店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト…も、兼ねて 


兄ちゃん 「↓下は"テスト"なんで、気にしないでやって下さい。(笑)」


兄ちゃん 「微妙に予定が詰まって来た。ヤヴァイ。」
ボル 「忙しいんですか?」
「今は、まだ…。
ただ、ヤな予感はする。
暫く、更新・コメレス・訪問が出来なくなりそうです。
残っているレスだけでもと思っていたんですが、
ちょびちょびお返事する感じになりそうです。」
「あらら…。」
「"死亡説"が流れる前に、ご報告致しておきます。」
「そうですか。
それでは皆さん。
申し訳御座いませんが、そんな感じらしいので、
ゆる~く次回をお待ち頂ければと思います。」
「すんません。お願い致します。」



今日の一曲
Forever In Love  注意!このリンク先は音が出ます  by  Kenny G

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「お馴染み、ケニー・Gの『フォーエヴァー・イン・ラブ』です。
この曲の様なテンポで待ってて頂ければ…。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

スポンサーサイト

『こんなもの』とか、ブログパーツとか… 


兄ちゃん 「忙しいっちゃぁ忙しいんだけど、
現実逃避するかの様に、ちょこちょこブログいじくってみたり…。
こんなもの↓作ってみたり…。」


リンク こんなもの…
※とりあえず調整終了。リンク復活。

ボル 「そうやって自分の首を絞めるのは、
毎度の事なんで、もう何も言いません。」
「以前から度々お邪魔している、
三毛猫さんのブログ『(猫)おすすめFC2ブログ』で取り上げられてた、
『人気ブログランキング』のブログパーツ付けてみたり…。」


これね、これ…。↓右下の方に設置してあります。
「自分トコの順位が一目で判って、ちょっと便利…。
普段、順位とかあんまり気にしてないけど、
自分トコの前後にどんな方のブログがあるのか気になります。
気になって伺ってみます。
これも結構楽しい…。

所で前から気になってたんですけど、
三毛猫さんトコのブログのタイトル、
『(猫)おすすめFC2ブログ』の"(猫)"の括弧。
これ↑ではそんなに気にならないんですけど、
右と左で違う様な気がするんですけど、
何か深~い意味があったりするんでしょうか…。
『ご本人に聞いてみろ』って感じですけど…。」
「今度伺ってみたらどうですか?」
「そうだね。そうしようっと…。

後、左っ側にある『ブログ内検索』を、
FC2の公式プラグインから、Googleのものに変えてみました。」

Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
「使い易い様に、コードいじくったりして…。
コイツは、もうちょっといじってみます。」
「ぐーぐる先生に怒られない様にね。」
「あ、今気が付いたけど、上のGoogleの検索窓、
ワシの嫌いなテーブルの"入れ子"になっちゃってるな。
まぁ、良いか…。(笑)」
「良く判んないです。」
「独り言じゃ。

それと、これもよそ様の所で付いてたブログパーツ。
きっこさんの『きっこのブログ』に、
以前ついてた『国盗りカウンター』。」
「ちょっと前からウチでも付けてみてます。
来て頂いた方の都道府県の場所に、
回数に応じて色が付いていく仕組みらしいです。
全国制覇は、まだまだ遠い…。(凹)
カウント数に応じて小僧っこの位も上がっていくっぽいです。
きっこさんトコは、一日のアクセス数が半端じゃぁないんで、
ソッコー将軍になっちゃって、スグ外してましたけど…。(笑)」
「ウチはまだまだですね。」
「ははは…。

そして、これはもう随分前から付けてますけど、
『問い続ける男』。」
「自動車メーカーのアウディが提供するブログパーツ。
入力フォームに、質問とメールアドレスを入れると、
"男"からの回答がメールで届きます。
これじゃぁ、"問い続ける男"じゃなくて、
"問われ続ける男"の様な気もしますけど…。
『愛とは』とか『孤独とは』とか、概念めいたものを質問すると、
ハッとする答えが返ってきたりして、
ちょっと楽しいです。
こちらのサイトから質問する事も出来ます。」
「流石にここの所の寒さが身に沁みているのか、
ウェブサイトでは、今、帽子とマフラーをしてますね。(笑)」
「諸々一段落したら、
キリの良い所でコメントのレスをしようかと思ってたんですが、
なんだかんだ、今日も遅くなってしまいました。
滞ってるコメレスは、明日させて頂きまする。
ごめんちゃい。」
「それでは今日はこの辺で…。」
「最後に一つ。
中国のGKは、プロレスに転向した方が良いと思うよ。(笑)」



