店長 ボルの日記

Always Look on the Bright Side of Life.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒髪天を突く 

※2月16日 加筆・修正を致しました。
 これにより、結果として不本意な署名をする事となった方、
 又、何らかの不利益を被る事となった方がいらっしゃましたら、
 ここに陳謝致します。記事上にて、大変失礼かとは存じますが…。

 尚、加筆・修正を加えた部分は、赤文字で記しております。
 又、出典は巻末にまとめさせて頂きます。

 今後、何か新しい情報が入りましたら、
 更に、加筆、修正、注釈の追加、出典の追加等、
 ある場合があります。
 加えて、お断り致しておきます。
兄ちゃん 「色々言いたい事はあるけど、時間が無い。
取り急ぎ、リンクだけしておきます。」


きっこのブログ 2008.2.6

※きっこさんのブログでは、
 『南米コスタリカでは、…』となっていますが、
 正確には、コスタリカの『芸術家』が、
 ニカラグアで行った『展示』です。
 昨年8月の事の様です。※1) ※2)
 (2008.2.16 加筆)

ボル 「アートを冒涜し、命を陵辱する悪魔の所業を止めたいです。
どれだけ効力があるか、正直判りませんが、
お手隙の時にでも、署名をお願いいたします。」
「コメレス等、明日、させて頂きます。m(_ _)m」


2月7日 追記

兄ちゃん 「昨日は、ショックと時間が無いのと、怒りに任せて、
上の様な記事で締めてしまいました。」
ボル 「不快に思われた方もいらっしゃったと思います。
申し訳御座いません。」
きっこさんのブログで、この話を知り、
出かける用事があったので、
リンクだけの記事を投稿する形になってしまいました。
すみませんでした。」
「m(_ _)m」
「本日改めて、この件に関して調べてみました。
既存のマスコミにはあまり取り上げられていなかったので、
ネットが主な閲覧先ではありましたが…。」
「はい。」

※↓この様に書かれている記事もあります。

  『犬の餓死』(はてな匿名ダイアリー)

 『匿名記事』と言う事もあり、真偽の程は不明です。
 何かの判断の材料になれば…。※3)
 (2008.2.16 加筆)

「やはり、様々な意見がある様で、
『アートとは、タブーとの戦いである』との意見も目に致しました。
『かつては、実在の女性の裸体を絵にするなど、
 タブー中のタブーであった。
 しかし現在は、立派にアートとして成立している』、
として、コレをアートと呼ぶ事に賛成する様な意見です。」
「…。」
「ヒューマニズムや、動物虐待と言う観点を排除し、
単純に、コレをアートとして見た場合の私見は『稚拙』と言う言葉に尽きる。
が、ワシなど一介の現場監督が何を言っても説得力が無い。
ワシと同様の意見を端的に表している記事を見つけたので、
リンクさせて頂こうと思います。」


『Realtokyo』2008.1.17の記事 No.179『犬と鼠』
       筆者:小崎哲哉
※1)

「小崎哲哉氏は、アート雑誌『ART iT』の発行人・編集長であり、
東京のサブ・カルチャーを紹介するサイト『Realtokyo』の編集長でもあります。
現代アートを広める活動においての第一人者です。」
「記事中で、もう一つ、鼠を『虐待』したアートとの比較を用いて、
上のコスタリカの『作品』を、こき下ろしています。
ワシも全くの同意見です。
ただこれは、あくまで『アート』としてだけ見た場合であって、
心情的には、ワシはどちらの『作品』も不愉快極まりないものではあります。」
「次元の違う話なので、ごっちゃにしてしまうと、
訳が判らなくなってしまいますね。」
「アートを『タブーからの脱却』とした意見に対しての、
ワシの私見を小崎氏の記事を借りて述べただけで、
それ以上でも、それ以下でもないです。

ボルと言う、犬を飼っている身としては、
いや、例え動物を飼っていなかったとしても、
自らの主張を表現するにあたって、
他の命を、その為に奪う行為は、ワシには単純に理解出来ません。
コレを『芸術』と呼ぶ事が出来る様な崇高なステージに、
ワシが立っていないだけの事かも知れませんが…。」
「…。」
「追記の前でリンクさせて頂いた、
きっこさんのブログから飛ぶ署名のサイトですが、
この『作品』及び作者を糾弾する事が目的ではなく、
次回予定している出展をボイコットする為の署名の様です。
改めて、署名サイトをリンク致しておきます。」

Boicot a la presencia…

※↓こちらに上記の署名サイトの和訳が書かれています。(画像の下)

  『犬と猫の日々NEW』
        2008.1.30 犬が餓死するまでをアートにする?3


 ご署名頂いた方も、
 出来れば今一度お読み頂ければと思います。※4)
 (2008.2.16 加筆)


スペイン語なんですかねぇ。相当文字化けしてますが…。
「ははは…。スペイン語は判りません。」
「スペイン語"も"、の間違いだろ。(笑)

上では、ご署名をお願い致しましたが、
当然、強制は致しません。
別な意見をお持ちの方もいらっしゃるでしょうし、
情報を集めて、自分なりの判断をしたい、
と言う方もいらっしゃるでしょう。」
「何か、コレについて行動を起したいと思われた方に、
その手段の一つを提示できればと思っています。」
「きっこさんの所でも詳しく書かれていますが、
こちらでも、署名の仕方を記したいと思います。」


1.一番下の「Click Here to Sign Petition」をクリック。

2.署名フォームの4項目にローマ字で署名。

 それぞれ、下記の内容で記入。

 Name: (名前)
 Email Address: (メールアドレス)
 Ciudad / Localidad: (都市)
 PaA-s: (国)

