店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、問題です。 

20071028093903
ワシは、今どこにいるでしょう。
スポンサーサイト

Lucky Dube 


兄ちゃん 「相変わらずの睡眠時間で今日もお仕事です。」
ボル 「ご苦労様。お疲れ様です。」
「相手出来なくて悪いね。」
「いえいえ…。」
「昨日は、ちょっとした記念日で、
お姉ちゃんと二人で恵比寿に出掛けてきました。」
「はい。」
「電車で行ったので、久しぶりに歩いたなぁ…。
ハワイアン・グッズの店で小物を買い、
『今や恵比寿でハンバーグと言えばこの店』って位の店で飯を食い、
帰りにケーキとドーナツを買って帰ってきました。
途中立ち寄ったアメリカン・パーツショップで、
薔薇の香りの石鹸を見つけて、昨日は全身それで洗いました。
風呂上り、体からいい匂いが致しました。」
「ボクも思わず、くんかくんか鼻を鳴らしてしまいました。」
「ご興味のおありの方の為に、一応ご紹介…。」
ドクター・ブロナー製 マジック・ソープ
「ドクター・ブロナー社製『マジック・ソープ』。
因みにリキッド・タイプもありました。
どっかで紹介されてたらしく、お姉ちゃんはこの石鹸を知っていました。
全身洗えるそうで、昨日は頭の先から足の先までコイツでやっつけました。」
その側面に『フェア・トレード』の文字が…
「そして側面には燦然と光り輝く『フェア・トレード』の文字が…。
何気なく手に取ったパッケージにも、こう言った事が書かれてある。
ワシの目の素晴らしい所ではあるな。」
「自分で言うな。」
「さて、今日更新をした理由は、この記事の方ではなくて、
下の『今日の一曲』を更新したかったから。
てな訳で、記事の方はこの辺で…。」
「早いなぁ…。」
「ま、時間も無いしね。
それでは、また…。」



今日の一曲
Back to My Roots  by  Lucky Dube

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「今日、何気なく覗いた、きっこさんのブログ、
きっこのブログ』の記事を読んで、軽くめまいがしました。
南アフリカの代表的レゲエ・ミュージシャンのラッキー・デューベが、
自分の子供達が見ている前で、
自動車強盗と見られる男達の凶弾によって、命を落としてしまった様です。
詳しくは、きっこさんの記事に譲りますが、
今、ワシは相当ショックを受けているのが、自分でも判ります。

彼の冥福を祈る意味で、大ヒットを記録したアルバム『Slave』から、
『バック・トゥ・マイ・ルーツ』をご紹介致します。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『恥の上塗り』 


兄ちゃん 「…ならぬ、『言い訳の上塗り』?
ワシがちっとも相手をしないので、ウチの店長は不貞寝しております。
なんで、今日はワシ一人だよん。

ここんトコ、実質1日1~2時間の睡眠で描いて参りました図面が、
いよいよ明日の16時納品と言う事で、
昨日から寝ておりませんの事よ。おほほほ…。
『眠眠打破』、『強強打破』、『エスタロン・モカ』と、
順調にグレードアップをしてきた結果、胃が悲鳴を上げております。
頭も可笑しくなって参りました。おほほほ…。

『それは、始めから…』てな、突っ込みも今日は無し。
幾分、寂しいですな。
一人で不貞寝しているボルは、もっと寂しいか…。すまんね。

さて、毎度申し上げていますが、更新だけでなく、
コメントのレスも侭ならず、全国の(?)ボルファンの方々には、
大変申し訳無く思っております。
一段落したら、ぼちぼちお返事させて頂きとう存じます。
ホント、自分の仕事のノロさには、自分でも呆れるわい。
ま、ここは、
納得せんと先に進めない融通の利かないこの性格を呪うとして、
もう一頑張り、二頑張り、三頑張り…十頑張りくらいですかね。
何とか生きて帰って来ようと思っちょります。(笑)

とは言え、いつもの順回路のブログ友の方々の所へは、
ちょこちょこ伺わせて頂いております。
これが、『一服の清涼剤』と申しますか、
一瞬、現実を忘れる事が出来る貴重な時間なのでありました。
ただ、『読み逃げ御免』とばかりに、
コメントをさせて頂く事叶わないのが、大変心痛の至りではありますが…。
足跡があって、コメントが無くても、
みなさんの記事は、楽しく読ませて頂いております。
忙しいのは皆一緒でしょうに、キチンと更新なさってる方々は、
尊敬致します。と言うか"畏怖の念"を抱きますな。
『アンタはエライ!』と、往年の小松の親分さんの台詞を引用して、
尊敬の気持ちを表したいと思います。

そんな訳で、テレビもすっかりご無沙汰な今日この頃。
某親子の会見も、オシムジャパンも五輪代表も、全然見ておりませんで、
世間の話題から遠ざかってしまっております。
ただ、毎日新聞までもが『TBSも悪い』てな記事を書いていたそうで、
『お前が言うな!』と、全国民が突っ込みを入れたと言う事は、
ワシの耳にも入っております。(笑)
まぁ、"泥船"には乗りたくないって所でしょうか…。