今日の一曲
Come to Me  注意!このリンク先は音が出ます  by  Bobby Caldwell

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「AOR(Audio-Oriented Rock)の旗手。
ボビー・コールドウェルの『カム・トゥ・ミー』です。
ボビー・コールドウェルと言えば、
日本では煙草のパーラメントのCMで使われた曲の数々が、
有名ですね。
同じくAORの代表選手、ボズ・スキャッグス同様、
日本には根強いファンがいて、
秋から冬にかけて、毎年の様に来日しています。
つい先日も12月の6、7、8日の三日間、
ビルボードライブ東京でコンサートがあったばかりです。
サウンドはオシャレでアーバン(死語)な感じですけど、
AOR一般にも言える事として、
ヴォーカルはソウルフルで、R&B色が強いです。
今で言えば、
ケーシー・アンド・ジョジョ(K-Ci & JoJo)にも、
同じ雰囲気がありますね。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

グラミーとか、水着のオネエチャンとか… 


兄ちゃん 「フジテレビ、木曜日深夜の『たけしのコマネチ大学数学科』、
面白いね。
放送開始当時から観てるけど…。」
ボル 「ボクには、訳が判りません。」
「ワシだって判んないよ。
たださ、そう言う解き方がある、って言うか、
法則があるって知るだけでも楽しいじゃん。
ワシ、元々理系だし、ある事象から法則を見つけ出すのって、
好きだったりするのよね。
だから『あるなしクイズ』とか、結構好きよ。」
「兄ちゃん、クイズ番組好きですもんね。」
「最近は、やたらとクイズ番組が多くて目移りしちゃうわ。
所でさ、オフィス北野の女性陣って、何かイイよね。
江口ともみさんとか、山本モナさんとか…。」
「児島玲子さんもいらっしゃいますね。
ってゆーか、それは好みの問題では?」
「『酸いも甘いも…』って感じの女性に惹かれるのだな。ワシは…。」
「へぇ…。意外ですね。若い娘が好きなのかと思ってました。」
「こう言っちゃぁなんだけど、若い娘は話がアホ過ぎてちょっとね…。
ある程度、打てば響く感じが欲しい訳ですよ。おじさんとしては。」
「好みに育てる楽しみもあるんじゃないんですか?」
「光源氏みたいな?
ワシは、まだその域には達していないな。
大袈裟に言えば、異文化同士の衝突が面白いんじゃね?
そっから、何か見つけ出していく過程とか…。ま、そんな感じ。」
「そんなもんですかね。」
「ワシは、そう思います。

さて、早く記事にせねばと思いつつ、ぼやぼやしている内に、
既に一週間が過ぎてしまいました。
第50回グラミー賞。先週の10日に発表されました。」
「されました。」
「エイミー・ワインハウス祭りでしたね。今年は…。
主要4部門の内、3部門を含めて合計5部門の受賞。
お見事です。」
「ワイノ本人は、ビザが下りなかった様で、
ロンドンからの中継でしたが…。」
「まぁ、リハビリの最中だからね。

それでは、主な受賞の発表を致します。」
「主要4部門

・年間最優秀レコード賞
 エイミー・ワインハウス 『リハブ』…Amy Winehouse 『Rehab』

・年間最優秀楽曲賞
 エイミー・ワインハウス 『リハブ』…Amy Winehouse 『Rehab』

・年間最優秀新人賞
 エイミー・ワインハウス…Amy Winehouse

でした。」
「それでは、エイミー・ワインハウスで『リハブ』。お聴き下さい。」


「主要4部門の内、残る一つ、年間最優秀アルバム賞は、
ハービー・ハンコック 『River:The Joni Letters』
       …Herbie Hancock 『River:The Joni Letters』。」
「アルバムタイトルを見て頂いても判る様に、
このアルバムは、
ジョニ・ミッチェルへのトリビュートアルバムとなっています。
ヴォーカルは、ジョニ・ミッチェル本人の他、
ノラ・ジョーンズ、ティナ・ターナー、
コリーヌ・ベイリー・レイ、ルシアーナ・スーザ。
絢爛豪華、バラエティに富んでいます。
それでは、このアルバムのタイトルトラックでもある『River』。
ハービー・ハンコックVer.ではなく、
ジョニ・ミッチェル本人のVer.でお聴き下さい。」


