディション番組、
『Britain's Got Talent』の場面を、
最近自信を無くしている知り合いに向けて、再度ご紹介致します。」

「はい。」

「この『Britain's Got Talent』と言う番組、
向かって一番右側にいる音楽プロデューサーのサイモンを筆頭に、
出演者に向かって辛辣な言葉をかける事で有名な様で、
最後までパフォーマンスをしたとしても不合格がほとんどなのだそう。

ま、講釈はこの位で、動画をご覧あれ…。」
&lt;&lt;&nbsp;ご覧の環境は埋め込み動画の表示に非対応です&nbsp;&gt;&gt;<br>



「何度見ても、鳥肌が立って涙すら出そうになります。

今、落ち込んでいる知り合いのS氏も、
これを見て自信を取り戻してもらいたい。」

「今日はこれにて失敬…。」



今日の一曲


by


ボル
「して、その心は?」
兄ちゃん
「本家パバロッティのトゥーランドットです。
『神に祝福された声』と呼ばれた大スターです。

声量、その高音域の美しさ、その明瞭な発音、
どれをとっても、やはり一級品です。
そして彼も人間なのでした。
昨年の9月6日に、
彼の声に祝福を与えた神の元へ召されていったのでした。
享年71歳。

『三大テノール』の揃い踏みは二度と見られなくなってしまいました。」

「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

スポンサーサイト

新たなる…。 


兄ちゃん
「秋華賞、三連単、1098万2020円付いた今日この頃。
如何お過ごし?」
ボル
「配当が付いたって事は、買ってる人がいたって事ですよね。」

「全くもって、馬やらしい…いや、羨ましい限りです。
どこの誰かは存じませんが、おめでとう御座います。
菊花賞も荒れるでしょうか?」

「だと、予想も楽しいですね。」

「さて、明日はなんて事無い月曜日。
が、ワシにとっては不惑も4年目を迎える日。」

「ははは…。」

「この一年も色々ありました。
環境が大きく変わりました。
次の一年も色々あるでしょう。
が、変化を受け入れ、楽しみ・喜びに昇華するべく、
過ごして行きたいと考えておりまする。」

「はい。」

「こんなオジサンのお相手をして頂いている奇特な方々。
今後とも、宜しくお願い致します。」

「お願い致します。」



今日の一曲


by


ボル
「して、その心は?」
兄ちゃん
「自ら言うのもこっ恥ずかしいですが、
"老い"を自覚する為にも、たまには良いでしょう。
おめでとうワシ。」

「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

一行更新 


兄ちゃん
「最近良く歌う歌。」
&lt;&lt;&nbsp;ご覧の環境は埋め込み動画の表示に非対応です&nbsp;&gt;&gt;<br>

「ちょっと古いですかそうですか…。」

「終わり…。」



今日の一曲


by


ボル
「して、その心は?」
兄ちゃん
「こっちも良く歌うかな?
オアシスの歌詞は歌い易いからね。
ま、好きじゃなきゃ歌わんけど…。」

「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

さて、タイトルは何としよう… 


兄ちゃん
「何だか寝付けなくてね。
5時頃から今までYouTubeで昔の曲を聞いておりまする。」
ボル
「何をやっておる。早く寝ろ。」

「寝付けねぇって言っておろうが。
それもこれも、全部姐さんことあっちさんのコメントが悪い。
モータウンの25周年ライブのビデオがどうたら言うから…。」

「人のせいにするんじゃありません。」

「そうよね。
それにかこつけて朝までアホみたいに起きている、自分が全部悪い。
んで、古いの色々聴いてたら、『Kool & The Gang』が聴きたくなって、
検索したらあるわあるわ。
ユニバーサルが動画をアップしてるもんだから、高画質の動画がいっぱい。」

「前にNOBさんも言ってたけど、YouTubeも使い様によっては、
良いプロモーションの道具ですよね。」

「こう言う古い動画でも、昔を懐かしむワシの様なオッサン連中は、
CD、いやDVDでも買おうか、とか思うもんね。
下手に金を持ってるから、コンプリートBOXなんて出た日にゃぁ、
保存用と"2セット買い"だよね。ワシは金持ってないけど…。
世のBOXセットの大半は、こう言う大人が買っていると思われ。」

「かもしれませんね。BOXセット高いし…。」

「そんなこんなで、
今日聴いていた『Kool & The Gang』のYouTubeのリンク、
以下に列挙致します。
ご興味のある方は、御一聴下さいな。」





「『Celebrate good times, come on!』って事で、
一曲目は超有名なハッピーチューン『Celebration』。
聴いた事あるでしょ?
彼らの最大のヒット曲ではなかろうか…。
アメリカ映画のハッピーエンドの場面などで良く使われています。
あ、今回『Kool & The Gang』の説明は省きますね。
語ると長くなっちゃうので…。(笑)」





「これも有名ですよね。『Get Down On It』。
あちこちで元ネタとしても使われています。
ホーンセクションがカッコイイ!」



注意!このリンク先は音が出ます Joanna


「一転、スローなダンスナンバー&ラブソング『Joanna』。
これもイイっすね。
『♪ジョア~ナ~ アイ、ラ~ビュ~♪」





「もう一曲スローナンバー『Cherish』。
切ないメロディーに胸がキューンとします。
こんなに切なくなる位の恋。忘れている様な気がします。(笑)」





「そしてまたゴリゴリのファンクチューン『Steppin' Out』。
極論を言ってしまえば、ファンクは歌詞なんてどうでも良いのです。
リズムとグルーヴが全て。
『何だか知んないけど、腰が動いちゃう』。それがファンクなのです。」





「タイトルが凄いでしょ?『Love Festival』だもの。
『ノリダーフェスティバ~ル アンド カーニバ~ル』ですよ。
若い人はついて来れませんか?
良いのです。今日はフォーティオーバー限定です。(笑)」





「ちょっと毛色の変わった所で『Rags To Riches』。
リズムの取り方が、プリンスやシーラ.Eにも通じますかね。
これも何気に元ネタとして良く使われています。」





「普通の曲とか言うな。(笑) 『Take My Heart』。
何か、ボズ・スキャッグスあたりが歌ってそうじゃないですか?
この幅の広さもKool & The Gangの魅力の一つ。」

「兄ちゃん、もう10時だよ。」

「やべっ!いい加減寝なくっちゃ。
ほんじゃそゆ訳でさいなら。」

「また次回。」



今日の一曲


by


ボル
「して、その心は?」
兄ちゃん
「記事とは全く関係なく、ボビー・マクファーリンの『Don't Worry, Be Happy』。
そこの落ち込んでるアナタ。ドント・ウォーリー、ビー・ハッピー。」

「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。