店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お世話になりました。 


兄ちゃん 「コメレスがね、最近全然付けられません。
ホント申し訳ないです。
全て、有難く読ませて頂いておりまする。」
ボル 「休み中にでも、じわじわ付けて参りましょう。」
「じわじわ?なんか違う気がするけど…。
まぁ、いいや。
今日、多分年内最後の更新になると思われます。
皆さん、大変お世話になりました。
後で、皆さんの所にもお伺いさせて頂きます。
来年も宜しくお願い致します。」
「おねがいいたします。」
「今日はね、年内最後に相応しく、
ワシの大好物、AOR特集で行きます。」
「全然相応しくないし…。」
「いいの!
年内に一発かましておきたかったのよ。
そう考えているうちに、もう28日。
時間が無いわ!」
「はいはい。
お好きにどうぞ…。」
「ほんじゃぁ、行きますよ。
先ず一発目…の、前に、
AORとはなんぞや。
では、ボル君どうぞ。」
「えっ?ボク?」
「はい。いつもワシにくっついて歩いている君なら、
習わずとも分かるはずである。
ワシより世代のお若い方々の為に、頼むよ。」
「はいはい。
AORとは、元々、Album Oriented Rockの略でした。
コマーシャルなシングル主体のスタイルではなく、
アルバム主体のスタイルを重視していた事から、
この呼び名が付いたようです。
ピンク・フロイドなどが代表選手です。」
「おっ。いい調子。」
「同じ頃、ボストンなどのアルバム至上主義でありながら、
落ち着いた聞き心地の良い音楽が流行り、
それが日本に輸入される際、AORがAdult Oriented Rockと解釈され、
日本にはAOR=大人のロックが定説になりました。
本国アメリカでは、このジャンルはAdult Contemporaryと呼ばれています。」
「見事!パチパチパチ…。」
「いやぁ~。どうもどうも…。」
「さぁ、説明も済んだ所で、一発目行きますか。」
「はい。」
「先ずはAORの代表的グループ。
そしてワシが最も敬愛するDonald Fagenと、
Walter Beckerのユニット、Steely Dan。
数ある楽曲の中から、Pegと、FMを、ご紹介。
Pegは、彼らの大ヒットアルバム『彩(Aja)』から、
FMは、不発に終わった同タイトルの映画のサントラから…。」
「どっかで聞いた事がある様な…。」
「結構、耳にする曲を今回は選んでみました。
同じライブの映像っぽいですね。」
「続きましては…。」
「Boz Scaggs。
AORの定番、We're All Aloneと、Lowdown
どちらも名盤、Silk Degreesからの曲です。」
「動画、若い…。」
「だね。
でも、この頃ワシらから見たら、
カッコイイおじさんだったんだよ。
Middle Manのジャケットなんか、お洒落でしょ。」
「子供のボクには分かりません。」
「…。」
「次、行きましょ。」
「さて、気を取り直してお次は…。
超有名バンド、TOTO。
商業バンドと呼ばれ、AORに分類されがちですが、
実は非常に幅の広い音楽性を持ったバンドです。
彼らの楽曲の中から、これまた超有名Africaと、Rosanna
やっぱりJeff Porcaroがドラムを叩いていた頃がTOTOだと思うのであります。」
「これはボクも知ってますよ。」
「でしょ?
何故かボーカリストがボーカルを取る事の少ない、
不思議なバンドでもあります。」
「出たがりがいるの?」
「はっきり言っちゃぁいけません。
さて、お次は…。
E.L.O Electric Light Orchestraです。」
「エロ?」
「あーぁ、言っちゃった。
それは子供の頃、よく言ってました。
正確にはイー・エル・オーと読みます。」
「ふ~ん…。」
「さてそんなエロ…もとい、E.L.Oからは、
ちょっと前に話題になったドラマのテーマ曲にも使われたTwilightと、
らしくない曲All Over The Worldtを…。
Twilightは、あまりにも有名ですね。
この曲を聴くと、ちびノリダーの顔が浮かびます。」
「ちび・ノリ・ダー!」
「さてさてお次は、
25日の『今日の一曲』でも紹介いたしました、 Chris ReaのOn The Beach
元々、スライドギターの名手。
この曲はその辺が遺憾なく発揮されております。」
「いい声ですね。」
「ワシもこんな声だったら、歌唄ってたかもね。
羨ましい声です。」
「ですね。」
「これも聞いた事あるでしょ?
Bill WithersのJust The Two Of Us
ここまでくると、AORと言うよりもR&Bに近いですかね。
この人、こんな曲も、歌ってます。
本人が歌ってる動画もあったんですが、リンク切れ…。」
「ケミ版もなかなかイイですよ。」
「ね。
ほんじゃぁ、そろそろこの辺にしますかね。
まだまだ紹介し足りないですが、
続きは次の機会にでも…。」
「今年は大変お世話になりました。」
「来年もお世話になるつもりでおります。
何卒、宜しくお願い致します。」
「それでは皆さん…、」
「良いお年を…。」
追記:
兄ちゃん 「そして明けて29日。
今日はボル君の一歳の誕生日であります。
おめでとう、ボル君。Happy Birthday!!」
ボル 「ありがとう、兄ちゃん。ありがとう、皆さん(涙」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
ルビーの指輪   by   寺尾聰