「その他の受賞は、こんな感じになっています。

・最優秀ポップ・女性ヴォーカル
 エイミー・ワインハウス 『リハブ』…Amy Winehouse 『Rehab』

・最優秀ポップ・男性ヴォーカル
 ジャスティン・ティンバーレイク 『What Goes Around...Comes Around』
      …Justin Timberlake 『What Goes Around...Comes Around』

・最優秀カントリー・アルバム
 ヴィンス・ギル 『These Days』…Vince Gill 『These Days』

・最優秀ロック・アルバム
 フー・ファイターズ
         『エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイス』
         …Foo Fighters 『Echoes, Silence, Patience & Grace』

・最優秀ラップ・アルバム
 カニエ・ウェスト 『グラデュエーション』…Kanye West 『Graduation』

・最優秀女性R&Bボーカル
 アリシア・キーズ 『ノー・ワン』」…Alicia Keys 『No One』。」
「お気に入りのアリシアちゃんが受賞出来て、ワシは大満足だわ。
んでは、ワシのお気に入りの曲。
アリシア・キーズの『ノー・ワン』お聴き下さい。」


埋め込み禁止動画に付き、リンクで…。

リンク Alicia Keys 『No One』注意!このリンク先は音が出ます

「アリシアちゃん、可愛いねぇ…。

さて、
ここまで端折ってご紹介してきましたのには訳がありまして、
今回、最優秀ラップ・アルバム他、4部門を獲得した、
蟹江…いやいや、カニエ・ウエストのアルバム、
『グラデュエーション』からシングルカットされた、
『ストロンガー』(Stronger)注意!このリンク先は音が出ます
(このPVも日本人としては結構笑えるんですが…。
 『ガソバレ』とか、"2ちゃん"かと…。(笑))
元ネタは、ダフト・パンクの『Harder,Better,Faster,Stronger』注意!このリンク先は音が出ますと言う曲。
この元ネタに関連して、
去年の夏か秋頃に一部で話題になった動画がありまして、
それをご紹介しようってぇのが、実は今日のメイン。」
「その動画とは?」
「タイトルがまた、ふるってる。
ダフト・ハンズで『Harder,Better,Faster,Stronger』。」


「ワシらの年代は、
『♪いちにのさ~んのしのにのご…♪』を思い出しますな。
更に、これに触発されたのか、
水着のオネエチャンも踊っています。(笑)
こちらは、ダフト・ボディズで、同じく『Harder,Better,Faster,Stronger』」


「ははは。」
「なぜ彼女等がロボの様な動きで、
アルミ箔を貼った箱を被っているかと言うと、
ダフト・パンクって人達が、こう言う↓二人組だからです。
こんな人達…
カニエ・ウエストのPVでも出演してます。
ってゆーか、あのPV、
ダフト・パンクの松本零士のアニメPV意識してるよね。

オネエチャン達、途中、厳しい所を無事クリアして、
ハイタッチしている所が泣かせる。(笑)
一体、ここまでに何テイクしたのかと…。」
「確かに…。(笑)」
「さてさて、
そんなこんなで視聴率もあまり良くなかったグラミーも終わり、
今週は、ブリット・アワードの発表があります。
なんと、オジー・オズボーン夫妻が司会をなさるとの事。
楽しみですな。
ケイトちゃん、女性ヴォーカルでノミネートされています。
獲らせてあげたいです。」
「可愛いから?」
「そう。」
「アリシア・キーズといい、ケイト・ナッシュといい、
記事の最初の方で言っていた事と矛盾してるんじゃないんですか?」
「まぁ、硬い事言うな。
『男心と秋の空』ってな…。」
「全く…。」
「今日は、この辺でお開きに致しましょう。」
「それでは皆さん、また…。」



今日の一曲
Makes Me Wonder注意!このリンク先は音が出ます  by  Maroon 5

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「今日の一曲は、グラミーで最優秀ポップグループを獲った、
マルーン5で『メイクス・ミー・ワンダー』です。
以前から、そのメロディセンス、なかなかイイなぁ、
と思ってましたが、
良いバンドになりましたねぇ。
ワシが偉そうに言えた立場でもないですが…。(笑)
ヴォーカルのアダムの声、好きですねぇ。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

