店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜 未だ肌寒い 


兄ちゃん
「諸々の間隙を縫って、目黒川沿いの桜並木へ夜桜鑑賞に出掛ける。
が、デジカメを忘れると言う大失態。
仕方無く、携帯のカメラで撮影…。」

ナンじゃこりゃ…

「何が何やら、さっぱり判りません。
辛うじて判るのは、『夜であろう』と言う事くらい…。(凹)

一つ閃き、接写を試みる。」

接写…

「風が吹いて、画像がぶれる。
そこで、片手で枝を固定。」

さらに接写…

「幾分マシになったか…。

目黒川沿いは、来週、祭りがあるらしい。
それまで散らずに残ってくれます様に…。

目黒川沿い、山手通り~駒沢通り間を往復。
帰りに上馬でお気に入りのラーメンを食べて帰路に着く。

何だか、若い連中のデートの様で、
かなりこっ恥ずかしい…。

そんな土曜日でした。」

お姉ちゃん作…

「おまけ↑
お姉ちゃんの携帯で撮った桜。」




今日の一曲
Cherry Bomb 注意!このリンク先は音が出ます   by  The Runaways

ボル
「して、その心は?」
兄ちゃん
「世に数ある"桜ソング"に背を向けて…。

ザ・ランナウェイズの『チェリー・ボム』(邦題:悩殺爆弾 笑)です。
所謂"ガールズ・バンド"の草分け的存在。
最近では、"パンク・ロックのさきがけ"と、再評価されています。

ガーター姿で人気だったヴォーカルのシェリー脱退後、
代わってヴォーカルを担当していたギターのジョーン・ジェットは、
自身も後にザ・ランナウェイズを脱退。
ソロに転向して『I Love Rock N' Roll』で大ヒットを飛ばします。」


「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

スポンサーサイト

正直しんどい 


兄ちゃん
「なかなか思う様には行かないもんだのう…。」
ボル
「愚痴ですか。」

「たまには吐かせてくれぃ。(笑)
この歳になって、まだ現実の厳しさを思い知らされるとはね。
まぁ、何とかするしかなかろう。
明日も頑張るわい。」


「頑張って下さいな。」

「現実逃避で、こんなモノを作ってみたり…。」

「暇じゃないのに何やってんだか…。」

「心に位は余裕を持っていたいもんです。」

「『余裕の表れ』と言いたいのでしょうか?」

「『逃避』と言う名のね…。(泣)」

「そろそろ寝ましょうか。」

「そうしますか…。」

「皆様も良い夢を…。」

「おやすみなさいまし…。」



今日の一曲
Voodoo Child ( Slight Return ) 注意!このリンク先は音が出ます   by  The Jimi Hendrix Experience

ボル
「して、その心は?」
兄ちゃん
「泣く子も黙るジミヘンの『ブードゥー・チャイルド』です。
テレビ朝日系の深夜番組
『堂本剛の正直しんどい』のBGMで使われていますので、
聞いた事がある方もいらっしゃるかと…。
あの番組は、なかなか選曲が良いです。
思わず唸ってしまいますね。(笑)
最近、ソフトバンクのCMでも使われています。」


「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

勝利とは、何だ 


山盛り…
兄ちゃん
「『パンケーキの押しくら饅頭やぁ~』。」
ボル
「これだけあると、とてもパンケーキには見えませんね。」

「コメレスもせんと、新しい記事の投稿ばかりしており、
大変申し訳御座いません。
ちょっと時間に余裕が出来そうなんで、
今日辺りから、ぽちぽちお返事させて頂きます。」


「申し訳ございません。」

「さて今日は短めに…。」

「はい。」

「最近、好きなコマーシャルがありまして…。」

「はい。」

「既にご覧になっていて、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
『KEIRIN』のコマーシャル。」