3.署名フォームの下の「Private」(非公開の意)と言う所にチェックをして、
 一番下の「Preview your signature」をクリック。

4.次のページで記入ミスの確認をして、
 下の「Approve Signature」をクリック。

※ここで、ちょっと重要な部分を勘違いして読んでた様です。
 上で「Private」(非公開の意)と説明致しましたが、
 正確には、公開されないのはメールアドレスのみです。
 名前、都市名、国名は、署名者一覧のページで公開されています。
 なので、これから署名される方は、
 Ciudad / Localidad: (required) には都市名のみ、
 PaÃ-s: (required) には国名のみを記入し、
 詳しい住所は記入しない方が良さそうです。※5)

 因みに、読んで頂ければ判りますが、
 『Email Address Privacy Option』で、
 『Available to Petition Author』を選ぶと、
 この署名活動を立ち上げた個人・団体にメールアドレスが通知され、
 『Public』を選択すると、このサイトを閲覧出来る全てのPCから、
 メールアドレスが閲覧出来る状態になってしまうと言う事です。
 (2008.2.16 加筆)

「以上で終了です。」
「最後に、この『作品』に対する作者の"大儀"を記しておきます。」

『野良犬が日常の様に道端でに餓死していても、
 それに気をとめることなく平気で通り過ぎる人間の欺瞞・偽善を暴く』

「野良わんこの餓死が日常なのは悲しい事です。
ですが、
『餓死する』のと、『餓死させる』のとは意味合いが違ってくると思いますが、
皆さんは、どう思われますか?」



2月7日 追記の追記

ご署名参加頂いた方々へ

兄ちゃん 「皆様の貴重な時間を割いてご署名頂き、有難う御座います。」
ボル 「皆様に、
前もってお話しておかなければいけなかった事があります。」
「ご署名頂く時に入力したメールアドレスに、
英文のメールが届くと思います。
『Signature Confirmation…』というタイトルで…。
これは、入力したメールアドレスが生きている事の確認メールです。
このメールが届く事によって、実在するアカウントである事を確認し、
それを『実在する人間の署名である』と置き換えて、
初めて署名した人数としてカウントされると言う仕組みです。」
「これが届いても、正直無視して頂いて結構です。」
「最後の方に記載されている、
『…U.S. Dollars,Canadian Dollars,Euros,…』とあるのは、
こう言った海外の署名活動に良くある、募金のお願いです。
『ご賛同頂けるのであれば、お願い致します』程度の事なので、
募金をする、しないは、自由です。
強制ではありませんので、ご安心下さい。」
「これも、その気が無ければ無視して結構です。」

※署名後の返信メールの内容を良くお読みになって頂ければ、
 お判りかと思いますが、今一度、ご説明させて頂ければと思います。

 ご署名頂きましたサイトは、
 世界中の、嘆願書を作る為に署名を集めたいと考えている
 個人、又は団体に代わって、
 Web上で署名を集めるサービスを提供しているサイトです。
 返信メールで呼びかけている募金は、
 この署名サービスを提供しているサイトに対してのもので、
 今回の運動を起した個人・団体に対してのものではありません。
 (2008.2.16 加筆)

「始めにご説明しなければいけない事でした。
追記となってしまいました事、お詫び致します。」
「ご署名、ありがとうございました。」


出典:2008.2.16※1)Webサイト『Realtokyo』 2008/1/17 179:犬と鼠
※2)BBS『コスタリカのことなら、なんでも聞いてみて!』
2008/2/5~13までの書込み
※3)Webサイト『はてな匿名ダイアリー』 2008/2/9 犬の餓死
※4)ブログ『犬と猫の日々NEW』 2008/1/30
犬が餓死するまでをアートにする?3
関連:『犬と猫の日々NEW』 2008/1/27
犬が餓死するまでをアートにする?
『犬と猫の日々NEW』 2008/1/28
犬が餓死するまでをアートにする?2
※5)ブログ『3匹の猫、旅に出る』 2008/2/8
オンライン署名、注意と疑問
関連:『3匹の猫、旅に出る』 2008/2/2
コスタリカのNATIVIDAD事件について



今日の一曲
Dog Days 注意!このリンク先は音が出ます  by  岡村靖幸

ボル 「して、その心は?」
兄ちゃん 「色んな意味でタイムリーな曲を選曲してみました。」
ボル 「なお、リンク切れの際は、ご容赦下さいね♪」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
犬の十戒

1.
My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前にどうかそのことを考えて下さい。


2.
Give me time to understand what you want of me.


私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。


3.
Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.


私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。


4.
Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。


5.
Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.


時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で 理解しています。


6.
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.


貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。


7.
Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.


私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私は貴方を噛まないように決めている事を。


8.
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.


言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと 貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が 照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?と...。


9.
Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.


私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。


10.
Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it."or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.


最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて、言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

作者:不明
和訳:Yorisun
訳者:Yorisunさんのページへ
しゃべっている人

ボル君近影

店長:ボル君

兄ちゃん近影

代表:兄ちゃん

時々、お姉ちゃん(兄ちゃんの奥様)

店長のボル君(トイプードル)と、
兄ちゃん(代表)の
掛け合い日記です。
近くネットショップ開店予定(?)
※只今、絶賛延期中。(泣)

リンク 簡単なプロフィールなど…

カレンダーと月別アーカイブ
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
『今日の一曲』
アーティストリスト
『今日の一曲』でご紹介した
アーティストの一覧です
全ての掛け合いを表示
ご訪問頂き有難う御座います
ご批判・ご要望なぞ…

あなたのお名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

ブログ内の検索です
Powered by Google

Webを検索
『店長 ボルの日記』内を検索
戯れに…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。