檀れいさん、他… 


兄ちゃん 「最近…、と言うか、ちょっと前から、
女優の檀れいさんが気になっているですよ。」
ボル 「はい…。」
「いや、違うな。
正確には『金麦』のCM(音が出ます)の檀れいさんが気になる。
気になってるです。」
「はぁ…。」
「どっかの航空会社のCMの中国に行ったやつとか、
浮世絵と印象派の関連を探る旅みたいな特番の時の檀れいさんは、
何かちょっと違う。
金麦の若妻の檀れいさんが良い感じ…。
『武士の一分』で、何か賞をもらったみたいだけど、
それは観てないから、良く判んない。」
「…。」
「あんな可愛らしい奥さんがいたら、
旦那も残業なんかそっちのけで帰ってくるよな。
ってゆーか、ワシなら帰ってくるな。
世の旦那さんの内、
何人の方がこの記事に目を通してくれているのか見当も付かないけど、
ワシの言いたい事は判ってくれると思う。
他のビール・発泡酒が、売り上げ落ちてるか横ばいの中、
金麦は伸びてるって言うんだから、
あのCMは、やっぱりツボを突いてるんだなぁ…。」


※正確には、金麦は発泡性のリキュールと言う扱いらしいです。

「男ってのは単純ですね。」
「ワシも、その単純の一人か…。金麦は飲んだ事無いけど…。(笑)」
「無いのかよ!www」
「暫くは『檀れいLOVE』だな。(笑)」
「お姉ちゃんに言っちゃおう。」
「ははは…。言ったらコロス。www
話は変わって、ラグビー・トップリーグ。」
「変わり過ぎ…。」
「三洋電機が、トップリーグ始まって以来の無敗の13連勝でリーグ1位。
スタンド・オフ、トニー・ブラウン率いるバックス陣の、
ディフェンス力が際立っていた今シーズン。
トヨタ戦の1点差を除けば、
残りの試合は全て10点差以上をつけての快勝。」
「うん。強かったです。粘り腰と言うか…。」
「NFLリーグ全勝のペイトリオッツは、
スーパーボウルで負けてしまったけど、
三洋電機ワイルドナイツ、
ここまで来たら、このままプレーオフも勝って、
無傷で優勝する姿を見てみたい気がします。」
「そうすれば、マスコミでの露出も増えて、
ラグビー人気も復活するかも知れませんね。」
「ハンドボールの二匹目のドジョウを狙いたい所です。」
「ちょっと姑息ですけどね。(笑)」
「ちょっとね。(笑)
さてさて、またまた話は変わって…。」
「はいはい…。」
「最近さ『携帯小説』なんてぇのが流行ってるらしいじゃん?」
「そうみたいですね。」
「読んだ事無いし、読む気も無いから良く判んないけど、
面白いのかね。」
「さぁ…。」
「キチンと小説として成立してて、面白いんであれば読んでみたいけど、
色々噂を聞く限り、文章が破綻しているものもある様で、
イマイチ手に取る気にはなれないな。
どなたか『コレは読むべき』ってのがあったら教えて下さい。
夢野久作の『ドグラ・マグラ』よりも面白いのであれば読みます。」
「情報プリーズ。」
「それよりもさ、
2ちゃんの『良スレ』と言われるモノの中に面白いものもあって、
今、追いかけてるのが、
『暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか』シリーズ。」
「はい。」
「2ちゃんねる専用ブラウザとか持ってないから、
リアルタイムでは追っかけられなくて、
『ネタなべ。』ってまとめサイトで読んでるんだけど、
そこでは、今、
『暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか4』までまとめてある。
これが、笑えて泣ける。
話の内容自体は、
も~っと大変な思いをして生きている人もいるだろうから、
『ふんっ』って思う人もいるかも知れないけど、1の書く文ががイイ。
後半時折登場する、1の旦那の缶バッチのキャラもイイ。
2ちゃんでは現在進行形なのかな?もう、終わってるのかな?
兎も角『ネタなべ。』でまとめてくんないと、
過去ログ行きになってる分は読めないし、
"●"買うのは面倒臭いし…。早く次が読みたい。」
「駄々っ子か!(笑)」
「下に『ネタなべ。』の記事のリンクを貼っておきます。
基本、掲示板の書き込みなんで、長いです。
ホントに暇で、する事が無い時にでも読んでみて下さい。」
「それじゃぁ、今日はこの辺で…。」

暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか

暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか2

暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか3

暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか4

関連スレッド:
暇だから、過去の恋愛話でも聞いてくれないか

追記:
2月10日UP
暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか5

2月11日UP
暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか最終章

2月12日UP
暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか おまけ

2月12日UP
暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか まとめ

「ワシ、すっげぇ暇だと思われてるよな。多分…。(笑)」



今日の一曲
Bittersweet Samba 注意!このリンク先は音が出ます  by  Herb Alpert & The Tijuana Brass

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「安直に…。
『金麦』のCMのBGMでも使われている、
アメリカのジャズ・トランペッター、ハーブ・アルバート率いる、
ハーブ・アルバート・アンド・ザ・ティファナ・ブラスの、
『ビタースウィート・サンバ』です。
受験勉強のお供、
ニッポン放送『オールナイト・ニッポン』の、
オープニングテーマソングでもあります。
ワシらの頃は『ビートたけしのオールナイト・ニッポン』が人気でした。
フロッグマンとか、懐かしい…。(笑)」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

怒髪天を突く 

※2月16日 加筆・修正を致しました。
 これにより、結果として不本意な署名をする事となった方、
 又、何らかの不利益を被る事となった方がいらっしゃましたら、
 ここに陳謝致します。記事上にて、大変失礼かとは存じますが…。

 尚、加筆・修正を加えた部分は、赤文字で記しております。
 又、出典は巻末にまとめさせて頂きます。

 今後、何か新しい情報が入りましたら、
 更に、加筆、修正、注釈の追加、出典の追加等、
 ある場合があります。
 加えて、お断り致しておきます。
兄ちゃん 「色々言いたい事はあるけど、時間が無い。
取り急ぎ、リンクだけしておきます。」


きっこのブログ 2008.2.6

※きっこさんのブログでは、
 『南米コスタリカでは、…』となっていますが、
 正確には、コスタリカの『芸術家』が、
 ニカラグアで行った『展示』です。
 昨年8月の事の様です。※1) ※2)
 (2008.2.16 加筆)

ボル 「アートを冒涜し、命を陵辱する悪魔の所業を止めたいです。
どれだけ効力があるか、正直判りませんが、
お手隙の時にでも、署名をお願いいたします。」
「コメレス等、明日、させて頂きます。m(_ _)m」


2月7日 追記

兄ちゃん 「昨日は、ショックと時間が無いのと、怒りに任せて、
上の様な記事で締めてしまいました。」
ボル 「不快に思われた方もいらっしゃったと思います。
申し訳御座いません。」
きっこさんのブログで、この話を知り、
出かける用事があったので、
リンクだけの記事を投稿する形になってしまいました。
すみませんでした。」
「m(_ _)m」
「本日改めて、この件に関して調べてみました。
既存のマスコミにはあまり取り上げられていなかったので、
ネットが主な閲覧先ではありましたが…。」
「はい。」

※↓この様に書かれている記事もあります。

  『犬の餓死』(はてな匿名ダイアリー)

 『匿名記事』と言う事もあり、真偽の程は不明です。
 何かの判断の材料になれば…。※3)
 (2008.2.16 加筆)

「やはり、様々な意見がある様で、
『アートとは、タブーとの戦いである』との意見も目に致しました。
『かつては、実在の女性の裸体を絵にするなど、
 タブー中のタブーであった。
 しかし現在は、立派にアートとして成立している』、
として、コレをアートと呼ぶ事に賛成する様な意見です。」
「…。」
「ヒューマニズムや、動物虐待と言う観点を排除し、
単純に、コレをアートとして見た場合の私見は『稚拙』と言う言葉に尽きる。
が、ワシなど一介の現場監督が何を言っても説得力が無い。
ワシと同様の意見を端的に表している記事を見つけたので、
リンクさせて頂こうと思います。」


『Realtokyo』2008.1.17の記事 No.179『犬と鼠』
       筆者:小崎哲哉
※1)