こちらが、そのコマーシャルのオフィシャルサイトです。」

「画面下の方にある
"TVCF 9ways"と言う所のそれぞれの項目をクリックすると、
そのコマーシャルを観る事が出来ます。」


「YouTubeにもアップされていましたので、
90秒CMと、メイキングを埋め込んでおきます。」


『勝利とは、何だ』90秒CM


メイキング



「どうですか?
ちょっとグッときませんか?」


「ボクには良く判りませんが、人生色々。
『勝利』とは、何なんでしょう。」


「それぞれの勝利。それぞれの人生。
皆、何かを背負って前に進もうと"もがく"。
信じる『勝利』に向かって…。」


「オフィシャルサイトを観ると、
それぞれの人物のキャラ付けがされている様です。」


「余計な事かも知れませんが、
登場人物の氏名、キャラクター、CM中の台詞を下に記しておきます。」


前田 拓也
大卒キャリア
「エリートでいる事。人の上に立つ事。それが俺の人生。」
小川 将人
工場勤務
「そう言うお前みたいな現場を知らない甘ちゃんと戦う。それが俺の人生。」
廣川 泰昭
大卒ノンキャリ
「大学も会社も二流。でも、この人生を二流とは言わせない。」
薙野 裕昭
農業
「東京だけが成功か?誰が故郷を守ってるんだよ。」
佐藤 慎太郎
鳶職
「体張って汗をかく。そう言う生き方しか、俺は知らない。」
三ッ石 康洋
魚屋店主
「親の家業を継ぐしかなかった。周りは遊んでいたのに…。」
酒井 健太
フリーター
「誰にも縛られない。自由で気ままな人生。」
朝日 勇
公務員
「平凡でも、小さな幸せがあればそれで良い。」
佐野 勝
タクシー運転手
「"第二の人生"って何だよ。俺は一度も終ってないよ。」


「さて皆さんは、どの台詞に共感をされますでしょうか?
因みに出演されているのは、皆さん本物の競輪選手。
登場人物名は、本名です。」


「環境も生き方も違う登場人物達が、
『社会』と言う同じ"バンク"で思い描く『勝利』に向かって"もがく"。
最近の中では、秀逸なコマーシャルだと思います。
ワシも出来る限り、もがいていたいと思います。」


3/15 追記

「改めてこのCMを観て、ふと思う。
人生の"ジャン"は、幾つ位の時に鳴るのだろうか…。」




今日の一曲
Waltz for Debby   注意!このリンク先は音が出ます   by  Bill Evans

ボル
「して、その心は?」
兄ちゃん
「今日、『Cool Jazz Collection』の第二号を買ってきました。
その号で特集されているビル・エヴァンスで『ワルツ・フォー・デビー』。
ビルが姪っ子のデビーの為に書いた、可愛らしい曲。
付録のCDにもこの曲が入っていました。」


「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

レディ・マーマレード 


兄ちゃん 「先日、知り合いから日向夏を頂きまして、
久し振りに大量の柑橘類の皮が出ましたので、
マーマレードを作ってみました。」
マーマレード♪…
「某パティスリーのコンフィチュールの容器を使っていますが、
そこは突っ込まない様に…。(笑)
この容器に、合計3個分作れました。」
「ボクも、ちょっと試食させてもらいました。」
「どうだった?」
「ボクにはちょっと苦かったです。」
「まぁ、大人の味だな。
そんな訳で、今日はマーマレードの作り方なんぞを、
お話してみたいと思います。
作ってる時は、記事にするつもりが無かったんで、
途中経過の写真は撮っていません。
判り辛いと思いますが、テキストのみのレシピです。
申し訳ないですが、ご了承下さい。
あ、後、かなり自己流なんで、本格派がお望みなら、
ググってみる事をお勧めします。」

マーマレード適当レシピ
用意する物
・柑橘類の皮…適当
 (あんまり多いと刻むのが大変なんで、甘夏柑大だと3個分くらい。)
・その中身…適当
 (皮が3個分だとすると、身は6個分くらい。)
・グラニュー糖…お好み
 (ホントお好みですけど、上記分量だと300~350グラムくらい。
  甘党の人はもっと必要。意外と使う。)
・ホーロー鍋、又はステンレス鍋
 (これは重要。柑橘類の酸って結構強力。耐酸性のある鍋を用意。)
・保存容器
 (密閉出来るものを…。ガラス瓶が良いです。)

良く洗う
皮にワックスやら農薬やらが付いてるんで、良く洗って下さい。
出来れば無農薬のものなんかが良いかも…。

皮を剥いて刻む
皮を剥いて白いわたの付いたまま、1~2mm巾に細く刻みます。
市販のマーマレードを見て頂けると判るとおもいますが、千切りの様な感じで…。

刻んだ皮を軽く揉み洗い
ここで、特有の苦味をちょっとだけ落とします。
水を入れたボウルに刻んだ皮を入れて、軽く揉み洗いをします。
水を取り替えて2回くらい…。あくまで軽く揉み洗い。
わたにはとろみ成分が含まれているんですが、
洗い過ぎるとそれが流れ出てしまいます。
かじってみて、苦味がきつくなくなったらザルにあけて水切り。
手で軽く絞っておきます。
「ウチではここは省いています。苦味も風味の内だと思っているので…。」