さて、そろそろ仕事に戻りましょうか。
半分、強制的に起きている様な状態。
乱文、誤字脱字、ご容赦下さい。

最後に、記事とは全く関係ない動画を一つご紹介。

東京競馬場 2000年11月12日 第14回 根岸ステークス

競馬に興味の無い方には、全くもってどうでもいい動画ですが、
東京競馬場ダートの重賞GⅢ、根岸ステークス。
残り400m手前まで最後尾だった武幸四郎騎乗のブロードアピール。
『脚も折れよ』とばかりの"鬼脚"で差し切った、
今でも話題に上る、忘れ得ないレースです。
『マキバオー』でも、こんな展開はねぇよ。と、
漫画をも超えた驚きの末脚をお楽しみ下さい。(笑)

では、また…。」



今日の一曲
Don't Take it too Hard  by  Tuomo

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「トゥオモの『ドント・テイク・イット・トゥ・ハード』です。
今日は申し訳ないですが、詳しい能書きは省かせて頂きます。
加えて、探しても動画が見つかりませんで…。
いや、ある事はあったんですが、ライブの手撮り動画で、
音も悪かったので、今回それをリンクするのは止めました。
それでも、みなさんに聴いて頂きたい曲だったので、
無理くりご紹介。(笑)

リンク先のページの右側にプレーヤーがあると思います。
その下、曲目一覧の中から青文字、下線付きの、
Don't take it too h... 』 と言うテキストリンクをクリックして頂くと、
動画はありませんが、楽曲を聴く事が出来ます。
ちょっとお手数をお掛け致しますが、
それを強いてでも、聴いてみて頂きたい。
ソウルファンには、なかなか堪らない曲かと思います。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

会議室より愛を込めて 

ここんトコ、
金木犀の香りが心地良いね。
こんな香りの芳香剤があったら、
即買いなんだがなぁ。

未だ打ち合せ中。
やだ、この仕事・・・。(凹)

苦しい言い訳… 


兄ちゃん 「コメントのお返事もなかなか出来ず、記事も遅々として進まず、
皆様の所へもなかなかお伺い出来ず、
毎度の事ながら、しじょ~~~~に申し訳ないっス。
己の歩みのノロさが原因で、仕事が溜まってきているって言うのに、
人がイイのかウマシカ野郎なのか、
少々面倒な案件も引き受けてしまった為、
シリーズ第三弾が、途中まで書いて放置状態です。
前回の記事から既に一週間。
最近すっかり"週刊"となってしまっております事、
ただただ、お詫び申し上げまする。(m´・ω・`)m ゴメン…」
ボル 「皆様におかれましては、ご健勝の事とお悦び申し上げます。」
「ボル君、漢字が間違っておるよ。」
「あ、大変失礼致しました。…お喜び申し上げます。」
「とか言いつつも、
YouTubeでエリカ様号泣の動画を見たりとかもしているのですが…。(笑)
息抜き息抜き。まぁ、許せ。
所でワシ、あの人の眉頭の形が、非常に気になるんですが、
アレは"あり"なんですか?
デューク東郷の様な、こんな↓感じのヤツ。」
こういうの…
「まぁ、昔流行った"太眉"も、今見ると恥ずかしい感じなので、
疎いワシが知らんだけで、最先端の方々には流行っているのでしょう。」
「兄ちゃん、言葉に棘があります。」
「こいつぁ失敬。そんなつもりは毛頭御座いません。」
「さて、今日はお詫びだけですか?」
「そのつもりでいたのですが、小ネタを一つ…。
「ドラゴンボール」実写版。ついに監督決定か?

…悟空…、お前もか…。_| ̄|○ il||li」
「ははは…。」
「シリーズ記事は、連休中にUP出来ればと思っております。」
2007.10.8追記:無理でした。ごめんなさい。(´・ω;`)
「何卒、宜しくお願い致します。」
「それでは、またお会い致しましょう。」
「さようなら。」



今日の一曲
Spring Rain  by  Silvetti

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「シルヴェッティこと、ベブ・シルヴェッティの『スプリング・レイン』です。
イージー・リスニングとしては、超有名な曲なので、
どっかで聴いた事あるんじゃないでしょうか?
電気グルーブの『Shangri-La』の元ネタでもあります。
Amazonにジャケ写が無かったので、
discomusic.comにリンクさせて頂きました。
Amazon、たまに使えない…。(笑)
真ん中にサイトのロゴが入ってしまっていますが、
どうですか、美しいジャケ写でしょ?
ここまで美しいジャケ写は、そうそう無いですよ。
曲も、なんとも雰囲気のある感じで素敵です。
ベブ・シルベッティ。
アルゼンチンのジャズ・ピアニスト。
ただ、僕らの年代は、この曲がディスコでバリバリかかってたので、
ダンス・ミュージックの印象が強かったりします。
上質なインストゥルメンタルです。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
09 ≪│2007/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。