「小崎哲哉氏は、アート雑誌『ART iT』の発行人・編集長であり、
東京のサブ・カルチャーを紹介するサイト『Realtokyo』の編集長でもあります。
現代アートを広める活動においての第一人者です。」
「記事中で、もう一つ、鼠を『虐待』したアートとの比較を用いて、
上のコスタリカの『作品』を、こき下ろしています。
ワシも全くの同意見です。
ただこれは、あくまで『アート』としてだけ見た場合であって、
心情的には、ワシはどちらの『作品』も不愉快極まりないものではあります。」
「次元の違う話なので、ごっちゃにしてしまうと、
訳が判らなくなってしまいますね。」
「アートを『タブーからの脱却』とした意見に対しての、
ワシの私見を小崎氏の記事を借りて述べただけで、
それ以上でも、それ以下でもないです。

ボルと言う、犬を飼っている身としては、
いや、例え動物を飼っていなかったとしても、
自らの主張を表現するにあたって、
他の命を、その為に奪う行為は、ワシには単純に理解出来ません。
コレを『芸術』と呼ぶ事が出来る様な崇高なステージに、
ワシが立っていないだけの事かも知れませんが…。」
「…。」
「追記の前でリンクさせて頂いた、
きっこさんのブログから飛ぶ署名のサイトですが、
この『作品』及び作者を糾弾する事が目的ではなく、
次回予定している出展をボイコットする為の署名の様です。
改めて、署名サイトをリンク致しておきます。」

Boicot a la presencia…

※↓こちらに上記の署名サイトの和訳が書かれています。(画像の下)

  『犬と猫の日々NEW』
        2008.1.30 犬が餓死するまでをアートにする?3


 ご署名頂いた方も、
 出来れば今一度お読み頂ければと思います。※4)
 (2008.2.16 加筆)


スペイン語なんですかねぇ。相当文字化けしてますが…。
「ははは…。スペイン語は判りません。」
「スペイン語"も"、の間違いだろ。(笑)

上では、ご署名をお願い致しましたが、
当然、強制は致しません。
別な意見をお持ちの方もいらっしゃるでしょうし、
情報を集めて、自分なりの判断をしたい、
と言う方もいらっしゃるでしょう。」
「何か、コレについて行動を起したいと思われた方に、
その手段の一つを提示できればと思っています。」
「きっこさんの所でも詳しく書かれていますが、
こちらでも、署名の仕方を記したいと思います。」


1.一番下の「Click Here to Sign Petition」をクリック。

2.署名フォームの4項目にローマ字で署名。

 それぞれ、下記の内容で記入。

 Name: (名前)
 Email Address: (メールアドレス)
 Ciudad / Localidad: (都市)
 PaA-s: (国)

3.署名フォームの下の「Private」(非公開の意)と言う所にチェックをして、
 一番下の「Preview your signature」をクリック。

4.次のページで記入ミスの確認をして、
 下の「Approve Signature」をクリック。

※ここで、ちょっと重要な部分を勘違いして読んでた様です。
 上で「Private」(非公開の意)と説明致しましたが、
 正確には、公開されないのはメールアドレスのみです。
 名前、都市名、国名は、署名者一覧のページで公開されています。
 なので、これから署名される方は、
 Ciudad / Localidad: (required) には都市名のみ、
 PaÃ-s: (required) には国名のみを記入し、
 詳しい住所は記入しない方が良さそうです。※5)

 因みに、読んで頂ければ判りますが、
 『Email Address Privacy Option』で、
 『Available to Petition Author』を選ぶと、
 この署名活動を立ち上げた個人・団体にメールアドレスが通知され、
 『Public』を選択すると、このサイトを閲覧出来る全てのPCから、
 メールアドレスが閲覧出来る状態になってしまうと言う事です。
 (2008.2.16 加筆)