身を絞ってジュースにする
身をボウルなどに絞って、ジュースを作ります。
分量全部絞れば、多分足りると思います。
「と書きましたが、ウチでは身は使いません。
使った方が風味は良いし、出来上がりが美味しくなるんですが、
身はそのまま食べた方が美味い様な気がして…。
代わりに普通の水か、気の抜けたサイダーを使います。
食べきれないくらい沢山ある時は、身も使いますけどね。(笑)」

皮とジュースを煮込む鍋に入れる
煮込む用に用意した鍋に、ジュースと皮を入れ、
1~2時間馴染ませておきます。
時間はあんまり気にしなくても良いです。
腐らなければ、一晩置いておいてもOK。
「ウチはジュースは取ってませんから、ここでは水を使う事になります。
水を使われるのならば、なるべく美味しい水を…。
煮込んでいくと水分は蒸発するので、多めにして下さい。
でも足りなきゃ煮込んでる途中で足せるので、
神経質になる必要は無いです。」

弱火で煮込む
馴染ませた鍋をそのまま火にかけます。
30~40分くらい、皮が柔らかくなるまで弱火で煮込みます。
皮が鍋底に焦げ付かない様に、時々軽くかき混ぜて下さい。
途中、アクが出てきたら、丁寧に取りながら煮込んで下さい。

砂糖を入れる
皮を一つまみ噛んでみて、
食べられるまで柔らかくなったらグラニュー糖を入れます。
サックリ木ベラなんかで混ぜながら、少しづつ入れて下さい。
柔らかくなった皮が千切れてしまいますから、
ガッツリはかき混ぜない様にして下さい。

更に弱火で煮込む
グラニュー糖を入れてから、焦げない様に時々かき混ぜながら、
大体2時間程度煮込みます。
途中、味を見ながら甘さが足りない様であれば、
グラニュー糖を追加して下さい。
「この時、『甘味は、体温に近い程強く感じる』と言う事を忘れずに…。
つまり、煮込んでいる物がクツクツ言っていたら、それは90~100度前後。
味見の為に『ふぅーふぅー』した物が大体50~60度。
冷蔵庫に入れて冷やした後、実際に食べるのは7~8度。
体温との温度差を計算すると、若干冷やした時の方が甘みは弱いです。
その事を念頭に、希望の甘さよりも幾分甘めの味付けにして下さい。
あ、後、ここでまだ苦味がきつかったら、
レモン汁を少々垂らすと、幾分苦味が緩和されます。」

この間、詰める容器を煮沸消毒する
別の鍋に容器が充分浸るくらいの量、お湯を沸かし、
煮沸消毒をしておきます。
時間にして、3~5分くらい。
心配でも10分も沸かしておけば大丈夫でしょう。

出来上がり
固さを確認して、お好みの固さに煮込まれてきた所で完成です。
煮込んでる最中はトロトロの状態でも、冷やすと固くなってきますので、
スプーンに一杯取って冷やし、冷えた状態を確認するか、
コップに入れた水に一滴垂らして、その落ち具合で確認して下さい。
コップに垂らす場合は、
途中糸を引く様に落ちていくくらいの固さが目安です。
「ウチは上でも話した様に、固形分は皮のみで後は水で作っていますので、
この段階で相当量が減っていますが、
ジュースを入れていた場合、その分固形分が多く、結構な量出来上がります。
容器は、多めに用意した方が良いかも…。
又、今更ですが、ジュースの代わりに身を細かく刻んで、
果肉と、その時に出た果汁を一緒に煮込んでも美味いです。
その場合、ジュースを絞るよりも水分が若干少ないので、
水で水分量の調節をします。」

容器に詰める
煮沸消毒した容器に、出来上がったマーマレードを詰めます。
マーマレードは、冷めると固くなって容器に詰め辛くなるので、
暖かい内に詰めちゃって下さい。
スグに食べ切ってしまう様な量ならば、蓋で密閉して出来上がりです。
長く保存する予定ならば、次に進んで下さい。

