店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旅立ち」へ 

傷が出来るほど、痒かったかぁ…。

兄ちゃん 「今日はお話しようと思っていた事があったのですが…。
先日、自宅仕事の際に、
珍しく朝のワイドショーを見ての感想だったのですが…。」
ボル 「はい。」
「実は超有名なきっこさんの『きっこのブログ』」の、
9月27日の記事にワシと同じ感想が書かれていましたので、
ココでは割愛と言う事で…。
最後の方の『コイズミ批判』は、
きっこさんのいつもの論調なので、
そこはご愛嬌で…。
「兄ちゃんの『コイズミ批評』を、
はっきりさせておいた方がいいんじゃないですか?
『そこはご愛嬌…』何て言った以上は…。」
「君、難しい所、突っ込むねぇ。
そうねぇ。今日はそういう話のつもりではなかったので簡単にね。」
「はい。」
「コイズミというよりも、もっと大きな括りで…。
前政権下で己以外の力によって、
頑張っているにも関わらず、
被害を受けている方々もいらっしゃるでしょう。
それに関しては遺憾であるし、
絶対にあってはならない事。
新政権ではそういった事は是正して頂きたい。
ただ、ワシ個人としては、
今のワシの置かれている状況は、
良しにつけ、悪しきにつけ、
ワシ自身の選択によって招いた結果。
全責任はワシ自身にあります。
他の誰かの責任ではありません。
ワシはそう考えています。

こういう話は、このブログのカラーに合わないので、
この辺にしたいんだけど…。」
「まぁ、今日の所は許したる。」
「ありがとう。」
「ところで今日の話は何ですか?」
「ブログ上で仲良くさせて頂いている順子(仮名)さんが、
活躍の場を変えて、
心機一転頑張ろうとしています。
と、同時にワシのオフラインの知り合いも、
この度、独立し世間の荒波に船を出す決意を致しました。
そんな二人と、同じ様にこれから出航を迎える方々に、
ワシが以前、友人から贈られて、
その都度々々に勇気付けらた曲を贈りたいと思いまして…。」
「はい。」
「『SUPER BUTTER DOG』の『サヨナラCOLOR』という曲です。」
「前に『今日の一曲』でも書きましたね。」
「そうね。この曲好きでね。
永積君は、こういう歌詞書かせたら天才だね。」
「そうですね。」
「まぁ、ワシらの御託はイランでしょう。
歌詞を下記致します。
ワシの大事な友人の二人、
そしてこれから船を漕ぎ出す皆さん。
頑張って下さい。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
サヨナラCOLOR  by   SUPER BUTTER DOG

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「いや、上で紹介したし…。
以下、歌詞を転載致します。」