「以上で終了です。」
「最後に、この『作品』に対する作者の"大儀"を記しておきます。」

『野良犬が日常の様に道端でに餓死していても、
 それに気をとめることなく平気で通り過ぎる人間の欺瞞・偽善を暴く』

「野良わんこの餓死が日常なのは悲しい事です。
ですが、
『餓死する』のと、『餓死させる』のとは意味合いが違ってくると思いますが、
皆さんは、どう思われますか?」



2月7日 追記の追記

ご署名参加頂いた方々へ

兄ちゃん 「皆様の貴重な時間を割いてご署名頂き、有難う御座います。」
ボル 「皆様に、
前もってお話しておかなければいけなかった事があります。」
「ご署名頂く時に入力したメールアドレスに、
英文のメールが届くと思います。
『Signature Confirmation…』というタイトルで…。
これは、入力したメールアドレスが生きている事の確認メールです。
このメールが届く事によって、実在するアカウントである事を確認し、
それを『実在する人間の署名である』と置き換えて、
初めて署名した人数としてカウントされると言う仕組みです。」
「これが届いても、正直無視して頂いて結構です。」
「最後の方に記載されている、
『…U.S. Dollars,Canadian Dollars,Euros,…』とあるのは、
こう言った海外の署名活動に良くある、募金のお願いです。
『ご賛同頂けるのであれば、お願い致します』程度の事なので、
募金をする、しないは、自由です。
強制ではありませんので、ご安心下さい。」
「これも、その気が無ければ無視して結構です。」

※署名後の返信メールの内容を良くお読みになって頂ければ、
 お判りかと思いますが、今一度、ご説明させて頂ければと思います。

 ご署名頂きましたサイトは、
 世界中の、嘆願書を作る為に署名を集めたいと考えている
 個人、又は団体に代わって、
 Web上で署名を集めるサービスを提供しているサイトです。
 返信メールで呼びかけている募金は、
 この署名サービスを提供しているサイトに対してのもので、
 今回の運動を起した個人・団体に対してのものではありません。
 (2008.2.16 加筆)

「始めにご説明しなければいけない事でした。
追記となってしまいました事、お詫び致します。」
「ご署名、ありがとうございました。」


出典:2008.2.16※1)Webサイト『Realtokyo』 2008/1/17 179:犬と鼠
※2)BBS『コスタリカのことなら、なんでも聞いてみて!』
2008/2/5~13までの書込み
※3)Webサイト『はてな匿名ダイアリー』 2008/2/9 犬の餓死
※4)ブログ『犬と猫の日々NEW』 2008/1/30
犬が餓死するまでをアートにする?3
関連:『犬と猫の日々NEW』 2008/1/27
犬が餓死するまでをアートにする?
『犬と猫の日々NEW』 2008/1/28
犬が餓死するまでをアートにする?2
※5)ブログ『3匹の猫、旅に出る』 2008/2/8
オンライン署名、注意と疑問
関連:『3匹の猫、旅に出る』 2008/2/2
コスタリカのNATIVIDAD事件について



今日の一曲
Dog Days 注意!このリンク先は音が出ます  by  岡村靖幸

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「色んな意味でタイムリーな曲を選曲してみました。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

あらら 

雪がちらついてきたなぁ。
早めに帰んなきゃかなぁ。

役に立たない人。略して"役人" 


兄ちゃん 「今、忙しいのか暇なのか、自分でも良く判らない状態。
どちらにしても、こうして更新が頻繁なのは、多少余裕があるんだろうな。」
ボル 「一月は、10回も更新しちゃいましたね。」
「一月、暇だったからなぁ…。
仕事の依頼が少ないってだけで、
空いた時間は次への仕込をしてるんで、
金にはならんが、体は空いていないと言う、
何とも形容し難い状態です。今。」
「その動きが無駄骨にならない様に…。」
「キツイね。言う事が…。

そんな中、あるニュースの中に気になる箇所があったんで、
ココに記して置こうと思います。」
「はい。」
「アメリカ牛のBSEの時は、早々に報道を止めたくせに、
今回の毒入りギョーザは随分とマスコミもしつこいなぁ…とか、
この件で、報道ステーションの姿勢が叩かれてるなぁ…とか、
そう言う事も気にはなるけど、今日は年金記録の転記ミスの話。」
「あぁ、外国人アルバイトが転記ミスをしたって、アレですね。」
「何度叩かれても丸投げ気質の変わっていないアホ役人がしでかした事。
呆れこそすれ、今更驚きもしませんが、
ワシが気になったのはこの部分。」


『社保庁は中国人アルバイトの派遣にかかった費用は、
 支払わない方向で検討している』

「ほぉほぉ…。」
「ミスをしたから支払わない。一見、普通の事の様にも思える。
が、ワシらの業界でこれを当てはめてみると…。

・ワシが下請けの業者に、ある工事を依頼する。
・指示したものと違う物が出来上がっている。
 若しくは、指示したレベルに達しない物が出来上がっている。
・ワシは、指示通り出来ていないのだから、
 支払はしないよ。と通告する。