長期保存用消毒
まず、これには市販のジャムの瓶(ガラス瓶)の様なものが最適です。
(ガラス瓶に金属製の蓋。蓋の内側にゴムか塩ビのパッキン付き)

1.瓶と蓋を、煮沸消毒します。
2.上と同様に、暖かい内に瓶詰めして蓋を締めます。
3.鍋に瓶を並べて、マーマレードが入っている高さくらいまで水を注ぎます。
4.鍋に蓋をして、強火にかけます。
5.20~30分くらいして『プシュッ』と瓶の中の空気が抜けたら、
 熱い内に取り出して、ふきんなどを使って蓋をギュッと締めます。
6.3~4分くらい、その辺において放置。少し冷まします。
7.瓶が蓋まで充分浸かるくらいの水に入れて、更に冷まします。

これで、瓶の中は真空に近い状態になり、長期保存が可能になります。
「充分冷めたら、瓶を良く拭いて冷暗所で保管して下さい。
上手くいけば、半年間は保存可能です。
ただ、一度蓋を開けたら冷蔵庫で保管して、なるべく早く食べ切って下さい。
無添加ですから、ソッコー、カビが生えてきます。
脅す訳ではないですが、食べる時もちょっと注意を…。
一度、パンなどに塗ってマーマレード以外のものが付着したスプーンなどは、
瓶に戻さないで下さい。そこからカビが生えますので…。
面倒ですが、瓶からスプーンに取ったら、パンなどに上からポチョンと落として、
塗り広げるのは別のナイフなどにすると良いと思います。」

兄ちゃん 「さてここまで如何でしたでしょうか?
過程を見ると面倒に思えるかもしれませんが、
自分で作って出来た物が美味かった時は結構感動です。」
ボル 「甘夏柑などを頂いたお返しに、
その皮でマーマレードを作って差し上げるのもかなりオシャレかと…。」
「機会があれば、是非作ってみて下さい。」
「それでは、今日はこの辺で…。」



今日の一曲
Lady Marmalade  注意!このリンク先は音が出ます  by  LaBelle

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「パティ・ラベル、ノナ・ヘンドリクス、サラ・ダッシュの3人によるグループ、
ラベルの『レディ・マーマレード』です。
ベタですんません。
映画『ムーランルージュ』の主題歌注意!このリンク先は音が出ますでクリスティーナ・アギレラ、
ピンク、リル・キム、マイアが歌っていたのは、この曲のカヴァーです。
ブルー・ラベル→ラベルとリードヴォーカルを務めたパティ・ラベルは、
その後、ソロに転向。
80年代にはシンセを取り入れたかと思えば、
アダルティーな作品を発表してみたり、
そのどれもが完成度が高く、かつチャートインしている安定感。
そして昨年もクリスマスアルバムを発表するなど、未だ現役。
息の長い歌手です。
独特の声質と、何を持ってきても彼女流のソウルにしてしまう個性は、
今の"ディーバ"と呼ばれる人達にも多大な影響を与えています。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

Cool Jazz Collection 


兄ちゃん 「ジミー佐古田って、久し振りに聞く名前だなぁ…。」
ボル 「何の話ですか?」
「いや、こっちの話です。気にしないで。」
「はぁ…。」
「所でね、CMに押されて買ってしまいましたよ。コレ。」
買ってしまった…
「買うと思ってましたよ。」
「バレてたか…。
コピーによると、『50名以上を超すアーティストの名演を…』とか、
『毎号1人のアーティストを取り上げ…』とか書いてある。
全て買えば、
自ずと50冊以上の浪費になってしまう事が暗に示されています。」
「コレクションの始まりですか?」
「乗せられている様な気も致しますがね。
集めちゃうだろうね。多分…。」
「あぁ~あ…。」
「この商売の仕方は面白いよね。
ファッション雑誌の様に、年中宣伝を打たなくても、
各シリーズの初号の宣伝だけで済むし、
第2号以降は、気に入れば定期購読に切り替わるだろうから、
余分な発行は抑えられるし…。
そう単純な話でも無いだろうけど…。」
「なるほど…。」
「でも、企画は大変そうだね。
コア層に訴求しなきゃ意味無いし、
そもそもどれ程のマーケットがあるのか、
判断を誤ると企画自体が暗礁に乗り上げるだろうしね。
企画がハマった所で、生半可な内容じゃぁそっぽ向かれるだろうし、
コアなファンは、下手なプロよりも知識があるからね。」
「今回のジャズは、ある意味大勝負だったでしょうね。」
「今回のマイルス・デイヴィスなんかは有名だから、
ちょっと探ればエピソードには事欠かないだろうけど、
号が進むにつれ、資料の少ないミュージシャンも出てくるだろうから、
『それは違うだろう』なんて突込みが入らない様に祈ります。
まぁ、そもそもコアの中心にいる人達は、
これは買わないと思いますけど。(笑)」
「ははは…。」
「内容は、
ミュージシャンの生い立ちやエピソードの書かれたブックレットが1冊と、
コピーによると、毎号5~7曲が収められる予定のCDが一枚。
今回の号は、以下の5曲。」
・Someday My Prince Will Come
 (いつか王子様が)
 ディズニーのアニメ『白雪姫』の挿入歌