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「今日の特集。何が言いたかったかと言うと、
寺尾聰の新しいアルバム、めちゃめちゃカッコイイって言いたかったのでした。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

J・B死す…。ワシも、死ぬ…。 


兄ちゃん 「今日はね…。」
ボル 「はい。」
「クリスマスネタを用意してあったんですよ。」
「はい。」
「しかしながら、体調がすこぶる悪く、
風邪と言うか、インフルエンザ…。」
「あらま。うつさないでね。」
「冷てぇなぁ。
まぁ、そんなこんなで、更新は止めトコと思ったんですが、
夕方、入ってきたこのニュースにだけは触れておこう、と…。
巨星落つ、J・B急逝!」
「でしたね。」
「な~んかね、ジョン・レノンが撃たれた時より、
ショックですわ。」
「体調悪いのとダブルでキてますね。」
「まだ、73だったって言うのも、
微妙に驚きですがね。」
「キャリアのわりに若いですね。」
「あの見事にパッケージングされたステージが、
もう見られないのですね。
『定番』とか、『お約束』とか、色々言われますが、
本物のエンターティナーの一人だったでしょう。
…と、ココまで話して、結構キツイです。
すんませんが、今日はここまでで…。」
「ゆっくり休んで下さい。」
「そうもいかんが、
気持ちだけありがたく受け取っておくよ。」
「それじゃぁ、また近いうちに…。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Driving Home For Christmas   by   Chris Rea

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「ここだけ、クリスマスネタの名残で…。
ワシが二番目に好きなクリスマスソングです。
一番目はDonny Hathawayの歌うThis Christmasなんですが、
適当な動画が見つからなくて…。
今日の曲、クリスマスに子供達の待つ家への帰路を急ぐ、
お父さんの気持ちを歌にしています。
英語が分かんなくても、なんとな~く雰囲気掴めますよね。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング

オヒサとオッサンとオサケとオケケの話 


兄ちゃん 「どもども。
ご無沙汰致しております。兄ちゃんです。」
ボル 「ボルです。お久しぶりです。」
「ま、何の告知も無く今回以上に長期に休んだ事もあったので、
良く来て頂いている方々は慣れっ子だと思いますが…。」
「それもどうかと…。」
「最近は、忙しすぎて頭がどうにかなった様で、
夜中、バーボンを煽りながらPCに向かって仕事をする日々…。」
「ハードボイルドですねぇ。」
「そんなカッコイイもんじゃぁないよ。
単純に『やってらんねぇ』だけです。」
「今朝も5時位までコソコソ何かやってましたね。」
「『コソコソ』って人聞きの悪い。
仕事です!仕事!」
「そういう事にしときます。」
「…。ところで皆さん。
忘年会事情は好調ですか?
ワシは一個も出席してません。
代わりにバーボンを煽る訳です。
ワシの代わりに皆さん楽しんで下さいね。
って事で、この話は『今日の一曲』のコーナー↓へ続きます。」
「今日は何の話をするつもりで出てきたんですか?」
「いや、単純に生存報告のプチ更新です。
『まだ、生きてますよ~』と…。
本格更新は、また後日…。」
「はいはい…。」
「てな訳で、今日も7時には起きて仕事をしている訳です。
正直、こんな感じが続いていて、限界も近そうです。
体力落ちたね。オッサンだね、もう。オッサン。」
「今頃、自覚しましたか…。」
「いや、薄々気付いちゃぁいたんだけどね。
頭のみならず、他の毛にも白髪混じるし、
ありえない所から毛が生えてきたりするし…」
「ありえない所?」
「いや、耳とかさ…。」
「カッコワルっ!」
「そんな君だって、産まれた時から生えとろうが!」
「これは"仕様"です。」
「まぁ、いいや。
今日は珍しく自宅仕事です。
ゆったりまったり仕事してます。
頭はボケボケです。
こんなボケボケ頭には、
今、季節はずれのレゲエが流れております。」
「余計まったり感を誘いますね。」
「聞きながら横ノリしてると、
自然と目をつぶってしまいますね。
仕事が無ければこのまま寝てしまいたい気分…zzz…。」
「お~い!」
「はっ!いかんいかん。
仕事に戻ろうっと。」
「早く終わらせて、今日は早く寝ましょう。」
「『だが、断る』」
「勝手にして下さい。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Tubthumping   by   Chumbawamba

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「♪ウィスキー飲んでぇ、ウォッカ飲んでぇ、ビール飲んでぇ、ソーダ飲んでぇ…♪
飲みっ放しの曲です。ちょっと前、日本でも流行りましたね。
このバンド、元々パンクバンドなので、
EMIから出したこの曲以前の曲は、かなりパンキッシュです。
『タブサンピング』聞いてファンになった人は、
もれなく期待を裏切られると思います。(笑)」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング

I Can't Stop Loving You(加筆修正版) 


兄ちゃん 「この日の記事は、
都合により削除致しました。
コメントを頂いた皆様、
大変申し訳御座いませんです。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
I Can't Stop Loving You   by   Tom Jones

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「この曲も、タイトルストレートだね。
この迫力に押し切られてしまいそうだわ。
パワフルな爺さんです。
結構、好きなのよね。トム・ジョーンズ。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング

It Ain't Over 'Til It's Over 若しくは 銀ブラ 


兄ちゃん 「『ヒゲ愛』より、『巨人愛』だったO選手に、
同じヒゲ族として言いたい。
『貴方の"ヒゲ愛"は、その程度だったのか?
 3年契約が、4年契約になれば、
 キレイさっぱりしてしまう程度の…』(泣」
ボル 「年齢も年齢ですから、
背に腹は代えられないのではないかと…。」
「今や、球界の"迷"主である所の、巨○軍。
ヒゲ剃って勝てるんなら苦労はせんわい!」
「はいはい。どうどう…。」
「はぁはぁはぁ…。
すみません。取り乱しました。」
「今日は、何の話?」
「こないだ銀座に行った時に撮った写真を、
何点かアップしようかと…。」
「あぁ、こないだの日曜日ですね。」
「そうそう。
『阪神ジュビナイルフィリーズ』のあった日です。」
「また、競馬…。」
「ん?」
「い、いえ。どうぞ続けて下さい。」
「用事があって行ったのよ。
馬券も買いに行ったけど…。」
「用事とは?」
「君のリードとキャリーバッグを買いに行きました。」
「それが、これと…、」

リード、嫌~い!