そこから旅立つことは
とても力がいるよ
波風たてられること
嫌う人ばかりで

でも、君はそれでいいの?
楽がしたかっただけなの?
僕をだましてもいいけど
自分はもうだまさないで

サヨナラからはじまることが
たくさんあるんだよ
本当のことが見えてるなら
その思いを僕に見せて


自分をつらぬくことは
とても勇気がいるよ
だれも一人ボッチにはなりたくはないから

でも、君はそれでいいの?
夢の続きはどうしたの?
僕を忘れてもいいけど
自分はもうはなさないで

サヨナラからはじまることが
たくさんあるんだよ
本当のことが見えてるなら
その思いを捨てないで

サヨナラからはじまることが
たくさんあるんだよ
本当のことは見えてるんだろ
その思いよ消えないで
その思いを僕に見せて


-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

店長 ボルの日記 番外編 


兄ちゃん 「例のモノは、明日UPと言う事で、
今日はちょっと短めに番外編。」
ボル 「はいはい。」
「ここんトコ、NOBさんの影響もあって、
仕事の合間にYouTubeめぐりがマイ・ブームで御座いまして…」
「"マイ・ブーム"て、又、微妙に古い…。」
「うるさいね!
今や、あまり知る人のいないバンドやら何やらの
動画を探しちゃぁ見ています。
きっかけをくれたNOBさんに感謝。」
「『きっかけは~…』」
「それも、古いよ。
先日、ふと思い出して『また、聞きたいなぁ』と思った曲を
探していました。
その曲は『ミーチャン Going to the Hoikuen』。
皆さん、知ってますかね。」
「ボクは存じ上げないですね。」
「この曲を演奏してたのが、
日本初のブラスロックバンドと言われた『スペクトラム』。」
「知りません。」
「まぁ、そんな感じで、
スペクトラムの動画を探しておりまして、
コレが又、少ないんですわ。
『ミーチャン Going to the Hoikuen』などはもとより、
スペクトラムの曲の中で、
今、一番有名であろうと思われる『Sunrise』もありません。
ありませんから紹介できません。と言うのも癪なので、
探しましたら、こんなものを見つけました。
冒頭の曲が『Sunrise』。
そう、"不沈艦"スタン・ハンセンの入場曲です。
関係ないですが、この動画見ると、
『川田、結構喰らってんなぁ。』って感じ。
こりゃぁ、首も悪くなるわい。
ここまで説得力のある技も、そうは無いよね。
それにしても、"超獣コンビ"強かったなぁ。」
「全日の話はいいです。」
「はいはい。
人気のきっかけとなった曲は、『In The Space』ですかね。
なんかのCMに使われていた記憶があります。
因みに今日の話は、
調べ物をしないで記憶を元に話していますので、
間違ったところがあったら、ご指摘願います。」
「何かとごっちゃになってる可能性があります。」
「その衣装と、Z.Z.Topの様にギターやベース、トランペットを回したり、
ステージで踊りまくるパフォーマンス、
上記の『In The Spaace』での新田一郎のファルセットから、
一時"EW&Fもどき"などと揶揄され、
イロモノ扱いされた事もありますが、
元々、実力のあるメンバーが集まっていましたから、
今、聞いてもその演奏は素晴らしいです。
今なら、実力に裏打ちされた余裕から産まれるパフォーマンス、
と、感じとる事も出来ますが…。当時はね…。
ここまでクオリティーの高いバンドは、
今、日本にいないんではないでしょうか。」
「言い切りましたね。
今でも『PE'Z』とかいるじゃないですか。」
「あぁ、『PE'Z』もいいね。好きよ。
でも、なんか迫力が違うんだよねぇ。
まぁ、『思い出』という贔屓目もありますがね。
もう一曲見つけたのが、『侍's』と言う曲。
どうですか?カッコイイでしょ?
かつて日本にこんなカッコイイバンドがあったんですよ。奥さん。
チョッパー、カッコイイ~。」
「アッちゃんカッコイイ。」
「それは違いますよ。
キャンディーズのマネージャーだった大里氏が、
キャンディーズ解散後、
独立して立ち上げたのがアミューズ。
同じ事務所と言う事で、
初期のサザンオールスターズの編曲や、
レコーディングに参加もしていました。
因みに、前出の"ミーチャン"は、
大里氏の娘さんの事です。」
「動画、無いのが残念ですね。」
「まぁ、しゃーないですね。
"短めに…"と最初に言ったので、
この辺にしときますか。

どれ位の方から『知ってるぅ』って言って頂けるか、
ちょっと楽しみでもあります。」
「ゼロだったら?」
「普通に凹むなぁ…。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Tutti Frutti   by   Little Richard

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「こちらはこちらで、ロックン・ロール。
上の話とは関係なく行きます。
『Long Tall Sally』と、どっちにしようか迷いましたが、
スキャットの部分に馴染みがあるかなぁと思い、
こっちにしました。
Little Richardもロックン・ロール・レジェンドの一人ですね。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング

J・B死す…。ワシも、死ぬ…。 


兄ちゃん 「今日はね…。」
ボル 「はい。」
「クリスマスネタを用意してあったんですよ。」
「はい。」
「しかしながら、体調がすこぶる悪く、
風邪と言うか、インフルエンザ…。」
「あらま。うつさないでね。」
「冷てぇなぁ。
まぁ、そんなこんなで、更新は止めトコと思ったんですが、
夕方、入ってきたこのニュースにだけは触れておこう、と…。
巨星落つ、J・B急逝!」
「でしたね。」
「な~んかね、ジョン・レノンが撃たれた時より、
ショックですわ。」
「体調悪いのとダブルでキてますね。」
「まだ、73だったって言うのも、
微妙に驚きですがね。」
「キャリアのわりに若いですね。」
「あの見事にパッケージングされたステージが、
もう見られないのですね。
『定番』とか、『お約束』とか、色々言われますが、
本物のエンターティナーの一人だったでしょう。
…と、ココまで話して、結構キツイです。
すんませんが、今日はここまでで…。」
「ゆっくり休んで下さい。」
「そうもいかんが、
気持ちだけありがたく受け取っておくよ。」
「それじゃぁ、また近いうちに…。」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
Driving Home For Christmas   by   Chris Rea

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「ここだけ、クリスマスネタの名残で…。
ワシが二番目に好きなクリスマスソングです。
一番目はDonny Hathawayの歌うThis Christmasなんですが、
適当な動画が見つからなくて…。
今日の曲、クリスマスに子供達の待つ家への帰路を急ぐ、
お父さんの気持ちを歌にしています。
英語が分かんなくても、なんとな~く雰囲気掴めますよね。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング

お世話になりました。 


兄ちゃん 「コメレスがね、最近全然付けられません。
ホント申し訳ないです。
全て、有難く読ませて頂いておりまする。」
ボル 「休み中にでも、じわじわ付けて参りましょう。」
「じわじわ?なんか違う気がするけど…。
まぁ、いいや。
今日、多分年内最後の更新になると思われます。
皆さん、大変お世話になりました。
後で、皆さんの所にもお伺いさせて頂きます。
来年も宜しくお願い致します。」
「おねがいいたします。」
「今日はね、年内最後に相応しく、
ワシの大好物、AOR特集で行きます。」
「全然相応しくないし…。」
「いいの!
年内に一発かましておきたかったのよ。
そう考えているうちに、もう28日。
時間が無いわ!」
「はいはい。
お好きにどうぞ…。」
「ほんじゃぁ、行きますよ。
先ず一発目…の、前に、
AORとはなんぞや。
では、ボル君どうぞ。」
「えっ?ボク?」
「はい。いつもワシにくっついて歩いている君なら、
習わずとも分かるはずである。
ワシより世代のお若い方々の為に、頼むよ。」
「はいはい。
AORとは、元々、Album Oriented Rockの略でした。
コマーシャルなシングル主体のスタイルではなく、
アルバム主体のスタイルを重視していた事から、
この呼び名が付いたようです。
ピンク・フロイドなどが代表選手です。」
「おっ。いい調子。」
「同じ頃、ボストンなどのアルバム至上主義でありながら、
落ち着いた聞き心地の良い音楽が流行り、
それが日本に輸入される際、AORがAdult Oriented Rockと解釈され、
日本にはAOR=大人のロックが定説になりました。
本国アメリカでは、このジャンルはAdult Contemporaryと呼ばれています。」
「見事!パチパチパチ…。」
「いやぁ~。どうもどうも…。」
「さぁ、説明も済んだ所で、一発目行きますか。」
「はい。」
「先ずはAORの代表的グループ。
そしてワシが最も敬愛するDonald Fagenと、
Walter Beckerのユニット、Steely Dan。
数ある楽曲の中から、Pegと、FMを、ご紹介。
Pegは、彼らの大ヒットアルバム『彩(Aja)』から、
FMは、不発に終わった同タイトルの映画のサントラから…。」
「どっかで聞いた事がある様な…。」
「結構、耳にする曲を今回は選んでみました。
同じライブの映像っぽいですね。」
「続きましては…。」
「Boz Scaggs。
AORの定番、We're All Aloneと、Lowdown
どちらも名盤、Silk Degreesからの曲です。」
「動画、若い…。」
「だね。
でも、この頃ワシらから見たら、
カッコイイおじさんだったんだよ。
Middle Manのジャケットなんか、お洒落でしょ。」
「子供のボクには分かりません。」
「…。」
「次、行きましょ。」
「さて、気を取り直してお次は…。
超有名バンド、TOTO。
商業バンドと呼ばれ、AORに分類されがちですが、
実は非常に幅の広い音楽性を持ったバンドです。
彼らの楽曲の中から、これまた超有名Africaと、Rosanna
やっぱりJeff Porcaroがドラムを叩いていた頃がTOTOだと思うのであります。」
「これはボクも知ってますよ。」
「でしょ?
何故かボーカリストがボーカルを取る事の少ない、
不思議なバンドでもあります。」
「出たがりがいるの?」
「はっきり言っちゃぁいけません。
さて、お次は…。
E.L.O Electric Light Orchestraです。」
「エロ?」
「あーぁ、言っちゃった。
それは子供の頃、よく言ってました。
正確にはイー・エル・オーと読みます。」
「ふ~ん…。」
「さてそんなエロ…もとい、E.L.Oからは、
ちょっと前に話題になったドラマのテーマ曲にも使われたTwilightと、
らしくない曲All Over The Worldtを…。
Twilightは、あまりにも有名ですね。
この曲を聴くと、ちびノリダーの顔が浮かびます。」
「ちび・ノリ・ダー!」
「さてさてお次は、
25日の『今日の一曲』でも紹介いたしました、 Chris ReaのOn The Beach
元々、スライドギターの名手。
この曲はその辺が遺憾なく発揮されております。」
「いい声ですね。」
「ワシもこんな声だったら、歌唄ってたかもね。
羨ましい声です。」
「ですね。」
「これも聞いた事あるでしょ?
Bill WithersのJust The Two Of Us
ここまでくると、AORと言うよりもR&Bに近いですかね。
この人、こんな曲も、歌ってます。
本人が歌ってる動画もあったんですが、リンク切れ…。」
「ケミ版もなかなかイイですよ。」
「ね。
ほんじゃぁ、そろそろこの辺にしますかね。
まだまだ紹介し足りないですが、
続きは次の機会にでも…。」
「今年は大変お世話になりました。」
「来年もお世話になるつもりでおります。
何卒、宜しくお願い致します。」
「それでは皆さん…、」
「良いお年を…。」
追記:
兄ちゃん 「そして明けて29日。
今日はボル君の一歳の誕生日であります。
おめでとう、ボル君。Happy Birthday!!」
ボル 「ありがとう、兄ちゃん。ありがとう、皆さん(涙」

-----------------------------------------------------------------
今日の一曲
ルビーの指輪   by   寺尾聰

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「今日の特集。何が言いたかったかと言うと、
寺尾聰の新しいアルバム、めちゃめちゃカッコイイって言いたかったのでした。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」
-----------------------------------------------------------------


ボル「↓ブログランキングです」
FC2ブログランキング
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。