これは、何と言う法律の第何条だったか失念致しましたが、
確か法律違反だったと思います。
調べるの面倒なんで、記憶で話してますけど…。(笑)」
「ははは…。」
「要は、監督する立場の人間は、作業にミスが無い様にキチンと目を配り、
ミスが判った時点で、修正を指示しなければいけない。と言う事。
今回のミスの発覚は、作業開始から10日が経過していたとの事。
とてもキチンと監督をしていたとは言い難い。
ワシの立場なら、
『テメェ、毎日見にも来ねぇくせに、
 終わってからゴチャゴチャ言うんじゃねぇよ』と、
逆に突き上げをくらってもおかしくない所。」
「なるほど…。」
「『監督する』ってぇのは、ミスが無い様に指示し、
ミスの前兆を見逃さ無い様、目を配り、
ミスがあれば、速やかに修正をさせる。
そして、納品先の希望通りのモノを納品する。
そう言う仕事だと思っています。他にも、細かい事は諸々ありますが…。
そうして幾ばくかのお金を頂いて、おマンマを喰っている。」
「ふむふむ…。」
「今回の事で、実際に作業に携わったのは、人材派遣会社のアルバイト。
確かに派遣会社に何の落ち度も無かったとは言えないかもしれない。
業務内容が、日本国民の個人情報に関わる事。
外国人アルバイトにさせて良い内容だとは思えない。
何らかの処置があってもおかしくはない。
しかし、作業を監督していたのは、社保庁の役人だったのではないのか?」
「そうですね。」
「ワシに言わせれば、とても監督業務を遂行していたとは言えない。
その程度で給料をもらえるのだから、楽な仕事である。
どうせ丸投げするんであれば、帳簿の納品まで民間に委託した方が、
よっぽどキチンとしたモノが上がってきそうだ。」
「それは言えそうです。」
「そんな役に立たないくせに"役人"と呼ばれる連中の、
今回の担当だった人間にも、
『指示通り出来ていないのだから、支払はしないよ』とは、
ワシら納税者は言えないのである。」

P.S

兄ちゃん 「雪だぁ!」
超雪だぁ…
ボル 「2月3日 AM10:00現在。東京地方。
先日の降雪が比較にならない位、"超"雪です。」
「テンション上がるぜぃ。ヒャッホー!」
「(((((( > x <))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク」
「ぬぁっはっはっはっはー。軟弱者め。」
「ひ、ひ、ヒーター、ヒーター。
あったか~い。(*´∀`*)ポワワン」
「雪合戦するぜっ。一緒に来いっ!」
「ちょ…、待っ…。あ~れ~…。」


今日の一曲
Kill the King  by  Rainbow

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「泣く子も黙る。レインボーの『キル・ザ・キング』です。
ハードロック好きにはたまらん。と言うか、バイブルと言うか、定番と言うか…。
何度聞いてもカッコ良すぎる。全てにおいて、スゴイ。
もうカッコ良いとしか、他に言いようが無い。
ロニーのヴォーカル、リッチー・ブラックモアの神がかったギター、
ラストのコージー・パウエルの三連符(六連符?)なんか、
今聴いても鳥肌が立つ。
今放送されている、
テレビ東京の『世界卓球2008』のCMのBGMでも使われています。
そのCMの影響か、急に聴きたくなって今日の一曲にしました。
今回の動画、ちょっと画質も音も悪いですが、
ドロシーの声→『虹の彼方に』(Over the Rainbow)の一節
→イントロと言う流れが聞ける動画がこれしか見つからなかったんで、
不本意ながらリンク致しました。
上記致しました件(くだり)は入ってませんが、
こちらの動画の方はレコード音源の様なので、
幾分音質が良いみたいです。
リッチー・ブラックモアの人間技とは思えない早弾きと、
コージー・パウエルの全盛期の狂った様なドラミングが聴きたい人は、
こっちが良いかも…。
レインボー、ディープ・パープル、リッチー・ブラックモア。
ご存知の無い方は、近くのロック好きに聞いてみて下さい。
目を輝かせて、『もういいっ』って言うまで、話してくれると思います。(笑)」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
01 ≪│2008/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。