「これですね。」

in Bag

「そうそう。
君、ホンット、リード嫌いね。」
「誰にも縛られたくないのじゃぁ!」
「そんな、尾崎豊みたいな事言って…。
なら、一人で生きていけますか?」
「すんませんでした。」
「分かれば宜しい。
道中、撮った写真を何点か…。」

ミキモトツリー


「まずは、『銀座ミキモト』前のクリスマスツリー。
ワシみたいに写真撮ってる人が、いっぱいいました。」
「そして…。」

シャネルツリー


「シャネルのツリー!
マリリン・モンローが寝る時に纏った、
No.5がいっぱいぶら下がってます。」
「どっちのツリーも、
夜だともっとキレイそう…。」
「そうだね。
ただ、アホなカップルも増えそうだけど…。」
「カップルの浮かれ時ですから、
その位は許してあげましょう。」
「大人だねぇ。
前々回、銀座に言った時には、
中央通りの辻々で、野点が行われておりました。
上品な和服のご婦人方が、
通行人にお抹茶を振舞っておりました。」
「あら、素敵。」
「あぁいう方々の所作と言うのは、実に美しい。
私も見習いたい所です。
"形"が"心"に与える影響っていうのも大きいと思うので、
やってる内に、この黒い心も浄化されるのではないかと…。」
「じゃぁ、ボクも…。」
「君の黒さは、毛にまで滲み出てきてるからなぁ。」
「毛の黒いのは、腹黒いのとは関係無いです!」
「ほぅ…、自分で認めたね。腹黒さを…。」
「ボクも産まれた時は真っ白だったさ。
引取られた家が拙かった。
飼い主に似るって言うでしょ?」
「何が言いたい。」
「皆まで言わせる気ですか?」
「い、いや…。やっぱり、いいです。」
「環境は人間も動物も変えてしまうのです。」
「ちょっとイイ話風に、
結構酷い事言ってない?」
「これ以上兄ちゃんをいじめるのは、止めにしましょう。」
「…ありがとう。」
「最後にボクの写真で締めましょう。」

ん?何?


「今回のベストショットと自負致しております。」
「兄ちゃん、可愛く撮ってくれてありがとう。」
「いえいえ、どういたしまして…。
君は暴れるから撮るのが大変だよ。」
「なんかね。レンズを見ると興奮しちゃうんです。」
「もっと撮ってあげたいので、
出来るだけ治して下さいね。」
「善処致しますです。」
「では、皆さん、ごきげんよう…。」
「夢で逢いましょう。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
It Ain't Over 'Til It's Over   by   Lenny Kravitz

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「今のワシの心境です。
負けるか!くそっ!」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング

合戦と競争 


兄ちゃん 「えっと。
今日は更新予定だった話をあっちにポイッしまして、
ネギ姐さんトコの、この記事にインスパイヤされまして…」
ボル 「兄ちゃん。"インアスパイヤ"は、もうダメダメ。」
「あ、そう?んー…。
ほんじゃぁ、触発されまして…」
「うむ…。」
「一つ、お話をしたいと思います。
あ、因みに下ネタ注意報です。
そっち方面に嫌悪感を抱かれる方は、
こちらへ、どうぞ。」
「洒落がキツイですね。」
「流石は姐さん。
男子の肝が分かってらっしゃいますよ。」
「観察眼の鋭さ。キラン。」
「本題の前に、
浦和レッズ、優勝おめでとう!
チームを優勝に導いて去る、ギド・ブッフバルト。
かっこいいです。
我が、FC東京にそんな日は来るのでしょうか?
ここんトコ、真ん中の下ら辺が、
定位置になってしまっています。
頑張れ!FC東京!」
「ベルディーは?」
「ベルディー?
東京にそんなチームあったっけ?
ベルディーっつったら、川崎のチームでしょ。
あのチームの本拠地が東京なんて認めませんよ。」
「ベルディーのサポーターの皆さん。ごめんなさい。
兄ちゃん、読売大嫌いなんです。」
「読売と言うよりも、
あのヒヒジジイの息の掛かったものが嫌いなのよ。」
「はいはい。
本題本題。怖い怖い。」
「さて、モノのデカさが男子に与える影響の話。」
「はい。」
「姐さんのトコでも触れてましたが、
モノのデカさが雄としての優劣を決めてしまう事が、
男子間では、ままあります。
とゆーか、結構男子の根幹に関わる問題だったりします。」
「大きい方が上な訳ですね。」
「その通り。
デカいモノの事を古い言葉で『板ねぶり』とか『三ドボン』とか言いますが、
風呂の中など、裸で相対する場面で、
雄の格が決まってしまう訳です。」
「人間って大変。」
「おっきい方は『勝った』と、
ちっさい方は『負けた』と思う訳です。
まぁ、お互い大人な場合、
表面上は変わらず付き合っています。
が、優劣が決まった瞬間から、
頭のどこかをそれが支配してしまいます。」
「なるほど。」
「そんな話を耳にした女子は、
大抵『大きさはあんまり関係ない』と、言うでしょう。
中には『おっきければ、おっきい方がいい。』という方もおられるでしょうが、
表向きは、どなたも『関係ない』派ではないでしょうか。」
「はぁ。」
「前からワシは、
『この関係って、アレに似てるなぁ。』と、思っていました。」
「『アレ』とは?」
「女性のダイエットです。」
「ん?良く分かりませんが…。」
「何事にも例外はありますので一概には言えませんが、
世の女性は、先を争う様に痩せたがります。
ガリガリのモデル体型が持て囃された時期もあります。
最近は、業界全体で"痩せ過ぎ"にストップが掛けられているようですが…。」
「はいはい。」
「男は鶏ガラの様な体型の女性よりも、
ちょっと丸みを帯びた女性らしい体型の女性の方を、
好むのではないでしょうか。」
「かもしれませんね。」
「にも関わらず痩せたいっていうのは、
これは男の目を気にしての事ではありませんね。
同性の目を気にしているのです。
擦れ違った同性の目を惹きたい。
モデルの様に洋服を着こなしたい。
そんな風にワシの目には映ります。」
「なるほど。」
「男は『そんなに痩せなくったって、いいじゃん』と思いますが、
対象が異性ではなく同性なので、
そんな言葉は関係ないのです。
ここまで話してきて、
上のデカチ○ンの話と、妙に似てませんか?」
「あぁ、そう言えば…。」
「ね。でしょ。
まぁ、でもね。
どちらの場合も人間も動物と捉えた場合、
最終的に異性に辿り着く為の、
プロセスであるとも考えられます。
野生の動物達は、
先ず、同性同士の戦いを勝ち抜いたものが、
異性にアタックするチャンスが与えられます。
上記の『デカ○ン合戦』や『鶏ガラ競争』も、
同性同士の戦いであると考えれば合点がいきます。
勝ち抜いたものが、
意中の相手に気に入られるかどうかは、また、別の話。」
「それはまた辛い話ですね。」
「でも、それが現実。
しかしながら、最近は女性の『鶏ガラ競争』も、
一時期の勢いがなくなった様に感じます。
女性が『モデル体型至上主義』以外の、
多様な価値観を得たという事でしょう。
ワシは自他共に認める『オッパイ星人』で、
加熱する『鶏ガラ競争』を憂慮致しておりました。
従って、最近の"多様化"傾向は、
大歓迎であります。」
「とうとう自分の"癖(へき)"を公言しましたね。」
「いずれバレる事だって。
女性の多様化に比べ、
男の価値観の、何と旧態然としている事か…。
嘆かわしい限りです。
女性の柔軟な姿勢に対し、
男の思考停止にも近い姿勢。
男が女性に劣っている部分の一つだと思います。」
「男はダメですね。」
「全く…。
話し出してみたら、
当初予定していなかった所に落ち着いてしまいましたが、
今日はここでお開きにしたいと思います。」
「思いがけず"大ネタ"になってませんか?」
「あぁ、ホントだ。
じゃぁ、今日は久々の"大ネタ"と言う事で…。」
「後出しジャンケンの様な…。」
「何?」
「いえ、なんでも…。
では、皆さん、ごきげんよう…」
「さようなら。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Tell me where you are going   by   Silje Nergaard

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「この曲大好き。
こんな事、一辺言われて見たい。
動画はCDなどの音源とはちょっと違うライブ版。
この人、元々ジャズの人なので、
こういった感じもありでしょう。
また、amazonの方には、動画の曲は入ってない様です。あしからず。
セリアちゃん、可愛い。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
11 ≪│2006/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。