・My Funny Valentine
 有名なスタンダードナンバー

・On Green Dolphin Street
 ビル・エヴァンスとコルトレーンとのやりとりがカッコイイ

・Round Midnight
 喧嘩セッション(笑)

・Générique
 (死刑台のエレベーターのテーマ)
 タイトル通り、映画『死刑台のエレベーター』のテーマ曲  
「ほぉほぉ…。」
「珠玉の5曲とはいかないけど、渋い選曲。
良く音源集めたね。

一応、ブックレットによると、第2号はビル・エヴァンス。
後がジョン・コルトレーン、オスカー・ピーターソン、
ソニー・ロリンズと続くようです。
その他にも、発行予定なのか名前が載っているミュージシャンに、
バド・パウエル、チェット・ベイカー、エラ・フィッツジェラルド、
サラ・ヴォーン、セロニアス・モンク、アート・ペッパー、
キャノンボール・アダレイ、チック・コリア、ジャコ・パストリアス、
モダン・ジャズ・カルテット、ウェス・モンゴメリー、チャーリー・パーカー、
クリフォード・ブラウン、スタン・ゲッツとあります。
個人的には、クリフォード・ブラウンの名前があるのが嬉しいですね。
本物の天才の一人であるにも関わらず、
日本での知名度はイマイチの様な気がしていたので…。」
「何かの呪文の様で、チンプンカンプンです。」
「置いてけぼりでスマンね。つい、ね。

上でも話した様に、次号はマイルスをして、
『じゃぁ、奴以上のピアニストが他にいるか?』と言わしめたビル・エヴァンス。
ビルが白人である事を揶揄するまわりに、
こう言ってのけるマイルスも凄いけど、
それを言わせたビルの実力も凄いと言う事が判るエピソード。
次号も楽しみです。」
「はい。」
「すっかり自己満足の記事になってしまいましたが、
今日はこの辺で…。」
「ご静聴ありがとうございました。」



今日の一曲
If I Were a Bell  注意!このリンク先は音が出ます  by  The Miles Davis Quintet

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ポール・チェンバース、
フィリー・ジョー・ジョーンズ、レッド・ガーランドの5人による、
第一期マイルス・デイヴィス・クインテットの『イフ・アイ・ワー・ア・ベル』です。
レーベルとの契約の関係で、合計2日間で4枚のアルバムを録音した、
俗に言う『ing4部作』
(プレスティッジ4部作とも…)の内の一枚、
『リラクシン』(Relaxin')の冒頭を飾る一曲です。
元は、
ブロードウェイ・ミュージカル『Guys and Dolls』(野郎どもと女たち)の劇中曲。
このミュージカル、公演のヒットを受け、
後に、マーロン・ブランド、フランク・シナトラの出演で、
同タイトルで映画化されています。

『ing4部作』とは他に『スティーミン』(Steamin')、『ワーキン』(Workin')、
『クッキン』(Cookin')の3作があり、
全て語尾に"ing"が付く事から、俗にそう呼ばれています。
この4枚、録音日数2日間、全曲ワンテイクで録られた事から、
『マラソン・セッション』なとど呼ばれていますが、
実際には、1日目と2日目の間に5ヶ月の間隔が空いていたそうです。
それにしても、2日間で4枚は凄いです。
どんだけ実力者揃いだったのでしょうか。(笑)

…と、語ると長くなっちゃいそうなんで、今日はここいらで失礼致します。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
02 ≪│2008/03│≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。